スマホゲームに100万円課金した男が語る~ゲームに課金するやつはバカなのか?~

こんにちは、アフリカ在住ブロガーのぴかりん(@dujtcr77)です。

実はけっこうなスマホゲーム好きで、今までに約100万円ほど課金しています。

皆さんはアプリに大金を課金する人はバカだと思いますか?

ちなみに「課金する」は「使用料金を課すること」で会社側の動作です。

なので厳密にはユーザーは「課金される」と表現するのが正しいですが、この記事では世間で馴染んでいる「課金する」という表現をあえて使っています。

スマホゲームにハマったきっかけ

もともとはそんなにスマホアプリをやるタイプではなく、社会人になってはじめた『クラッシュオブクラン』というゲームで初めて課金しました。

『クラッシュオブクラン』には合計で10万円ほど課金しました。
これも約10万円という決して安くない金額です。
しかし、けっこう長い間プレイして少しずつ課金していたので、月平均で数千円程度。
これくらいであれば社会人の遊びとしては許容範囲だったと思っています。

その後、さらにスマホゲーをやるようになったきっかけはです。

ゲーム関連株を買うようになって、銘柄研究の一環として話題のアプリや新作は少しでもプレイするようになりました

そんな中出会ってしまったゲーム。
それが『白猫プロジェクト』。

株式会社コロプラが2014年に配信を開始した本格アクションRPGで、めっちゃハマりました。
当時の白猫はアクションとしての面白さもあり、それに加えてキャラが個性的で集めたくなってしまう。

キャラを手に入れるためには「ジュエル」という課金アイテムを使ってガチャを回す必要があります。
時には好きなキャラがでるまでガチャを回しまくりました。

ある時、これではマズいと思って、1か月1万円までとルールを決めます。
しかしその範囲内で欲しいキャラが出ないと「あと1万円だけ…」となってしまいまた課金。

ついには「3万円課金したけど、キリが良いから5万円までなら大丈夫かな」
と完全に意味不明なトランス状態に突入することもありました。笑

結果としてこの『白猫プロジェクト』にかなりの大金をつぎ込むことになったのです…。

今までお金を使ったアプリの割合

ここで、今までにアプリゲームに使ったお金の内訳を紹介します。

その都度計算していた訳ではないので、ざっくりになりますがこんな感じ。

  • 白猫プロジェクト約60万円
  • 白猫テニス約5万円
  • クラッシュオブクラン約10万円
  • バトルガールハイスクール約5万円
  • 他 色んなアプリに少しずつで合計20万円程度

今思いつくだけでもこれくらいなので、もしかしたら100万円超えてるかもしれませんね。

なぜこんなに課金をしてしまうのか?

こうやって冷静に見てみると、自分でも「あちゃ~」って思います。

ただ、ニュースなどを見ているとゲームにお金をつぎ込む大人たちはそう少ない訳でもないようです。

【戦国炎舞】ソシャゲに4億円近く課金したユーザーが引退。『殿堂入り』の称号を贈られる

「白猫に400万円つぎ込んだ」 スマホゲーム課金にはまる大人たち

なぜいい大人が、ゲームにこんなにも大金を落としてしまうのでしょうか?

手っ取り早く強いキャラが欲しい

スマホのゲームで手に入るキャラや武器などには「レアリティ」があり、レア度の高いものほど出現確率が低い仕組みになっています。
しかし当然レア度の高いものほど使いやすかったり強い。

場合によっては最高レアリティのキャラなどがいないとクリアが困難だったり、対人戦で勝てないこともあります。

なので続けたいなと思うゲームは最初に少し課金をして強いキャラなり、装備なりを集めてしまいます。

さらに、スマホゲームでは次から次へと新しいキャラなどが出現します。

最初に強いキャラを揃えていて、これを超える強いキャラが出てくるとまた欲しくなってしまうんですよね。

「ここまで課金したたんだから…」という心理でやめられない

「だったらキリがないからやめればいいじゃん」
そんな声が聞こえてきそうです。

いやもう本当におっしゃる通りなんですが、ある程度課金して自分のゲームアカウントが育った状態だと、

「ここまで課金をして時間もかけてきたのにやめるのはもったいない」

と感じてしまうんです。

これが課金にハマる罠の大きなひとつのポイント。

会計士試験で「埋没原価」(どのような意思決定をしても発生する費用、または、すでに発生してしまっている費用で直接的に回収できない費用)というものを習ったのにこのザマですよ。

今までに課金をしたことは、これからゲームを続けるという意思決定においては考慮すべきでないんですけどね。

子どもの頃の夢で自己正当化

また、変に課金を正当化している節もありました。

小さいころ、ガチャポンといってゲームの中ではないリアルなガチャをやっていたのですが、当然お金もないので欲しいものなんか揃いません。

そこで「大人になって稼いだら欲しいものがでるまでガチャガチャするんだ」と子供ながらの小さな夢がありました。

ゲームでガチャをして課金をしている時は、まさに「欲しいものが手に入るまでガチャを回す」という夢が叶っている気がして罪悪感半分、高揚感半分。

その翌月にカード明細を見たときは罪悪感が90%くらいに膨れ上がってるんですけどね。笑

お布施

少し他の人が課金をする理由からは離れてしまいますが、会社への「お布施」の意味でも課金をしていました。

私の場合は株を持っている会社のゲームをメインにやってたんですよね。

その会社の株価が上がって儲けるとそのお礼の意味もこめて少し課金、みたいなちょっとアホなこともしていましたね。

スマホゲームに課金するやつはバカか?

自分の決めたルールを守れなければ「バカ」だと思う

スマホゲームに課金すること自体は、全く問題ないと思うんです。

別に自分で稼いだお金の使い道なんて自由です。
それに法に背いたりモラルに反することでもなんでもありません。

問題は「自分を抑えられない」ということ。

私のように、自分でルールを決めたにも関わらず、その場のテンションに任せたり誘惑に負けて際限なくお金をつぎ込んでしまう。

これはやはりどう考えても「バカ」としか言いようがないですね。

結局は、

冷静な状態で引いたラインを超えるか超えないか

これに尽きると思います。

これが出来ない様であれば危険なのできれいさっぱり足を洗った方が良いですね。

幸い、いまは自分が今までに通ってきた道をみて「バカだったな」と反省していること、
またボランティアという立場もあってさすがに課金地獄からは脱出することもできました。

次はアナタかもしれません…

ちなみにスマホゲームをやったことがなく、この記事を見て「課金なんてバカだな、信じられん」と思っている方、注意です。

私もそう思っていましたから。笑

スマホゲームがどうこうよりも、こんなタイプの人たちはけっこう危険ですね。
ゲームなんてどんなきっかけでハマるかわかりませんから。

  • 誘惑に負けやすい
  • 1つのことをはじめたら夢中になってしまう
  • やるなら極めないと気が済まない

もう過ぎてしまったことですし今までに使った100万円については後悔してません。
高い授業料だと思っています。

ですがこうやってブログネタにして100人の諭吉さんを少しでも成仏させてあげたいと思い記事にしました。

今後このブログに広告を貼るようになったら、この記事から1人でも諭吉さん返ってくるといいな。笑

 

つぎにおススメ!

私がルワンダ渡航の1年以上前に会社を辞めた理由

私が日焼けにこだわる本当の理由。~「コンプレックス」を「キャラ」に変えた男の物語~

 

 

 

 

 

このブログを購読する

記事をはてブ、Facebook、twitterなどで拡散してもらえると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA