おすすめブロックチェーンゲーム(dAppsゲーム)まとめ。仮想通貨を使って遊ぼう!

こんにちは、会計士ブロガーの根本(@dujtcr77)です。

ブロックチェーンゲームのプレイヤーがじわじわと増えてきましたね。

ブロックチェーンのゲームは、

  • 手数料が高い
  • ゲーム性が低い
  • やり方がわからない(難しそう)

など課題も多く流行はまだ先になりそうですが、「第1次プチブーム」は意外と近いのかなという気もしています。

そこで今回は、

「どのゲームが面白いの?」

「いまからはじめても間に合うゲームは?」 

などプレイするゲームに悩んでいる方に、おすすめブロックチェーンゲームを紹介したいと思います。

中には2018年3月20日時点ブロックチェーンが使われていない、もしくは一部のみ利用されているゲームもあります。

ロードマップにブロックチェーン実装予定がある場合は「ブロックチェーンゲーム」として当記事に含めています。

おすすめブロックチェーンゲーム①ビットペット(BITPET)

どんなゲーム?

「ビットペット」と呼ばれるデジタルのウサギを、

  • 合成で繁殖させたり
  • トレードしたり
  • コレクションして楽しんだり
  • 育ててレースなどで競わせる

ゲームです。
(レースは2018年3月22日に開始)

リリースから10日ほどで人気に火が付き、最近ではTwitterでビットペットについてつぶやく人も爆発的に増えてきた印象。

トレードで利益を出している人が多い

ここまでの勢いで広まっている理由の1つが「トレードによる利益の出しやすさ」にあります。

  1. レアな素材を持っているビットペットを入手
  2. 合成してその素材を持つペットを増やす
  3. マーケットで売る

これを繰り返しているだけで毎日数千円~数万円は稼ぐ人が続出している状況です。

私もリリース初日から10日ほどプレイしただけで、評価額ベースですが2ETHを3.5ETHほどに増やしました。
約10万円の利益ですね。

このツイートをしてからさらに1~2ETHくらいは増えてますかね。

もちろん誰でもビットペットが売れて100%儲けられるわけではないし、初期投資として1万円くらいはないとうまく回せないので注意。

攻略コミュニティと今後実装予定のゲームでさらに盛り上がりそう

ビットペットはお金儲けのためにトレードをする無味乾燥なゲームなのかと言うと、そうでもないんです。

300人以上のTelegram攻略コミュニティは活発に情報共有や雑談が行われ、3月22日(木)からはビットペット内でレースゲームも開催されます。

4月、5月にも新しいゲームが公開される予定で、普通にゲームとしてもみんなでワイワイ楽しめるようになることが期待できます。

何より、ビットペット可愛いぞ!

最後に一番大事なこと。

「かわいい」

形・パーツ・表情…すべてが愛おしいですよね。

もう1回いきますよ?

「Kawaii」

まとめ

メリット

✔ トレードが盛んで利益を出しやすい

✔ コミュニティが活発

✔ コレクション性とゲーム性を兼ね備えている

✔ かわいい

✔ すごくKawaii

 

デメリット

✔ プレイには課金(ETH)が必要

✔ 買ったビットペットが売れるとは限らない

 

▼『ビットペット』をプレイしてみる▼

 

関連記事①⇒『BITPET(ビットペット)』のはじめ方・遊び方はこちら

関連記事②⇒『BITPET(ビットペット)』の魅力とは?私がビットペットは流行ると思う3つの理由

 

おすすめブロックチェーンゲーム②イーサタウン(ETH.TOWN)

どんなゲーム?

はっきりとしたことはわかりません(おすすめなのに?w)
サイトを見る限りでは、仮想不動産の投資・運用ゲームだということはわかります。

しかしイーサタウンは現在プレセールを開始したばかりで、ゲームそのものはまだリリースされていないんですね。

ゲームの内容もはっきりわからないのに、なぜおすすめゲームに入ったのか。

今までにあまりないビジネス系のゲームで面白さにも期待しているのですが、何より…

流行りそうな気がするんです。

開発陣がマジ(本気)

流行りそうだと思う根拠の1つは開発陣。

イーサタウン公式のTwitterアカウントのフォロワーが6,500人を超えています。(2018年3月20日時点)

わかりやすい所と比較すると、イーサエモンが1,311人ビットペットで1,393人なのでこれらの約5倍。
dAppsゲームでイーサタウン以上なのは一番人気の「CryptoKitties(クリプトキティ)」2万1,000人くらいじゃないですかね。

まだプレセール中にもかかわらず、圧倒的なフォロワー数を誇るイーサタウン。
これは彼らがプロモーションにかなり力を入れている結果です。

エアドロップやリファーラルプログラムなども積極的に取り入れ、公式アカウントも毎日発信を行っています。

また、私もカスタムキャラの作成など何度か開発の方とやり取りをする機会があったのですが、レスポンスがものすごく早い

ゲーム開発もモバイルゲーム作成経験を持つゲームスタジオが担当しています。

  • 積極的なプロモーション
  • 対応の早さ
  • ゲーム開発経験のあるチーム

この3点を考えると、どうしても期待せざるを得ません。

インフルエンサー達がマジ(本気)

あれだけ稼いでいるのに、金銭感覚がまったく狂わないイケハヤさん。
CryptoSagaというゲームに0.7ETH投資した私を「クレイジー」と表現するイケハヤさん。

そのイケハヤさんが、初動で1.1ETHぶっこんでます

この方はおそらく現状どのブロックチェーンゲームの開発チームより影響力持ってますからねw

さらに「仮想通貨税理士」として有名なイケメン・大河内薫さんも参戦しました。

※ゲーム内トークンの税務上の取扱いも薫さんに任せればバッチリですね、きっと!

