海外旅行に行くならエポスカードがおすすめ!デメリットほぼなしの最強カードなのでとりあえず持っておきたい

こんにちは、ルワンダ会計士ブロガーのぴかりん(@dujtcr77)です。

海外旅行に行くなら1枚は持っておきたいクレジットカード。

「はじめて持つならカードはどれがいいの?」
「カードはあるけど十分な海外旅行保険が付いていない」
「考えることが多くて何を重視していいかわかりづらい」

というあなたのために、「旅行に行くならこの1枚は持っておきたい」というおすすめのカード【エポスカード】を紹介します。

クレジットカードは目的に応じて持つべきカードが変わってくるのですが、エポスカードはそんな中でも数少ない必ず持っておきたいカードの1つ

ちなみに、海外旅行ではカードを1つだけ持っていって使えないと困ってしまいます。
なので最低でも2枚以上は持っておきたいところです。

2枚目、3枚目のカードを検討している方も参考にしてみてください。

30秒でわかる!海外旅行保険付きのカードは「エポスカード」を選ぶべき理由



時間がない方、いろいろ考えるのが面倒な方のために、まずはズバリ「何で海外旅行に行く人がまず持つべきカードなのか」を要点だけ説明しちゃいます!

エポスカードがおすすめな理由

✔ 年会費がずっと無料

✔ ゴールドカード並みの海外旅行傷害保険がついている

✔ 海外キャッシングも便利

 

エポスカードは、入会費無料で年会費も無料。
つまり、ずーっと無料ということです。

無料であるにも関わらず、海外旅行時の保険やサポートがゴールドカード並みに手厚いんです。

また、国によってはカードを使える場所がなく肝心の現金が足りないなんてことになることがありますが、これも心配ありません。
現地のATMで現地通貨をキャッシングすることができます

楽しい海外旅行についてくる事故や事件、病気、お金などのあらゆる不安が無料で解消できる
これが私がエポスカードをおすすめする理由です。

さらに詳しく知りたい方のために、その他の特典もあわせて1つずつ見ていきましょう。

▼エポスカードの詳細やキャンペーンはこちら▼


充実の海外旅行傷害保険

VISA付きのエポスカードなら、海外旅行傷害保険が自動的についてきます。

しかもその補償内容はゴールドカード並み

補償内容

対象となるのは、カードご加入日(カード発行日)の翌日以降に日本を出発する旅行です。

1旅行につき最長90日間の補償が以下の通り付いてきます。

  • 傷害死亡・後遺障害:最高500万円
  • 傷害治療費用:200万円(1事故の限度額)
  • 疾病治療費用:270万円(1疾病の限度額)
  • 賠償責任(免責なし):2,000万円(1事故の限度額)
  • 救援者費用:100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
  • 携行品損害(免責3,000円):20万円(1旅行・保険期間中の限度額)
ぴかりん
携行品損害の「免責3,000円」って?

免責とは「この金額まではあなたが負担してくださいね」という意味です。

例えば旅行中に10万円のカメラを落として壊してしまった場合。
3,000円の自己負担分を引いた9万7,000円を受け取ることができます。

海外旅行への出発前に特に手続きは必要ありません
忘れずにエポスカードを持っていくだけでオッケー。

この手軽さがまた嬉しいですよね。

海外キャッシングが便利でおトク

エポスカードは海外キャッシングもできて「便利」「安心」「お得」の3拍子なんです。

海外キャッシングって?

海外キャッシングはひとことで言うと、旅行先のATMで現地通貨を引き出すことのできるサービス

例えばタイに行ったら現地のATMで現地通貨タイバーツを必要なだけキャッシングするとします。
キャッシングした分は日本円に換算されて、毎月のカード支払いの際などと一緒に精算することができるんです。

海外キャッシングをするメリット

両替所が見つからないときや深夜で閉まっている時でも、ATMさえ見つければ現地通貨を入手することができます。

必要なときに必要なだけ現金を手に入れられるのは便ですよね。

また、海外では盗難などの恐れもあります。
高額を持ち歩かないで済むので、防犯上もとても安心なんです。

「でも、キャッシングって手数料高いんじゃないの?」

と思っている方も多いのですが、実はキャッシングの方がお得だったりするんです。

  • 銀行の両替手数料は、バーツ:12.4%、台湾ドル:11.8%、米ドル:2.4%で算出しております。(2017年6月参考値)
  • 為替レート変動により、手数料率は変動いたします。
  • 海外ATMでの現地通貨キャッシングは、両替手数料が発生しません。

