bitbank(ビットバンク)の評判やメリット・デメリットは?アルトコイン取引におすすめの仮想通貨取引所

こんにちは、会計士ブロガーの根本(@dujtcr77)です。

仮想通貨の取引所って、いまいち「これだけ持っておけばOK」というものがなくて迷うところですよね。

機能的な面で言えば、「コインチェック」や「Zaif」がおすすめです。

しかし先日はコインチェックでXEMの不正出金事件があったし、Zaifはサーバーが落ちたり顧客対応が遅いという欠点があります。

そんな中、非常に安定したサービス状態を誇る取引所があります。

それが今回この記事で紹介する「bitbank(ビットバンク)」という取引所です。

ビットバンクは規模もそこまで大きくありませんでしたが、大手が色々と問題を抱えている中で最近評価されてきている良質な取引所です。

それでは、ビットバンクがどんな取引所なのか見ていきましょう。

bitbank(ビットバンク)の概要

運営会社概要

・会社名:ビットバンク株式会社
・住所:東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F
・設立:2014年5月
・代表取締役:廣末紀之
・資本金:11億3100万円(資本準備金含む)

bitbank(ビットバンク)は、2014年設立で資本も11億円以上あり歴史も資金力も持っている会社です。

メリットでも後述の通り安定したサービス状態である反面大きくとがった特徴がなく、「bitFlyer」「コインチェック」「Zaif」の3強の陰であまり目立たない存在でした。

しかし最近は大手が抱える問題が浮き彫りになり、安く・安全に・安定して取引をすることができるビットバンクが大きく注目を浴びています

国内の仮想通貨取引所でいま最も勢いのある取引所と言っても過言ではないでしょう。

また運営会社であるビットバンク株式会社は国内最大のビットコインニュースメディア『BTCN』を運営しており情報発信にも力を入れています。

■TwitterでBTCNをフォローする⇒BTCNビットコインニュース

▼ビットバンク公式から無料登録する▼

 

bitbank(ビットバンク)のメリット

アルトコインも取引所であるため手数料や安く指値も入れられる

ビットバンクで取り扱っている通貨は全部で6種類

  1. ビットコイン(BTC)
  2. リップル(XRP)
  3. ライトコイン(LTC)
  4. イーサリアム(ETH)
  5. モナコイン(MONA)
  6. ビットコインキャッシュ(BCC)

大手の「コインチェック」や「ビットフライヤー」では、手数料の高い『販売所』でしかビットコイン以外のコイン(アルトコイン)を売買することができません。

しかし嬉しいことに、ビットバンクではすべてのアルトコインで手数料が安い『取引所』での取引が可能です。

また取引所は値段を指定して売買する「指値取引」ができるので、常にチャートを見ている必要がなく非常に便利なんですね。

リップルとライトコインの現物を手数料の安い取引所形式で売買できる国内の仮想通貨取引所はbitbankだけです。

全通貨ペアの取引手数料が無料(~2018年3月31日まで)

ビットバンクは現在、取扱いのある全ての通貨ペアで取引手数料無料のキャンぺーンを実施中です。

キャンペーンは2018年3月31日まで。
(当初は2018年1月9日まででしたが延長されました)

取引をする会社によっては、手数料だけで3~5%くらいとられてしまう所もあるので手数料0はかなりお得です。

取引高が多く注文が成立しやすい

bitbankのこれまでのデメリットには「取引高が少ない」ということが挙げられました。

しかし最近はものすごい勢いで成長し、なんと24時間取引高で世界30位まできています。
(Cryptocurrency Market Capitalizationsより↓)

同じ時点で14位の国内最大の取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」に次いで堂々の2位です。
ちなみに国内の3番手は45位の「Zaif(ザイフ)」です。

