DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判やメリット・デメリットは?アプリなどが使いやすく初心者~上級者に対応

2018年8月25日最終更新

こんにちは、会計士ブロガーの根本(@dujtcr77)です。

今回は、DMMが運営する仮想通貨取引所『DMM Bitcoin』の紹介です。
昨日2018年1月10日より口座開設の受付がはじまりました。

DMMは「DMM FX」など金融系サービスを手がけており、この手の分野におけるノウハウも蓄積しているため非常に期待して待っていました。

「DMM Bitcoinってぶっちゃけどうなのよ?」

「口座開設はしておくべき?」

と気になっている方も多いかと思います。

そこで今回は国内・国外の取引所を過去10社以上利用した私が、スペックから見たメリット・デメリットとTwitterでの評判をまとめました。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の概要

運営会社概要

・会社名:株式会社 DMM Bitcoin
・住所:東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階
・設立:2016年11月7日
・代表取締役:田口 仁
・資本金:12億9000万円

「DMM Bitcoin」は、2016年に設立された「東京ビットコイン取引所」を2017年12月12日に社名変更したものです。

社名変更に伴いサービス・システムを一新し、本格的に仮想通貨取引サービスを開始しました。

DMMグループは「DMM FX」など既に金融系のサービス展開もしているため、特に期待をしていた方も多いかと思います。

サービス面はもちろん財務基盤もあるため、現在口座開設で最大5,000円もらえるキャンペーンも実施中です。

▼もっと詳しく公式ページで見てみる▼

 

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のメリット

アルトコインでレバレッジ取引ができる(最大5倍)

「アルトコイン」とは、ビットコイン以外の仮想通貨の総称です。
有名なところで言うとイーサリアム(ETH)やライトコイン(LTC)などですね。

国内の取引所では今まで、アルトコインのレバレッジ取引がほとんど取扱いがありませんでした。

レバレッジ取引とは

取引所に証拠金を預けて、その金額以上の金額を取引すること。
例えば「レバレッジ5倍」で取引をした場合、100万円の資金でも500万円分の取引が可能になる。

ハイリスクハイリターンで初心者向けではない

国内取引所で取扱いがあったとしてもビットコイン(BTC)のみや、イーサリアムのビットコイン建取引(ETH/BTC)など、非常に限定されたものだったんですね。

DMM Bitcoinの最大の特徴は、レバレッジ取引が7種類の通貨でできることです。

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. ネム(NEM)
  4. リップル(XRP)
  5. ライトコイン(LTC)
  6. イーサリアムクラシック(ETC)
  7. ビットコインキャッシュ(BCH)

特に日本で人気のリップルなどは、はじめてレバレッジ取引ができるようになるということで期待している人も多いようです。

なお、レバレッジは最大5倍です。

アプリが使いやすくて快適

特に気に入ったのがアプリ。

使い方などのサイトを見なくても、感覚的にすぐに使いこなせてしまいます
「あれ、前世でこのアプリ使ってたかな?」ってくらい。笑

  • 仮想通貨取引でアプリを使うのに慣れてない
  • 仮想通貨FXにはじめて挑戦する

という人でも安心。

動作もサクサクしているので読み込み時間で待たされたりとストレスを感じることもありません。

また、すべてのポジションを同時に決済する「一括決済ボタン」があるのもポイントです。
出先で急な相場変動などがあったときに素早く対応することができますからね。

トレード画面が操作しやすい

さすが、すでにFXなどにも進出しているだけあってトレード画面がとても使いやすいです。
何が使いやすいのかというと、カスタマイズの柔軟性

チャート、注文画面、プライスパネル(価格一覧)など数あるウィンドウの中から、好きなものだけを画面に広げてトレードすることができます。

初心者は最小限の情報にとどめて取引できるし、上級者であればチャートをならべてガチのトレードをするなど、ユーザーのレベルに合わせた使い方ができるのが嬉しいですね。

現物の取引手数料や出金手数料が無料

DMM Bitcoinでは各種手数料が無料になっています。

「取引手数料が無料」というのは業界ではめずらしくないですが、特筆すべきは日本円の出金手数料が無料であることですね。

取引所によっては出金手数料が700円以上かかったりするので、頻繁に資金を出し入れする人はこれだけでかなりお得だと思います。

口座開設で最大5,000円もらえる

「DMM Bitcoin」は現在太っ腹キャンペーン中。

2018年8月31日まで、口座開設を完了したユーザー全員に1,000円が配られるようです。

更に取引高に応じて最大4,000円プレゼントがあり、これから口座を解説する人は最大5,000円獲得のチャンス。

▼DMM Bitcoinに無料登録して最大5,000円もらう▼

公式サイトのローラが可愛い

DMM Bitcoin

はい、すみません冗談です。笑

でもこれ半分冗談、半分本気ですね。

タレントのローラさんを使って大きく宣伝を打っているところからもDMM Bitcoinの本気っぷりが伺えます。

新規ユーザー獲得への効果は大きいでしょう。

以下でご紹介するようにDMM Bitcoinにはまだデメリットもあり完全体ではないのですが、ユーザー増加などにより改善されることが期待できます。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のデメリット