引用:【エポスカード】

空港や駅・繁華街などにある「Visa」「PLUS」マークのあるATMなら最大24時間使うことができます。

海外キャッシングに関するさらに詳しい情報は公式サイトをどうぞ⇒【エポスカード】

エポスカードは年会費無料

エポスカードの年会費はずっと無料です。
発行するのにお金もかかりません。

つまり極端な話、作ってそのまま使わなくても損しないということ。

ここまで見てきた海外保険と海外キャッシングという安心で便利なサービスだけでも無料なの信じられませんよね。

▼無料なのでさっそく作ってみる▼


これだけじゃない!エポスカードはメリットたくさん

ここまでは「海外旅行に持っていくのにおすすめ」という点からメリットを紹介してきました。

しかしそれだけでなく、日常的に使うのにもエポスカードはメリットがたくさんあるんです!

年4回「マルコとマルオの7日間」期間中マルイのショッピングが10%オフ

もし、よくマルイで買い物をするのであれば絶対に知っておきたい特典がこちら。

エポスカード会員限定の優待「マルコとマルオの7日間」の期間中はマルイでのショッピングが10%オフになります。
(一部対象外のお店・商品あり)

また、マルイのネット通販「マルイウェブチャネル」でのショッピングも対象になります。

マルイをよく利用する方は、作っておかないとむしろ損です。

全国のお店で割引が受けられる!

マルイ以外のお店でも特典や割引が使えます。

全国の飲食店でも割引を受けることができます。
「ロイヤルホスト」や「魚民」「サーティワンアイスクリーム」などおなじみのチェーン店も提携しています。

普段から外食する人ならこの割引を使うかどうかで年間の出費が大きく変わってきますね。

割引が受けられるのは飲食店だけではありません。

  • 「富士急ハイランド」「ハウステンボス」などのテーマパーク
  • 「シダックス」などのカラオケ
  • 全国の美容院やネイルサロン
  • 「ラクーア」「大江戸温泉」などのスパ施設

などなど、逆に割引特典のないお店に行かずに過ごすのはムリなんじゃないかってレベルです。

映画なんかも最大500円オフになりますしね。
とにかく特典が豊富です。

ぴかりん
あれこれカードを持ち歩くのは面倒ですよね。

エポスカードなら1枚持ってれば色んなお店で使えるので管理もラクだし便利!

Apple Payにも対応しているので利用している人はカードすら出す必要がありません。

発行手続きがカンタン&スピード発行(即日発行もできる)

急にカードが必要になったときにも、エポスカードは最短で即日発行できるので助かります。

申し込みはカンタン3ステップ。

  1. ネットやスマホアプリで申し込み(最短5分)
  2. 審査結果のメール(当日 or 翌営業日)
  3. 受け取り

受け取りは郵送なら約1週間後ですが、最寄りのマルイ店舗に取りに行く場合は最短で当日に受け取れます

実際に私が申し込んだ場合も、申し込みの翌日に連絡が来て「いつでも柏のマルイでお受け取りください」とのことでした。

カード作るのって1~2週間かかるイメージなので驚きですよね。

急いでカードを作る⇒最短即日発行

まとめ

以上、エポスカードのメリットについて見てきました。

タイトルに「デメリットほぼなし」と書きましたが、あえて挙げるとすれば、

  • ポイント還元率が0.5%と一般的な水準で、ゴールド・プラチナカードと比較すると低い
  • 使わないのに財布にいれておくとお財布が少しもっこりする(笑)

くらいですかね。

本当にこれといったデメリットはありません

最後におさらいとして、エポスカードのポイントをまとめておきますね。

エポスカードのおすすめポイント

✔ 海外旅行傷害保険が充実している

✔ 海外キャッシングが「便利」「安心」「お得」

✔ 年会費がずっと無料

✔ 年4回「マルコとマルオの7日間」期間中マルイのショッピングが10%オフ

✔ 全国のお店で割引特典

✔ スピード発行ですぐに手に入る

 

1枚目のカードを考えている方はまずエポスカードです。
2枚目、3枚目の予備に考えている人も今持っているカードによりますが、最有力候補となってくるでしょう。

今ならネット限定、カード新規入会&利用で最大8,000円分のエポスポイントがついてきます

▼詳細を知りたい方・お申し込みはこちら▼

 

より手厚い旅行保険・空港ラウンジ利用・お土産宅配サービスなど、さらに便利でハイクラスな旅にしたい方には「三井住友VISAゴールドカード」もおすすめ

旅行におすすめのゴールドカードは「三井住友VISAゴールドカード」!信頼性とコスパが抜群!

2017.08.26

私はエポスカードと一緒にこちらのカードも持っています。