取引高が多いということは注文が成立しやすい、つまり自分の欲しい量・価格で注文が成立しやすくなるということなのでそれだけ利便性も上がりますね。

セキュリティ対策がしっかりしており安心

2018年1月26日、国内の主要取引所であるコインチェックにて仮想通貨NEMの不正出金事件が発生しました。

このことから、今まで以上にセキュリティに対する意識が高まっています。

基本的には自分の仮想通貨は自己責任で守るというのが大前提になりますが、利用する取引所のセキュリティがしっかりしているのに越したことはありませんよね。

ビットバンクは、「二段階認証」などの基本的なセキュリティはもちろん、ユーザーの資産をすべて「コールドウォレット」と呼ばれるオフライン環境のウォレットに保管しているため比較的安全です。

もちろんどんなに対策をしても「絶対に安全」という状況はありえません。
(それは仮想通貨じゃなくても同じですよね)

仮想通貨おすすめ取引所のランキング記事」を書いているので、複数の取引所を使ってリスクを分させましょう。

bitbank(ビットバンク)のデメリット

スマホアプリがない

ビットバンクにはまだスマホアプリがありません

やはりスマホアプリがあると出先などでも気軽に立ち上げてチャートのチェックや取引ができるという利点があります。

ただ、WEBブラウザをスマホなどで開いてもページがスマホに最適化されて個人的にはかなり使いやすいと感じています。

スマホのホーム画面にお気に入り登録しておいてアプリ感覚で使うのがおススメです。

いざという時にサーバーが落ちるかどうかわからない

市場で大きな動きがあると多くの人が取引所のサイトに殺到します。
そんなときによく起こるのがサーバー落ち。

他の取引所ではよく「サーバーが落ちて取引ができない」「注文を入れられない」といった事態が発生してしまっています。

ビットバンクはいま人気急上昇中の取引所で、今後いまよりもユーザーが増えた時、その負荷に耐えることができるかどうかはまだわかりません。

そのためビットバンクしか取引できる場所がないのは少し不安です。

取り扱っている仮想通貨の種類が少ない

前述の通り、ビットバンクの取扱いコインは6種類。

他の国内取引所と比較して極端に少ないという訳ではありませんが、やはり海外の仮想通貨取引所と比較すると物足りなく感じてしまうのも事実です。

私のように幅広く仮想通貨に投資をしたい人は、取引高世界一にも輝いた「Binance(バイナンス)」がおススメです。

▼バイナンス公式から無料登録する▼

 

bitbank(ビットバンク)の評判・口コミ

良い評判

Twitterでの評判をみると、「取引所方式だから手数料が安い・指値注文ができる」という点に魅力を感じている方が多かったです。

また最近はセキュリティに対する意識が高まっている影響で、ビットバンクのセキュリティの取り組みを評価するコメントも目立ちました。

良くない評判

あまり良くない評判は見かけませんでしたが、「扱っている通貨の種類が少ない」ことをデメリットとして感じている方も多いようでした。

まとめ:bitbank(ビットバンク)はアルトコインを購入したい人におすすめ

ここまで見てきたメリットデメリットや評判をもとに、ビットバンクが特におすすめな人をまとめます。

こんな人におすすめ

✔ すべてのコインが「取引所」で売買できる⇒手数料を安く抑えたい人・指値注文で取引をしたい人におススメ!

✔ 取引手数料が全通貨で無料⇒少しでもおトクに取引したい人におススメ!

✔ セキュリティがしっかりしている⇒安心して仮想通貨取引をしたい人におススメ!

 

とにかくビットバンクの売りは安定感です。

仮想通貨投資を短期で行う・長期で行う、初心者・ベテラン、関係なく、利用したい取引所の1つと言えるでしょう。

▼ビットバンク公式から無料登録する▼

 

関連記事

国内の仮想通貨取引所を徹底的に取引所を比較した取引所ランキング⇒国内の取引所16社を徹底的に比較してランキング

海外の取引所をおすすめ順にまとめました⇒海外のおすすめ仮想通貨取引所を徹底比較。登録すべき3社をランキング形式で紹介する