ビットペットが流行り始めたタイミングでのプレセール

ブロックチェーンゲームは先行者優位なゲームである。

ビットペットの流行で、多くの人がこのことを経験として知りました。

「最初からプレイ(課金)していれば」
「今からだと遅いかもしれない」

そう思っている方たちに救いの手を差し伸べるかのようなタイミングで登場したのがイーサタウンだったんですね。

ビットペットで乗り遅れて悔しい思いをした人はもちろん、ビットペットで良い思いをした人も、新しい投資先としては少しでも手を出してみたくなるタイミングなのではないでしょうか。

まとめ

メリット

✔ 開発がプロモーションに力を入れている

✔ 開発の対応がしっかりしている

✔ ゲーム開発経験のあるチームが開発しているので面白そう

✔ インフルエンサーが本気だ

✔ ビットペットからの流れが良い

 

デメリット

✔ プレイには課金(ETH)が必要

✔ どんなゲームかはっきりわかっていない

 

▼『イーサタウン』をプレイしてみる▼

関連記事⇒ETH.TOWN(イーサタウン)のプレセール情報まとめ

おすすめブロックチェーンゲーム③イーサエモン(Etheremon)

どんなゲーム?

よく「イーサリアム版ポケモン」と表現されるイーサエモン。

その表現の通り、モンスターを捕まえて・育てて・戦わせたり、交換するゲームです。

本家のようにバトルシーンの操作やアクションは今はありません。
現状、ゲーム性が少し乏しいのが難ですね。

しかし、

  1. モンスターたちがどれも魅力的で日本人受けするデザイン
  2. 今後のアップデートに大きな期待ができる

という観点から私は将来もっとも化ける可能性のあるゲームはイーサエモンなのではないかと予測しています。

こまめなイベント&アップデート

イーサエモンを見ていて感じるのは、手数が多いということ。

最近ではETHとゲーム内トークンEMONTがもらえる創作アートコンテストを開催しています。

また、ユーザーの「バトルや練習にかかるコストが高い」という声を聞いてより低コストでプレイできるようアップデートされたばかりです。

こうやってこまめにイベントやアップデートを行ってくれると、「しっかりプロダクトを良くしていこうとしてるんだな」と安心して見ていられます

他のプラットフォームやプロジェクトとの連携が熱い

私が一番注目しているのはココです。

イーサエモンは他のブロックチェーンプロジェクトやプラットフォームとの連携にも積極的です。

例えば分散型VRプラットフォームの『Decentraland』との統合が予定されています。

これが実現すれば、バトルやトレーニングするイーサエモンを見たり、よりエキサイティングなゲームへと進化します。

また先日はゲーム内アイテム売買のプラットフォーム『OPSkins』との連携も発表。

こういった連携・コラボはブロックチェーンゲームの醍醐味の1つだと思っています。

イーサエモンはそのパイオニア的存在になるかも?

まとめ

メリット

✔ モンスターが魅力的

✔ イベントやアップデートがこまめに行われている

✔ 他のプラットフォームとの連携に積極的

✔ 将来性にかなり期待

 

デメリット

✔ プレイには課金(ETH)が必要

✔ まだゲーム性に乏しい

 

▼『イーサエモン』をプレイしてみる▼

関連記事⇒Etheremon(イーサエモン)の始め方と評判まとめ

おすすめブロックチェーンゲーム④ノヴァブリッツ(Nova Blitz)

どんなゲーム?

ノヴァブリッツはトレーディングカードゲーム(TCG)です。

『ハースストーン』や『シャドウバース』、『ドラクエライバルズ』のように、「アタック」「ライフ」「特殊能力」を持ったカードを駆使して相手のライフを先に0にした方の勝ち。

PCゲームの販売プラットフォーム『Steam』からダウンロードして、基本プレイは無料でできます。

ハマりすぎ注意

ノヴァブリッツに言えることは、とにかくおもしろいです。

ハマる人は思い切りハマると思うので、抜け出せなくならないように注意してください。笑

これまで本格的なTCGをプレイしてきた人でも十分に満足できるクオリティだと思います。

日本での流行は少し時間がかかりそう

難点としては、日本語に対応していないことですかね。

英語に苦手意識がある方の場合は、それだけでやろうとしないでしょう。

またスマホ対応していないため、出先や移動時間にさくっとプレイすることもできません。

ゲームとしては間違いなく面白くポテンシャルは秘めているのですが、流行には少し時間がかかりそうです。

まとめ

メリット

✔ とにかく面白い

✔ トレーディングカードゲーム(TCG)好きも本気で楽しめる

✔ カードはすべて自分のものになる(ブロックチェーン実装後)

✔ 基本プレイは無料でできる

 

デメリット

✔ まだブロックチェーンはまったく実装されていない

✔ ハマり過ぎて抜け出せなくなる可能性がある(笑)

✔ 日本語対応していない

✔スマホ対応していない

 

▼『Nova Blitz』をプレイしてみる▼

関連記事⇒『Nova Blitz(ノヴァブリッツ)』のはじめ方と評判まとめ

まとめ

今回はあえてブロックチェーンゲームの先駆者でありトップを走る「CryptoKitties」は入れませんでした。

すでにプレイヤーも多く、価格も一度上がりきってしまったという感覚があるため「いま始めるのにおすすめか」と言われればそうは思えないからです。

個人的には、「リリース直後で人気が出そうなタイトル」を周りの反応を見て参入するのが一番賢いと思います。
今回はそういった意味でのおすすめを中心にご紹介しました。

この記事は随時更新していく予定です!