クリプトウォーズ(CryptoWars)のアルファ版の申し込み方法と「e11」トークンについて解説

こんにちは、会計士ブロガーの根本(@dujtcr77)です。

今回は私が注目しているブロックチェーンゲーム『クリプトウォーズ(CryptoWars)』のアルファ版への参加方法を紹介します。

クリプトウォーズ(CryptoWars)とは?

クリプトウォーズはタウン育成戦略ゲームです。

詳細はまだわかっていませんが、サイトなどで情報を見る限りスマホアプリの「クラッシュ・オブ・クラン」のようなゲームだと予想しています。

紹介記事も書いてます↓

クリプトウォーズ(CryptoWars)は「ブロックチェーン版クラクラ」?タウン戦略ゲームに期待高まる

クリプトウォーズ(CryptoWars)のアルファ版プレイはトークンプレセールへの参加が必要

クリプトウォーズの開発を行っている「Experimental」という会社が、ERC20トークン「e11」のプレセールを実施中です。

このプレセールに参加することで、

  • ERC20トークン「e11」を将来行われるICOの半額で購入することができる
  • クリプトウォーズのアルファ版、ベータ版をプレイすることができる

という特典があります。

つまり、ゲーム単体への参加申し込みではなく、「e11」トークンのプレセール参加が前提になるということですね。

「e11」トークンが何なのかわからずにプレセールに申し込みをするのも気持ち悪いと思うので、まずはトークンについて簡単に説明します。

「e11」トークンについて

「e11」はクリプトウォーズを開発している会社『Experimental』のトークン。

『Experimental』はブロックチェーン技術を使ったアプリケーション開発と普及を目的に設立された会社です。

そして、第1弾プロジェクトとして立ち上げられたのがブロックチェーンゲーム「クリプトウォーズ」という訳ですね。

トークンの保有者には以下のような特典があります。

  • 意思決定への参加(投票権)
  • アプリのアルファ版、ベータ版を触れる
  • コミュニティへの参加

また、主要取引所への上場も予定しているため、投資利益を目的とした保有も考えられますね。

現在行われているプレセールでは最終的なトークン発行枚数1億枚のうち3%が販売されるようです

 

信頼できる?

いろいろ調べてみて、私は信頼できるかなと判断しています

開発会社の公式サイトを見ると、動画なども作成して開発陣の顔もハッキリと見えてきます。

プレセール参加の件でメールのやりとりもしたのですが、返事も早くしっかりした様子でした。

また、先日行われたETHCC(Ethereum Community Conference:イーサリアム コミュニティ カンファレンス)にExperimentalチームは招待されています。

クリプトウォーズはブロックチェーンゲームの一例としても紹介されたようですね。

もちろんネットの情報だけで100%の確信は持てませんので、参加は各自の判断でお願いします!

プレセールへの参加方法

プレセールへの申し込みは誰でもできますが、抽選で選ばれた300名だけが参加することができます

①Experimentalの公式サイトへ

Experimentalの公式サイトへ行き、”Apply for the PRE-SALE”(プレセールに応募する)をクリックします。

>>>Experimental公式サイト

②プレセールを選択

下のようなウィンドウが出てくるので、PRE-SALEの方の”Apply now”(今すぐ応募)を選択しましょう。

③必要事項を記入

必要事項を記入して応募完了です。

なお、”Amount of ETH to invest” は1~10ETHの範囲内でしか受け付けてもらえないので注意。
1ETHで1,000トークンもらえます。

選ばれると開発チームから登録したメールアドレスに連絡が来ます。

あとは指示に従えばオッケーです。

まとめ

まだゲームの詳細が明らかになっていないので、プレセールに参加するのがおススメなのがどうかサッパリわかりません。

最低投資額も1ETHなので気軽に参加できるものでもありませんしね。

幸い私は参加が認められたので、これからプレイしてみてその様子もブログやTwitterを通してお伝えしていきたいと思います。

▼「e11」トークンのプレセールに参加する▼

 

その他の関連リンク

クリプトウォーズの公式サイト

開発会社「Experimental」の公式Twitter