Chimaera(キメラ)とは?分散型ゲームプラットフォームで使えるCHIトークンがプレセール中!

こんにちは、会計士ブロガーの根本(@dujtcr77)です。

今回は分散型ゲームプラットフォームの個別紹介シリーズです。

前回の「MOLD(モルド)」に引き続き、「Chimaera(キメラ)」を紹介します。

分散型ゲームプラットフォームChimaera(キメラ)とは

Chimaeraは、ブロックチェーン技術を用いた分散型のゲームプラットフォームです。

ブロックチェーン技術を使ったゲーム開発を簡単に、そしてユーザーは安全にプレイできるようにしようね、というのが超ざっくりとした説明。

もう少し具体的には、開発者とプレイヤーにそれぞれ以下のようなメリットをもたらします。

開発者

  • 会社、プロジェクト立ち上げのサポートが受けられる
  • ブロックチェーン技術を用いたゲーム開発をサポートしてもらえる
  • マーケットを確保できる

プレイヤー

  • ゲーム内アイテムを自分の資産にできる(ゲームで稼げる)
  • トークンやアイテムの交換を簡単に、安全にできる

Chimaeraに限らず、分散型プラットフォームはだいたい同じような特徴を持っています。

ここからは他のプラットフォームと異なる点を中心にメリットやデメリットなどを紹介して行きたいと思います。

英語ができる方は公式の紹介動画もどうぞ↓

▼Chimaeraの紹介動画(英語)▼

CHIトークン

Chimaeraは現在独自トークン「CHI」のプレセール中です。

トークンの使い道は様々で、例えば以下のようなものが挙げられます。

  • アカウントの作成、売買
  • ゲーム内アイテムの売買
  • キャラやアイテムの貸し借り
  • 他の仮想通貨との交換

ゲーマーの立場からすれば「Chimaeraでゲームをする際に使えるコイン」のようなイメージですね。

現在実施中のプレセールではトークンを30%引きで購入することができます

トークンプレセールは2018年4月20日(金)17時まで。

 ▼Chimaeraを30%おトクに購入する▼

Chimaera(キメラ)のメリット

既にゲーム開発が進んでいる

分散型ゲームプラットフォームは数多くあります。

しかしそのほとんどが「どんなゲームがプレイできるようになるの?」というところがまだわからないんですよね。

Chimaeraでは既に2つのゲーム開発が進行中です

1つは『SOCCER MANAGER CRYPTO』(サッカーマネージャー クリプト)

オンラインゲームプラットフォーム「Steam」などで販売されている『SOCCER MANAGER』のブロックチェーン版です。

もう1つは『Treat Fighter』(トリート ファイター)。

レシピを使って作ったお菓子のキャラクターを戦わせるゲームのようです。

情報が少なく、イマイチどんなゲームかはわかりませんでした。

お菓子を使ったキャラなのに可愛い系じゃなくてゴリゴリのゴーレムみたいなのが個人的には斬新で好きです。笑

 ▼Chimaeraのプレセールに参加する▼

Chimaera(キメラ)のデメリット

日本であまり話題になっていない

日本ではChimaeraの存在、トークンプレセールが始まっていること、知ってる人少ないんじゃないでしょうか?

Twitterでもあまり話題に上がってないですよね。

ゲームのリリースが近い訳でもないしこれからっちゃこれからではあります。

でもゲームは日本が一大マーケットですから、日本人プレイヤーたちの心を掴むかどうかはけっこう重要

サイトは日本語対応しているので、今後マーケティングにも力を入れてくるのでしょうかね。

Chimaera(キメラ)の将来性

「先手必勝」なるか

Chimaeraはゲームプラットフォームとしての革新性や目新しさは特にありません。

ただ注目したいのがメリットの所でも紹介したように既にゲーム開発が進んでいる様子であること。

分散型ゲームプラットフォーム内では、トークンはゲームをまたいで利用・換金することができます。

もしChimaeraが他のプラットフォームよりも先にいくつかヒットタイトルを出せばある程度のユーザーがトークンを保有することになります。

そして彼らはChimaeraでまた次のゲームが出た時に「せっかくトークンを持ってるしプレイしてみよう」という心理になるでしょう。

先手を打つことで「ユーザーを囲う」ことに成功すれば波に乗る可能性は十分にあるのではないでしょうか。

もちろん、それなりにゲームが面白いことが前提ですが。

ロードマップ

写真は文字が小さく日本語も少し変なので要点だけ簡単にまとめます。

  • 2018年Q1:トークンプレセール開始
  • 2018年Q2:キメラコア・リリース、開発者用ハブβ版
  • 2018年Q3:最初の分散型ゲームプロトタイプ
  • 2018年Q4:ゲームテンプレート(何のことでしょう…?)

また2019年以降はモバイル版やVRまで視野に入れているようです。

ロードマップを見るとキメラプラットフォームで遊べるようになるまで少なくともあと数ヵ月はかかるのかなという印象ですね。

Chimaera(キメラ)プレセール参加方法・買い方

①Chimaera公式ページから「Buy Token」をクリック

>>>Chimaera公式ページはこちら

②必要事項を入力

③登録したメールアドレスに送られてきたメール内のリンクをクリックする

④登録したメールアドレス・パスワードを入力してログイン

⑤電話番号を入力して「SEND CODE」をクリック

メッセージで番号が送られてくるので、その番号を入力しましょう。

⑥「Dashboard」へ移動

⑦購入に使いたい仮想通貨と単位を入力して「INVEST」をクリック

CHIトークン購入に使える仮想通貨は以下の通りです。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサ(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ダッシュ(DASH)
  • ジーキャッシュ(ZEC)

⑧選択した通貨の送金先アドレスが表示されるので自分のウォレットより入金

⑨少し待つとCHIの残高に反映されます

まとめ

投資の将来性を感じる「コレ!」といった決め手はない印象ですかね。

とか言いながら私は1ETH分だけCHIを購入しました。

トークンはゲームがリリースされたらアイテムの購入などに使えるし無駄になることはないでしょうしね。

投資というよりは「今のうちにゲームで使える通貨を30%オフで手に入れておく」といった意味での購入。

1つくらいはやりたいゲーム出てくるでしょ!

追加投資はセール終了ギリギリまで様子をみて考えます。

▼Chimaeraのプレセールに参加する▼