現物取引の取扱い通貨が少ない

DMM Bitcoinでは、現物取引できる仮想通貨はBTCとETHのみです。

通貨ペアとしては以下の通りになります。

現物取引・通貨ペア

  1. BTC/JPY
  2. ETH/JPY
  3. ETH/BTC

国内の仮想通貨取引所全般に言える話ですが、取扱い通貨の豊富さは海外の取引所と比較するとやはり弱いですね。

▼海外の取引所Binance(バイナンス)がおススメ▼

通貨の豊富さを求めるのであれば、海外まで視野を広げるとBinance(バイナンス)という取引所が一番おすすめです。

100種類以上のコインを売買できる、手数料が安い、など数多くのメリットがあります。
完璧ではありませんが日本語対応もしているので英語が苦手な方でも安心ですよ。

【関連記事】Binanceの詳しい紹介記事もご参考にしてください。
>>>Binance(バイナンス)の評判・メリット・デメリット

スプレッド(手数料)が高い

DMM Bitcoinをはじめ、仮想通貨取引所(販売所)にはよく「手数料無料!」と書いてありますが、スプレッドの存在には注意が必要です。

スプレッドとは、「買い価格」と「売り価格」の差額のこと。
「DMM Bitcoin」を例にとって見てみましょう。

以下の写真のように、同じタイミングでビットコインを買いたい場合は1BTCあたり1,749,416円必要、売りたい場合は1,710,416円しかもらえません。

この差額の39,000円がスプレッドで、ユーザーが負担する実質的な手数料となります。

なお、ビットコイン以外のスプレッドは記事執筆時点で以下のようになっています。

  • イーサリアム(ETH):3,000円
  • ゼム(XEM):4円
  • リップル(XRP):5円
  • ライトコイン(LTC):600円
  • イーサリアムクラシック(ETC):100円
  • ビットコインキャッシュ(BCH):8,000円
スプレッドは変動します

ここで紹介したスプレッドは固定のものではありません。

スプレッドは「固定で〇〇円」などと決められていない限り、相場の状況によって変動します。

利用する際は取引の都度、確認するようにしてください。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判・口コミ

良い評判

前向きな評判としては、今までレバレッジ取引をできなかったアルトコイン、特に人気のリップルに期待している方が多い印象でした。

私と同じく、ローラの可愛さに魅力を感じた方も多いようでした。笑

良くない評判

良くない評判はやはりスプレッドの大きさ。

また、現物取引できる通貨が少ない点もマイナス要因となっていますすね。

レバレッジ取引はただでさえ価格の上下が激しい仮想通貨で行うにはギャンブル要素が強いので、現物取引を行いたい人がほとんどでしょう。

まとめ

ここまでの情報を踏まえて、さいごにDMMビットコインがおすすめな人をまとめます。

こんな人におすすめ

✔ レバレッジ取引できる通貨の種類が豊富⇒アルトコインでレバレッジ取引したい人におススメ!

✔ アプリやサイトが使いやすい⇒手軽に取引したい初心者はもちろん本気でトレードしたい上級者にもおススメ!

✔ DMMグループであり今後のアップデートに期待⇒今後を見据えて選択肢を増やしておきたい人におススメ!

 

現状、私の意見としては「DMM Bitcoinはメインでは使わないだろうけど、とりあえず登録しておきたい取引所」です。

理由は2つ。

  1. 今後サービスのアップデートがある可能性が高い
  2. 申し込みが殺到するとすぐに口座を開けないかもしれない

国内の仮想通貨取引所で取引するには、郵送による本人確認書類が義務付けられています。

他の取引所を見ていると、申し込みが殺到して本人確認書類の到着が遅れているところも多いようです。

「DMM Bitcoinが使いやすくなったからすぐに使いたい!」
となってから1か月ほど待たされる、なんてこともあるかもしれません。

アカウントを作るだけなら無料ですし、今なら登録するだけで1,000円もらえるので、とりあえず登録はしておいて損はないでしょう。

▼DMM Bitcoinに無料登録しておく▼

関連記事

国内の仮想通貨取引所を徹底的に取引所を比較した取引所ランキング⇒国内の取引所16社を徹底的に比較してランキング

海外の取引所をおすすめ順にまとめました⇒海外のおすすめ仮想通貨取引所を徹底比較。登録すべき3社をランキング形式で紹介する