イーサエモン(Etheremon)の歴史。少し昔の話をしよう。

こんにちは、会計士ブロガーの根本(@dujtcr77)です。

先日「2018年内のアップデート方針」が発表されさらに期待が高まる『イーサエモン』。

これまでの度重なるアプデもあり、ユーザー数をジワジワと伸ばしています。

とはいえ、最近イーサエモンをはじめた方の中にはこう感じている方もいるはず。

「あまりゲームをやっている感じがないなあ」

「本当に将来的に面白いゲームになるの?」

わかります。わかりますよ…

でもイーサエモンは何度もアプデを重ねだいぶゲームらしくなってきているのです!

そこで今回は、イーサエモンがこの1年足らずでどのように変化してきたのか、その歴史を振り返ってみたいと思います。

初期(2017年12月~2018年3月):キャッスルモードがメインだった

私がイーサエモンをはじめたのが2018年2月になります。

リリースした12月頃のことはあまり語れないので、まずは「初期」として私がはじめた頃のイーサエモンがどんなゲームだったのか簡単に紹介していきますね。

ランクモード?アドベンチャー?何それおいしいの?

さて、今ではすっかりゲームのメインコンテンツとなっている「ランクモード」。

最近実装されたアドベンチャーモードはもちろん、最初はランクモードすらありませんでした

この時のゲームプレイは以下の3つ。

  • キャッスルモード(城)
  • プラクティスモード
  • ジム

懐かしのキャッスルモード

当時のメインコンテンツはキャッスルモードでした。

キャッスルモードのルール

  • パーティーを編成してETHもしくはEMONTを使って城を建築
  • 支払った額によって「レンガ」の数が設定
  • 挑んできたプレイヤーに負けるとレンガを1失う
  • レンガがすべてなくなると城は破壊

そして一番重要なルールがもう1つ。

「相手のレベルが自分より下の場合は、レベルが4以上離れていると攻撃できない」

レベル差は3位内だけど勝てる相手を探す必要がありましたが、まあちょうど良い相手が見つかんないこと。笑

また当時はサブ垢を使ってちょうど良い相手を自ら作り、自分でその城を攻撃してひたすらレベル上げ、という「自城叩き」も行われてました。

もう今考えると色々とめちゃくちゃです。

ちなみにキャッスルモードで勝利した際に貰えるゲーム内通貨EMONTはこの時は1EMONTでした。

今はランクモードで1勝しても0.25EMONTしかもらえませんね。

今後もEMONTはその価値を保つために獲得が難しくなっていく傾向にあるようです↓

根本(私)、参戦

私が本格的にイーサエモンに参戦したのは2018年2月のことです。

この時点ではイーサエモンに対する確信はなかったのですが、

  • ブロックチェーンゲームというジャンルに大きく未来を感じていた
  • 当時のブロックチェーンゲームの中ではなんとなくイケてる感じがした

ということでとりあえず1ETHポジションを取ってみることにしました。
(この時って1ETH=10万円だったのね・・・w)

「正月犬0.5ETH高すぎワロタ」⇒「あの時買っておけば」

イーサエモンが旧正月イベントとして限定販売したバーキンドルとラフスキー。

  • 3日間限定販売
  • 進化後のモンスターは強力
  • 価格は0.5ETH
  • 最初の88人には500EMONT貰える

というなかなか魅力的な条件。

しかし、なんと500EMONT対象分が売れ残ったんですね。

今でこそそれぞれの最終進化ウルフライズとシベリゼンがランク上位でぶいぶい言わせてますが、当時は全然人気なかったんです。

「0.5ETHはさすがに高いだろ…」

とそんな雰囲気でした。

今ではマーケットにも1体ずつしか出品されておらず、価格も8ETH以上

時々「あの時に買っていれば…」という後悔を目にします。

余談

私もセール当初はスルーしました。

しかし結局パーティーの組みやすさ、強さに魅かれ後にそれぞれ2~3ETHほどで購入しています。

2018年4月:ランクモードが実装!

