クリプト三国志とは?カスタムヒーローを作れる最新ブロックチェーンゲーム

こんにちは、会計士ブロガーの根本(@dujtcr77)です。

今回は三国志をテーマにしたブロックチェーンゲーム『クリプト三国志』を紹介します。

クリプト三国志とは

クリプト三国志は、三国志をテーマにしたバトルゲームです。

現在実装されているシステムは以下の通り。

  • ヒーロー(武将)の購入
  • デュエル
  • ランキングシステム
  • 都市の購入

ロードマップによると今後は「ヒーローのトレード」や「探検」、「装備」、「建築」などのシステムが実装されるようです。

公式の紹介動画もあります↓

▼クリプト三国志をはじめてみる▼

クリプト三国志「ヒーローの購入」

クリプト三国志をプレイするためにはヒーローを召還する必要があります。

ヒーローの召還は各都市から行います。

2018年5月12日現在都市は「Jihan Ling」「Lu Jiang」「Chen Liu」の3つ。

今だと1体0.1ETHほどですが、購入されるたびに値段は上がって行く仕組みです。

都市によって入手出来るヒーローは異なります

レアリティは☆3〜☆5の三段階。

各レアリティの排出率

  • ☆3:76.5%
  • ☆4:20.0%
  • ☆5:3.5%

ヒーローを購入するとThree Kingdom Coin(TKC)というトークンが手に入ります。

TKCは今後ヒーローの召還や装備の購入などゲーム内で使えるようになるようです。

カスタムヒーローも作れる

イーサタウンのように、自分の写真を送って自分だけのカスタムヒーローを作ってくれるようです

まだカスタムサービスは開始していませんが、条件は発表されています。

  • ☆4のカスタムヒーロー:ヒーローを5〜15体購入
  • ☆5のカスタムヒーロー:ヒーローを16体購入

条件を満たしている人には、カスタムサービス開始後に開発から登録したアドレスに連絡が来るみたいです。

ヒーローを買ってみた

さっそくヒーローを購入してみました。

出たのはこちら↓

うん…。

弱い(確信)

☆3だし、どこか自信がなさそうです。

たぶん口癖は「どうせ俺なんて」でしょう。

カスタムヒーローも欲しいし、もう少し追いかけてみました。

6回目で☆5のヒーローゲット!

確率3.5%なので、6回で引ければ大勝利じゃないでしょうか。

無事カスタムヒーローの条件も満たしたのでここで引き上げます。

クリプト三国志「都市購入」

クリプト三国志では都市を購入することもできます。

都市を購入するメリットは手数料収入です。

自分の保有している都市からヒーローが購入された場合、購入額の10%がもらえます。

また、都市は他のプレイヤーが購入するすることもできるので、キャピタルゲインを狙うことも可能です。

けっこう条件が魅力的だったので、お試しで「Chen Liu」を購入してみました↓

クリプト三国志「デュエル(バトル)」

デュエルでは自分のヒーローを選び、その都度表示されている4人の武将から対戦相手を選びます。

「PLAY」を押すとオートでバトルが行われます。

アクションとBGMはありますが、少し動きが単調。

1日に出来るバトルの回数は10回までです。

回数が限られているので、属性の相性やステータスを考えて少しでも多く「FAME(功)」を獲得できるようにするのがコツ

獲得できるFAMEは各武将の下に表示されています。

FAMEの獲得数に応じたランキングシステムで上位に入ると順位に応じたTKCが配布されます。

クリプト三国志の登録方法・エアドロップ

クリプト三国志では現在50TKCもらえるエアドロップもやっています。

まずは「MetaMask」にログインしましょう。

①「クリプト三国志公式ページ」からRegistrationをクリック

②Eメールアドレスとパスワードを入力

MetaMaskにログインしているとETHアドレスは自動的に入力されています。

③「Start game and get 50TKC」をクリック

これで登録は完了です。

紹介プログラムも実施しており、TKCやゴールデンボックスという宝箱をもらうことができます。

さいごに

個人的には現時点では「参加した方がいい!」とおすすめできるレベルではないです。

オフチェーンなのでバトルが無料でサクサクできるのは良いですが、面白みはありません。

  • 都市の購入による手数料収入
  • 三国志人気で今後ヒーロー需要が増加することを見越して安いうちに仕込む

といったような、投機・投資対象としては少し注目要素はあるので動きを見ておいた方が良いゲームの1つとして紹介しました

ゲームが面白くないと投資としても失敗する可能性大なので、今後のアップデートやユーザー数など、様子見をしてから参入は決めた方が良いかと思います。

▼クリプト三国志をはじめてみる▼