クリプトウォーズ(CryptoWars)のアルファ版をプレイしてみた!

こんにちは、会計士ブロガーの根本(@dujtcr77)です。

限定300名で抽選制の「e11」トークンプレセールに参加できることになり、その特典で「e11」トークンが実装される最初のゲームアプリ『クリプトウォーズ』のアルファ版をプレイしています。

今回はゲームがどんな雰囲気か、アルファ版をプレイしてみてわかったことをシェアしたいと思います!

クリプトウォーズ(CryptoWars)とは?

クリプトウォーズはタウン育成戦略ゲームです。

詳細はまだわかっていませんが、サイトなどで情報を見る限りスマホアプリの「クラッシュ・オブ・クラン」のようなゲームだと予想しています。

紹介記事も書いてます↓

クリプトウォーズ(CryptoWars)は「ブロックチェーン版クラクラ」?タウン戦略ゲームに期待高まる

クリプトウォーズ(CryptoWars)アルファ版プレイ実況

ダッシュボード

各アクションの起点となる管理画面です。

クリプトウォーズではまず自分の村を作ります。
そこに金鉱やクリスタル鉱山を作って資源を掘り、村や兵隊を強化させていくことになります。

ダッシュボードでは、資源の採掘状況やストック、建設中の建物の様子などが確認できるようになっています。

建築・レベルアップ

資源は時間経過で少しずつ溜まっていきますが、最初はストックできる量も少ないです。

なのでストレージを作って最大容量を増やしたり、金鉱をレベルアップして生産スピードを上げていく訳ですね。

最初は1,000ずつしか貯められない金とクリスタルも、育てると少しずつたくさん保有できるようになります。

グラフィックがイイ感じ

開発中のゲームということで、まだ遊べる要素は少ないのですが、触ってみて一番ワクワクしたのはグラフィックですね!

けっこう細かく作り込まれていて、ブロックチェーンゲームの中では頭一つ抜けている印象。

あとは、「バトル時に村を舞台にどこまで兵隊たちの動く様子を見ることができるか」というのがポイントかと思っています。

日本のゲーマーに朗報!クリプトウォーズは日本語対応予定!

開発チームは英語版の次に日本語版の作成を検討しているようです。

この回答を頂いたあと、

「日本の90%以上の人は日本語版がないだけでプレイしようとしないから、絶対に日本語対応すべき!」

とダメ押しの一言を入れておきましたので、ほぼ確実かと思いますw

さいごに

まだクリプトウォーズはアルファ版で、一部の機能しか実装されていません。

見てみた感じ、やはりスマホアプリの『クラッシュオブクラン』というゲームに近いのかなという気はします。

クラクラは昔ハマったゲームなのでそのブロックチェーン版ができるとなるとどうしても期待しちゃいます!

クリプトウォーズのアルファ版はゲーム内トークン「e11」のプレセールに参加することでプレイできます

抽選かつ限定300名なのですが、まだ枠があるようなので応募してみてはいかがでしょうか?

興味がある方は以下の記事に「e11」トークンの概要とプレセール参加方法をまとめているので参考にしてみてください。

>>>クリプトウォーズ(CryptoWars)のアルファ版の申し込み方法と「e11」トークンについて解説