EtherOnlineが稼げるってマジ?ガツンと投資したので戦略と成績を公開するよ

こんにちは、会計士ブロガーの根本(@dujtcr77)です。

日本でもジワジワと人気の出てきたブロックチェーンゲーム『EtherOnline(イーサオンライン)』。

実はイーサオンラインは投資したETHの回収可能性がかなり高い、つまり稼げそうなゲームなんです。

今回はアルファ版リリース当初からプレイしている私の投資成績などと共に、本当に稼げるゲームなのかを見ていきたいと思います。

EtherOnline(イーサオンライン)とは?

まずはイーサオンラインがどんなゲームか簡単におさらいしましょう。

  • ブロックチェーンMMORPG
  • 対プレイヤー、対コンピューター対戦どちらもある
  • 定時に現れるボスを全世界のプレイヤーで協力して倒す「ワールドボス」モードが新しい
  • 主な課金要素は装備
  • 90,000人近くの人が登録
  • 日本語にも対応済み
  • 現在ペット(装備)のプレセール中

先日、装備やジャックポット(後述)などの一部機能が実装されたα版がリリースされてから人気が出始めたゲームです。

▼詳しい情報を知りたい方は紹介記事をどうぞ▼

>>>EtherOnline(イーサオンライン)とは?協力対戦でボスに挑む「ワールドボス」が新しいMMORPG

▼アルファ版でできることはこちら▼

>>>EtherOnline(イーサオンライン)のアルファ版がリリース!ETH配分システムが実装されてるよ!

EtherOnline(イーサオンライン)人気の理由

ズバリ、儲かりそう

いま理由の人気は「儲かりそう」というのが大きいと思います。

最初はプレセールのペットが全部で10体くらいしか売れておらず、かなり悲惨なスタートだったイーサオンライン。

日本でもプレイしている人はほぼいませんでした。

ただあるシステムに気が付いたユーザーが集まりはじめ、一時期はデイリーユーザーでイーサエモンを抜くほどになりました。

まだアルファ版でバトルすら実装されていないゲームになぜ人が集まるのか?

その秘密は「ジャックポット」にあります

 ジャックポットからの配当システム

イーサオンラインの売上は「ジャックポット」と呼ばれる場所に貯まっていきます。

このジャックポットから一定のルールでETHがプレイヤーに配分される仕組みになっています。

配当システムは2パターン。

①ラッキードロー

「ラッキードロー」は一定の条件を満たしたプレイヤー全員が対象となる配当チャンスです。

具体的なルールは以下の通り。

  • 配当は1日に2回(日本時間0時と12時)
  • 1回当たりの配当額はジャックポットの5%
  • バトルパワー650以上のプレイヤーが対象
  • ランダムで選ばれた10名が配当を山分け

1回あたりの配当は最近だと0.06~0.07ETH前後です。

バトルパワーはひとことで言うと強さですね。
装備の種類やレアリティによって変動します。

装備品の購入はゲーム内で1つ0.01ETHの「宝箱」を購入すると手に入ります。

何が出るかは運なので一概には言えませんが、10~20個の宝箱を引けば条件の650は満たすことがほとんどです。

②バトルパワーTOP10への報酬

プレイヤーへの還元はラッキードローだけではありません。

バトルパワーがTOP10のプレイヤーにはさらに大きなチャンスがあります。

  • 配当は1日に2回(日本時間0時と12時)
  • 1回当たりの配当額はジャックポットの5%
  • バトルパワーTOP10のプレイヤーを対象に抽選
  • 選ばれた2名が配当を山分け

10名の中での当選確率はBPや順位によって変わってきます。

1回あたりの配当は最近だと0.4ETH前後ですね。

TOP10に入るには最高レアリティのレジェンダリー装備をいくつか揃えている必要があります。

さらに、プレセールで販売されている数量限定の「ペット」の購入が必須

※ペットはすべて「レジェンダリー」の装備としてステータスを大きく高めてくれます。

▼ブレセールでペットを購入する▼

EtherOnline(イーサオンライン)の戦略は2つ

これらの仕組みを知ったうえで、考えられる戦略は大きく2パターンになります。

ライトに参加してラッキードローを狙う

大金を課金したくない人向け。

ラッキードローの対象となるBP(バトルパワー)650以上になるように最低限の装備を揃えて、配当をコツコツ稼ぐという戦略です。

ブロックチェーンゲーマーの垂水ケイさんがこの方法で10日日で3万円ほど稼ぎました。

収益:+ 0.778ETH

支出:− 0.39ETH(10連ガチャ4回、3連ガチャ1回)

収支:+0.388ETH(1ETH=8万円として3万円)

(2018年5月7日時点)

引用:仮想通貨の稼げるゲーム「イーサオンライン(Ether Online)」のやり方をイチから解説【実績公開中】

垂水さんは先日こんなつぶやきをしていました↓

そりゃこんだけ当たれば楽しみにもなるわなって感じですよねw

イーサオンラインはじめてからは私も1日2回のドロータイムが楽しみです。

ガチ課金でバトルパワーで回収

一方で大きく投資して大きく儲けたい場合にはバトルパワーによる配当、つまりTOP10を狙っていくことになります。

リターンが大きい代わりに初期投資も大きくなります。
私はこちらの戦略で、約6.5ETH使いました。

2018年5月9日現在BP3,809で3位です。

ガチ参戦してから1週間も経ってませんが現在すでに3回当選して1.19ETH回収しています。(回収率約18%)

  1. 5月5日:0.42711ETH
  2. 5月7日:0.39545ETH
  3. 5月8日:0.36832ETH

証拠画像↓

dApps Market』というブロックチェーンゲームサイトを運営しているdapps marketさんもガチ参戦派↓

なんとBPは3,830と第2位で、1週間も経たずして投資額約6ETHのうち2ETHほどを回収しています。

日本人プレイヤーも続々参戦中

この配当システムのおかげもあり、日本人プレイヤーもかなり増えてきました

私を含め、確率1%のレジェンダリーを狙って宝箱の闇に飲まれる人も…w(皆さんは気を付けて)

また既に投資額を回収した人もおり、成績は今のところ様々ですね。

まとめ

最後に、イーサオンラインに参戦する場合の戦略まとめと初期投資の目安を記載しておきます。

あくまで目安ですので参考までに。

  • ライトに課金してラッキードローを狙う:0.1~0.2ETH
  • がっつり課金してTOP10を狙う:3ETH~

現状いちばんおススメできないのは1~2ETHくらいの課金帯ですね。

出費が大きい割にはTOP10を狙う事も難しくリターンが期待できません。

個人的には、イーサオンラインは中長期的に見れば回収の可能性はかなり高いと考えています。

しかしプレイヤー数の増減や仕様の変更など読めない部分も多いのも事実。

参戦する場合は戦略と予算をしっかり決めてからにすることを強くおすすめします。

ちなみに、5月17日には「マーケット機能」と「プレイヤー対戦昨日」が実装予定でゲームとしても盛り上がりそうです!

▼EtherOnlineをプレイしてみる▼

関連記事⇒EtherOnline(イーサオンライン)のゲーム概要や登録方法