ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)とは?ETHアドレスからモンスターを召喚してバトル

こんにちは、ブロックチェーンゲーマーの根本(@dujtcr77)です。

今回は遂にティザーサイトが公開された国産ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー』を紹介します。

ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)とは

ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)はイーサリアムというブロックチェーン技術を使ったブロックチェーンゲームです。

「ETHアドレス」を使ってモンスターを召喚するという面白い特徴を持っています。

ETHアドレスとは

イーサリアム上で動くゲームには「ウォレット」というアカウント兼お財布のようなものが必要となります。

このウォレットにある自分の口座番号のような固有の文字列をETHアドレスと言います。

仮想通貨やウォレットを持っていなくても基本的なプレイは可能なようです。

バーコードを読み取って遊ぶ『バーコードバトラー』というゲームのファンからは「ブロックチェーンゲーム版バーコードバトラー」としても期待されているゲームになります。

ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)の遊び方

アドレス召喚

ETHアドレスを使ってモンスターを召喚します。

召喚は毎日・無料でできます。

召喚されるモンスターには個体差があり、成長の仕方が異なります。

アドレス召喚限定のレアモンスターもあるようで、毎日召喚の際はワクワクしそうですね!

モンスター合成

「モンスターの意思」や「素材」などのアイテムを使って新たに強力なモンスターを生み出すこともできます。

モンスターの意思はプレイヤーの所有しているモンスターから入手可能。

スキル承継

モンスターのスキルを組み替えることでバトルに幅広い戦略性を持たせることができます。

他のモンスターのスキルを承継する事が可能なスキルを持つモンスターが存在するとか…?

スキルはバトルの重要なカギになるでしょう。

バトル

バトルは3×3のマスに5体のモンスターを配置して行います。

編成とスキル次第でバトルの局面は大きく変わりそうです。

バトル画面の「×2」や「AUTO」ボタンを見ると、時間のない人や周回したい人がサクサクプレイできそうだと期待が持てますね。

まとめ

現在ブロックチェーンゲーム業界は『マイクリ』が引っ張っている状況です。

今年は国内では当記事で紹介した『ウォレットバトラー』や『コントラクトサーヴァント』、海外でも『Gods Unchained』と期待のビッグタイトルが続々とリリースされる予定。

1つのゲームでは限界があるので、複数の人気タイトルが出てブロックチェーンゲーム業界をさらに盛り上げてほしいですね。

▼ウォレットバトラーのティザーサイト▼

▼ウォレットバトラーの公式Twitterアカウント▼