「その答えはここにないんだ…」実際にあった意外な検索ワード集

「グーグルアナリティクス」というツールを使うと、自分のブログにどんな検索ワードで訪問してくれたか知ることができます。

例えば私のブログで言えば「ルワンダ ブログ」「協力隊 ブログ」や、人気記事の「論語 名言」などがメジャーな検索ワード。

キーワードを眺めていると、「その答えはここにないんだ…」と申し訳なくなるような意外なキーワードを発見できて面白いんです。

今回は実際にあった「なぜこのキーワードでうちのブログにたどり着いた?」と驚いてしまった検索ワードを紹介していきます。

実際にあった意外なキーワード

JICA クソ

やめてくれ。笑

行きたかったルワンダに手厚い訓練までして連れて行ってもらって、現地でもお世話になっているJICAを「クソ」なんて言えません。

おそらく以下の記事の中で「JICA」というワードを使ってたのでこの記事がヒットしたのでしょう。

クソみたいな1日にも「ありがとう」と言いたい。青年海外協力隊がバングラデシュより撤退。

2016.08.01

この記事の中では「JICAの判断は正しい」なんて言っているので訪問してくれた方は「コイツはJICA側の人間か」と舌打ちをして帰られたことでしょう。

監査 くだらん

だからやめてくれ。笑

「監査」は私が前の会社でやっていた仕事です。なんで自分の属している組織ひたすらディスってる感じになるんだ。

この検索ワードは結局どの記事が原因かわからず。

ひとつ言える事は、言葉遣いには気をつけようということ。

この雨で 遅延って

通勤・通学中にまあまあの雨なのに電車かなんかが遅延したんでしょうか?

彼もしくは彼女が無事間に合った事を祈るしかできません。

ミルク 究極にお腹痛い

おそらくこの記事が引っかかったと思われます。

ルワンダで身につけた、日本ではまるで使えない5つの能力

2016.07.18

この記事には「究極」「ミルク」「お腹痛く」というワードが入っていました。

ミルクを飲んでお腹を壊してしまった方がGoogleに相談。しかしたどり着いた先ではルワンダで生活している男が身につけた謎の能力を披露されるというシュールな展開。

でもこの方はその後他のページも見てくれてるので、おそらくお手洗いでお腹が落ち着くまでの暇つぶしに使ってくれたのでしょう。

もし少しでもお役に立てたなら良かったです。

というか究極にお腹痛かったら検索ではなくすぐに病院に行ってください。

ルガンダ語 基本

惜しい!

「ルガンダ語」はウガンダの現地語です。ルワンダの現地語は「キニアルワンダ」

ちなみに他にも「会計士ルアンダへ行く」とかルアンダ・ルワンダ・ルガンダ・ウガンダ周りのニアミスが多かったですね。

ここらへんがあいまいな方は是非以下の記事をご覧ください。

「ルワンダ」と「ウガンダ」と「ルアンダ」って全部違う地名ですよ?テストには出ません。

2016.07.05

人間って寝てる間にゴキブリ食べてる

え、マジで!?

犯人はこの記事ですね。

【ブラックキャップの効果】ゴキブリ退治におすすめ駆除剤はブラックキャップ一択(※1年使った効果追記)

2016.05.29

家でゴキブリが沢山出ていた時のエピソードの中にワードが含まれていました。

この頃はゴキブリにされるがままでした。

・ゴミ箱のごみを捨てようとしたら中に6匹。
寝てる間に蚊帳の中に入って来て顔や体によじ登る。
・ヒゲ剃りの電源入れたら「ビー」って振動に驚いたのか中から2匹飛び出す。
・ポケットティッシュを1枚とったら中から3匹。
・夜中トイレに行くと洗面所に10匹以上いて洗面所が水玉模様に見える。
・夕飯食べてるとテーブルや座ってるソファから「こんばんは」。

こんなんでも検索に引っかかってしまうんですね。

適切な言葉遣い、適切な情報

思ったよりもグーグルは細かい所まで見ているようで、なんとなく使った言葉に引っかかって検索されてしまうことがわかりました。

検索して訪問してくれた方がガッカリして帰らないように、極力その記事のテーマに関係のない話はしないように気を付けていかなきゃいけませんね!