あのCaptainJackがルワンダに来たぞ!ブログのキャラそのままでワロタw #スマートアフリカ

こんにちは、ルワンダ会計士ブロガーのぴかりん(@dujtcr77)です。

今回はスマートアフリカ記事第6弾です。

みなさんはこんな諺(ことわざ)をご存知でしょうか?

原文:スマートな所に来し友 彼もまたスマートなり
(現代語訳:スマートな所に来る友達もまたスマートなものだなあ)

by 中国らへんのスマートな人

現代語訳がなぜ少し「みつを風」なのかは置いといて、スマートな場所にはスマートな人が集まるのです。

そして先日はスマートな私の家に、今ブロガー界で最もスマートなあの人がやってきました!

彼の名は「CaptainJack(キャプテンジャック)」

画像出典:JACK HOUSE

今回ルワンダに遊びに来てくれたのはCaptainJackさん(写真左。以下「ジャックさん」)。

いま最も勢いのあるブロガーで、ブログ界ではみんな知ってると思いますがさらーっと簡単に紹介します。

説明しよう!

ジャックさんは中学生の頃から2chに親しみ、スマブラDXの世界大会で優勝を重ね、歌舞伎町でのホスト経験を…している…!
あのーアフリカ大陸縦断をした人で…
えー…、詐欺にあって600万円の借金を作って、フィンランド人のユリアちゃんと結婚
あとあれだ、ブログ収入が最近爆発して毎月数十万円

無理。経歴のクセがすごい…!

「さらーっと簡単に紹介しろ」なんて言った人は誰ですか?
先生怒らないから正直に手を上げてください。

実はこのブログでも4か月前に紹介してるんですよね。

いま、とんでもなく勢いのある海外在住ブロガーを2人紹介します

2017.07.16

あと興味がある方はジャックさんの書いた2万文字超えのプロフィールを読んでみて下さい。
前置きはこんな感じでイイですかね、ジャックさん?

ジャックさん
オッケーーイ!!

CaptainJackが取材でルワンダに来ることに

今回ジャックさんがルワンダへ来た目的は取材です。
過去にヒトデさん(@hitodeblog)やハルオさん(@keikubi123)などの超有名ブロガーが寄稿している『育毛百景』というサイト。

ジャックさんがこのサイトの運営会社様より依頼を受けて海外のフリーランサーやブロガーなどに各国の薄毛事情を現地に行って調査する企画です。

ドイツのwasabiさん(@wasabi_nomadik)やゲンキさん(@Genki119 )のドイツ・ベルリン編に続き、私のもとへルワンダ編の取材に来てくれることに。

どんな取材を行い、どんな記事になるかは公開されてからのお楽しみ。

今回はジャックさんと約1週間、取材のために一緒に過ごして感じたことをまとめたいと思います。

CaptainJackはブログのキャラそのままだった

めちゃくちゃ明るい

CaptainJackさんと言えば、とにかく明るい
そこらへんの安村よりもよっぽど明るいですよ。

自分の借金の話をするときも、過去の失敗の話をするときも、底抜けに明るいのです。

ブログやTwitterでジャックさんを知っている人は、

ジャックさん
オッケーーイ!!
ジャックさん
伸びシロですねぇ!

というワードと共にハイテンションのイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

でもブロガーって実際に会ってみるとけっこう暗い、なんて話も聞くし。
「常にテンションの高い芸人は実は楽屋でめっちゃ暗い」パターンですよね。

ジャックさんはどうなんでしょうか?
これで根暗だったら逆に面白いが…

そんな不安と期待を胸にジャックさんとの初対面を迎えたワケですけどね…

リアルもくっそ明るいw

マジで「オッケーーイ!」言うしw
降参降参、俺の負けだよwww

キャラもリアルも明るい、芸人で言うと明石家さんまさんみたいな人でした。

ちなみにハロウィンの時期ということで、ルワンダいる間はずーっとハード〇イの格好でした。(ルワンダ人めっちゃ見てた)

睡眠に弱すぎワロタ

明石家さんまさんと言えば睡眠時間が短いことで有名です。
一方、「ブロガー界のさんま」ことジャックさんは睡眠時間が異常に長いらしいのです。

過去にジャックさんがブログで書いていた睡眠に関する記事「サボりとちゃうで〜!午後の仕事を超効率化するお昼寝『攻めの睡眠』のすすめ」。
この記事ではジャックさんがいかに睡眠に弱いかがわかるエピソードが書かれています。

  • そもそも人生においてスッキリした目覚めというものを経験した記憶がほとんどない
  • 必要睡眠時間12時間
  • 最高連続睡眠時間26時間(途中トイレのため2分だけ起きた)
  • 大学卒業をかけた追試の朝に寝坊。起きたらすでに追試開始から1時間経過しており教授からのモーニングコールで起床
  • 新幹線で2回寝過ごし品川から京都まで6時間かかった(気づいたら新大阪、戻って気づいたら名古屋)
  • 同じ飛行機を2度乗り過ごし、3度目でようやく搭乗
  • オール明けの午前6:40に新宿駅から京王線乗車し爆睡、通常20分の最寄駅に16時着(電車内滞在時間9時間20分)

