クリプトウォーズ(CryptoWars)のマーケットで「世代0」の兵隊と武器が販売スタート!

こんにちは、会計士ブロガーの根本(@dujtcr77)です。

3月からずっと注目しているブロックチェーンゲーム『クリプトウォーズ(CryptoWars)』

ここに来てようやく動きが加速してきました。

先日はWaxと提携し世界トップクラスのゲームアイテム売買サイト「OPSkins」での取り扱いが発表されましたね。

さらに本日、ゲームリリース後に利用できるキャラクターやアイテムの販売が開始されました。

クリプトウォーズ(CryptoWars)とは

クリプトウォーズはタウン育成型の戦略バトルゲームです。

公式サイト開発によるMediumへの投稿などからは、以下のようなことを行うゲームだとわかります。

  • タウンを作る
  • タウンの中心部、ゴールドやクリスタルの採掘場、倉庫を建てる
  • 資源を採掘する
  • より多くの資源を得るために施設をアップグレードする

私の勝手な予想ですが、スマホアプリゲームの『クラッシュオブクラン』のようなゲームになるのではないかと思っています。

「世代0」のトークンが販売開始

クリプトウォーズのゲーム内で使える兵隊と武器のセールが開始されました。

クリプトウォーズはExperimentalという会社が開発しているのですが、販売されているアイテムなどは今後Experimentalが開発する他のゲームでも利用できる予定です。

なお、今回セールが行われているアセットはどれも「世代0」という希少性の高いアイテムです。

数量限定で今後追加で販売されることもないため、ゲームが流行すれば有利なプレイ・高値での取引などが期待できます

▼クリプトウォーズのアイテムを購入する▼

兵隊

簡単に、どんなアイテムが販売されているのか見てみましょう。

まずはバトルに使う兵隊たち。

価格は0.1~0.5ETHです。

武器

武器も販売されてます。

こちらは兵隊に装備させるのでしょうかね?

左下の「Spykes Club」は5,000個限定ですが無料のようです。

これだけは早めに貰っておきましょう。

超高額アイテムも!

ピンクユニコーンバルーンはなんと1つ限定で10ETH

約65万円ですね。

これを購入する猛者は現れるのでしょうか…!?

300人限定の「コミュニティスキン」にも注目

「Experimental」はアイテムの販売とは別に、現在ERC20トークン「e11」のプレセールを実施中です。

申し込み後に審査があり、審査に通った300名のみが参加できるセールです。
(私は無事審査に通り、1ETH出資しています)

この300名に入ることで、キャラクターのデザインを決定する権利ももらえるようです。

今回のマーケットプレイスで一番下にいる「Community Skin」がそれに該当します。

ただ、デザインを決めた兵隊を貰えるのかは不明…

“enjoy your distinguished community skin”と書いてあるので配布されそうな気もしますが。

わかったら追記します。

さいごに

正式リリースは今年の末になる予定なので、思い切った投資は少ししづらいかも。

今回のマーケットプレイスでアイテムを購入した人は今後リリースされるクローズドのアルファ版をプレイする権利も貰えるようです。

期待しているゲームなので、私はアイテムの売れ行きを見ながら少しだけ購入しておこうと思っています

▼クリプトウォーズのアイテムを購入する▼