Gods Unchainedとは?世界初のブロックチェーンeスポーツ開催(賞金最大1億7千万円)

2018年7月17日最終更新

こんにちは、会計士ブロガーの根本(@dujtcr77)です。

最近ブロックチェーンゲームにはTCG(トレーディングカードゲーム)が乱立気味です。

新作TCGを見てもよっぽどのことがないと詳しく調べようという気が起きないというのが正直なところ。

そんな中で、かなり気になるブロックチェーンTCGが出てきました。

今回は『Gods Unchained』の紹介です。

Gods Unchainedとは

『Gods Unchained』はブロックチェーンTCGです

詳しいゲームシステムはまだ発表されてませんが、見た感じハースストーンのようなゲームになりそうですね。

まずはざっくりゲーム概要

  •  eスポーツの開催が予定されている世界初のブロックチェーンゲーム
  • 無料でもデッキは揃えられる
  • 380種類の限定カードがプレセール中

それぞれの詳細については後述しますが、特に注目は2019年に開催予定の大会で賞金総額が最大160万ドル(約1億7千万円)ということ!

現在、プレセールでしか手に入らない限定カードの販売中です。

徐々に価格が上がっていく方式なので購入するなら早い段階がおすすめ

▼Gods Unchainedのプレセールに参加する▼

ゲームのルール

  • 30枚のカードを使ったターン制バトル
  • 相手のライフを0にした方が勝ち
  • ターンごとに増えるマナの分だけカードを出せる

など、割と一般的なカードゲームのようですね。

細かいルールについては公式サイトに解説があります。

Gods Unchained カードについて

レアリティ

カードのレアリティは基本的に4種類で、リリース後の出現確率は以下の通り。

カードのレアリティと確率

  • コモン:72.5%
  • レア:23%
  • エピック:4%
  • レジェンダリー:0.5%

ただし、レジェンダリーの上を行く最高レアリティのカード「ミシック(mythic)」が存在します。

このミシックはなんと年に4枚のペースでしか発行されない超レアカード

今年分の入手方法は以下の通りです。

  • 2枚:プレセールの中にまぎれている
  • 1枚:ゲームリリース24時間後にオークション開催
  • 1枚:非公表

現状ミシックを手に入れることができるチャンスはプレセールのみですね。

カードは無料でも手に入る

「お金がかかりそうなゲームだな」

限定4枚のエシックとか、射幸心を煽りまくりでこう感じるかもしれません。

ただ、無料でもゲームを進めることでデッキを作ることは可能みたいですね。

380種類の限定カードがプレセールで販売中

無料でもカードを揃えることはできるのに、現在実施されているプレセールに参加するメリットは何なのでしょうか?

プレセール参加のメリット

  • 販売されているジェネシスカードはプレセールでしか手に入らない
  • 高いレアリティのカードが手に入りやすい
  • β版の参加権が与えられる
  • 2019年開催チャンピオンシップの参加チケットが貰える

チャンピオンシップ参加権には、レジェンダリーパック(0.12ETH)以上の購入が必要です。

チャンピオンシップの参加権は普通に買うと0.2ETHなので、参加を考えている人にとってお得になっています。

なお、プレセールのカードパックは20%引きから始まり、1日経過するごとに19%引き、18%引き…と割引率が下がっていきます。

早めに参加すればそれだけお得にカードを買うことができるので購入を考えている方はおはやめに。

▼Gods Unchainedのプレセールに参加する▼

ブロックチェーンゲーム初のeスポーツが開催予定

このTCGを特別な存在にしているのは、既に大会の開催が決定しているということ。

そしてなんとその賞金総額は最大で160万ドル(約1億7千万円)。

「最大」というのは、今回のプレセールの販売額のうち10%が賞金用にプールされていく仕組みのためです。

現時点で既に10万ドル(1,100万円以上)貯まっています。

Gods Unchainedのロードマップ

  • 2018年7~9月:カードのプレセール(実施中)
  • 2018年10~12月:β版開始
  • 2019年1~3月:トーナメント開始

時期は明記されていませんが2018年の年末~2019年はじめ辺りが正式リリースになりそうですね。

2019年以降は世界大会やVR対応もあるみたいです

スケールでかい!

Gods Unchained カードの購入方法

MetaMaskを用意する

Gods Unchainedはイーサリアム上で動くゲームで、「MetaMask」というイーサリアムウォレットが必要です。

「MetaMask」の導入・使い方は簡単です。
やり方は別の記事にまとめているので参考にしてみてください。

>>>MetaMask(メタマスク)の使い方と導入方法~イーサリアムのおすすめウォレット~

公式サイトからカードパックを購入

①公式サイト右上の「GET PACKS」をクリック

公式サイトはこちら

②欲しいカードパックを選択

カードパックは左から、

  • レア以上確定:0.05ETH
  • エピック以上確定:0.3ETH
  • レジェンダリー以上確定:0.45ETH
  • レジェンダリー以上のキラカード確定:4ETH

となっています。

③カード選択後、購入するパック数を選択して「BUY 数量」ボタンをクリック

MetaMaskで実行したトランザクションが完了すれば購入は完了です。

「INVENTORY」から購入したカードを見る、もしくは「OPEN CARDS」から開封演出を見ることができます。

▼カードパック開封動画▼

実際に私がミシックを狙ってカードを5パック開封する動画です。

結果は・・・?

プレゼントキャンペーンも実施中!

現在レアなカードが貰えるプレゼントキャンペーンも実施中。

  • Discordに参加する
  • 該当ツイートをRT

などいくつかの項目があり、クリアするとエントリーポイントがもらえます。

5ポイント以上の人全員に金色の「Blessed Chimera 」をプレゼント

この他にも、エントリーポイント数や素晴らしい動画を作った人へのレジェンダリーカードの当選もあるみたいです。

とりあえず5ポイント獲得は簡単なものをクリアするだけで1~2分でできてしまうので、これだけでもやっておきましょう。

▼プレゼントキャンペーンに応募する▼

 

まとめ

Gods Unchainedはもう期待感しかありません。

2018年の5~6月は少し落ち着いたかのように見えたブロックチェーンゲーム業界。

また7月に入って魅力的なゲームがバンバン出てきますね。

ETHが足りないですw

節約気味でしたが、個人的にピンと来たので現在2~3ETHくらいはパックを購入する予定です。

▼Gods Unchainedのプレセールに参加する▼