引用:サボりとちゃうで〜!午後の仕事を超効率化するお昼寝『攻めの睡眠』のすすめ

そんなジャックさんと1週間一緒に過ごしました。

ジャックさんね。

この人マジで寝るわw

仕事で来ていたので、私がスケジュールを組んでアテンドしたんです。
思いのほか忙しかったので色々考えて「明日は8時に出発しましょう」と言うと、

ジャックさん
え~8時は早すぎですわ~w

翌朝起きてきても、

ジャックさん
ルワンダの朝は早いっすわ~w
ぴかりん
文句言わないの(#^ω^)

後半は私が段々お母さんみたいになってましたね。

でもジャックさん、なんだかんだ言いながら毎日頑張って起きてくれました。

寝起きのジャックさん

よく考えたら私、この恰好の人の隣に寝てたんですね。

念のため、そういうことはなかったので。

元歌舞伎町ホスト

数あるジャックさんの異色な経歴の中でも、やはり無視できないのは元歌舞伎町ホストであったということ。

ジャックさんと飲むとまず感じるのがべしゃりが非常に上手い
ちょっとした質問でも話を広げていきます。

勢いが目立ちがちなジャックさんですが、実は知識のカバー範囲も広く理論派
なので話がどんどん展開するんですね。

過去には「歌舞伎町のホストクラブで実際に使われる一気コール集と使用例まとめ」という記事も書いています。

飲みながら私がヘンなことを言うと、

キャプテンジャック
グイ!グイ!グイグイよし来いー!

つって一気飲みさせてきます。
でも優しいから嫌がるとすぐやめるのね。笑

ジャックさんも何度かブログでネタにしている「首から下はホスト」イジリをするとちゃんとノッてくれますし。

画像出典:JACK HOUSE

ぴかりん
さすがジャックさん、首から下はホストだっただけありますね~(笑)
キャプテンジャック
待て待て~いw

借金・債務整理キャラ

そして最近のジャックさんをひときわ目立たせているキャラの1つ、借金

借金返済振込画面のスクリーンショットを自らさらす狂気の借金返済報告記事はジャックさんの代名詞の1つでしょう。
ここまで借金を明るくネタにする人ってはじめて見ましたね。

ジャックさんは債務整理の影響でよく「クレジットカードが作れない」と言っています。

ジャックさんがルワンダに滞在して私と一緒にいた10月27日は、iphone Xの予約開始日でした。
iphone Xを買う気満々のジャックさんは予約開始の日本時間16時01分の少し前からスタンバイ。

サイトにつながらなかったりと苦戦しながらもなんとか予約手続きを進める中で衝撃の事実が。

キャプテンジャック
クレジットカード決済が必要みたいです\(^o^)/オワタ

私のカードを使って予約完了しましたが、「クレジットカード使えないところまでキャラ通りだな」とニヤニヤしちゃいましたね。

まとめ:ネット上のキャラに偽りなし!

という訳で、ジャックさんはここまで紹介してきた通りブログやTwitterのキャラそのままの人でした。

ここまで読んでくれた方は気になっているのではないでしょうか?

「ジャックさんがいったいルワンダで何をして、どんな記事を書くのか?」

それはジャックさんが『育毛百景』に寄稿する記事で明らかになります。
ジャックさんのTwitterアカウントをフォローして更新情報を待ちましょう!

>>CaptainJackをフォローする

ぴかりん
ちなみに滞在中、今回の調査とは別にジャックさんにインタビューをして頂きました。

私のインタビュー記事はジャックさんのブログで公開予定なのでこちらもお楽しみに!

「スマートアフリカ」シリーズはこちら

「スマートアフリカ」とは「貧しい」「治安が悪い」などアフリカのネガティブなイメージを吹っ飛ばすために、アフリカなのにスマートに生きてその姿を発信していこうという試み。

▼バックナンバーはこちら▼

アフリカのイメージをぶっ壊す!アフリカでスマートに暮らす「スマートアフリカ」という生き方

2017.08.02

【ジュミアフード】ルワンダのフードデリバリーが便利すぎる。60分で欲しい食べ物が家に!? #スマートアフリカ

2017.08.10

天国か地獄か?ルワンダのカジノに潜入したので結果を公開する #スマートアフリカ

2017.09.07

1周まわって最高だった。ルワンダのビーチリゾート「ギセニ」に行ってきたよ #スマートアフリカ

2017.09.22

ルワンダのおすすめカフェ5選。アフリカとは思えないクオリティだぞ!#スマートアフリカ

2017.10.06