日本公式アカウント誕生

今では当たり前のように日本公式さんが日本語でイーサエモンの情報を発信してくれています。

でも日本公式アカウントができたのは2018年4月のはじめです。

日本公式アカウントがあると、英語が得意でないユーザーも気軽に質問や要望を投げることができます。

イーサエモンプレイヤーの割合が一番大きい日本において意見を集められないのは致命的なので、日本公式さんの登場は本当に大きかったですね。

ランクモード実装

キャッスルモードは前述のように対戦相手を見つけるのが困難でした。

また、城を立てるのにもその都度お金がかかるという課題もありました。

こういった問題を解決するために登場したのが「ランクモード」です。

近いランクの相手であればレベル関係なくバトルを行うことができ、時間経過で貯まるエネルギーで戦えるので費用も抑えられます。

ただこの時点ではバトルはオンチェーンで行われており、1回1回Gas代がかかっていたので結局それなりにお金はかかりましたね

なお、ランクモード実装を機に前述のキャッスルモードは「カジュアルモード」とサブ的な位置づけになり、最終的にはなくなりました。

ランクモードの報酬制度変更・チャンピオン報酬の実装

ランクモード実装より少し遅れて、勝利報酬の改定がありました。(1EMONT⇒0.5EMONT)

EMONTの供給量は限られており、また供給ペースを段階的に落とすことでEMONTの価値を維持する必要があるためです。

同時に「チャンピオン報酬」といって、ランキング上位5名はエネルギーを24消費することで順位に応じたEMONTを受け取れる制度ができました。

2018年5月:アドベンチャーモードに期待高まる

アドベンチャーモード

2018年5月にアドベンチャーモードの情報が発表され、また下旬からは土地のプレセールが開始。

アドベンチャーモードはその都度手数料がかかります。

土地を持っている人は自分の土地に冒険するのにプレイヤーが支払った手数料の一部を貰えるという仕組みです。

つまり、イーサエモンという世界の中で地主になることができる訳です。

初期価格の0.5ETHから倍以上での落札になった土地もありますが、結果的にアドベンチャーモードリリース7日間の収入で投資額の20%を回収するペースの売上。

今後もアドベンチャーが活発になるテコ入れは継続的に行われるため、プレセール購入者は良い買い物をしたと言えそうですね。

2018年6月:ページデザインの大幅リニューアル

ページデザインの大幅変更

イーサエモンはUIの改善を継続的に行ってきました。

ユーザーの声を拾って毎週のように小さな改善を行っているなんてこともありましたね。

その中でも最も大きなページデザインの変更が6月に行われました。

「ベースカラーの変更(青⇒緑)」「3Dデザインの追加」「バトルページの変更」など、全体的に見やすく、かつカッコ良くなり感動したのを覚えています。

2018年7月:ついにバトルにGas代がいらなくなり歓喜

待望のオフチェーンバトル!

7月には待望のオフチェーン化!

これまではバトルの1つ1つがすべてイーサリアム上で処理されていたため手数料であるGas代がかかっていました。

しかしオフチェーン化によりバトル自体は手数料なしでサクサクとプレイできるように

これによりプレイヤーの負担も大きく減り、ライト層も自分のペースでゲームを続けられる仕様になりました。

2018年8月:我慢我慢我慢

アドベンチャーモードが来…来ない?

8月の上旬はアドベンチャーモード実装の予定日!

しかし…

アドベンチャーモードはいっこうにローンチされません。

結局リリースされたのは9月上旬でした。

最先端のゲームを作っているので予想外のできごともきっとたくさんあって、開発が遅れてしまうのは理解しているつもりです。

ただアナウンスされた日程にスケジュールを合わせている人もいるので、遅れることがわかった時点で見込みで良いから情報が欲しかったですね。

モンシーカー(イーサエモンプレイヤーのこと)にとって8月は「我慢の月」となりました。

真夏のアツい議論

アドベンチャーモードが実装されずやることがなくなった影響か、この時期に非常にアツい議論が「Discordの日本人部屋」で行われました。

ランクモードの実装後に設定された「チャンピオン報酬」が7月に停止になったことで、「強いモンスターを育てる意味」が失われてしまったことが1つの原因です。(マーケットの価格も下落傾向にあった)

またモンスターのコレクション数や捕獲番号が1~3番のモンスターに与えられるバッチ付きモンスターに対する報酬やメリットも設定されていません。

「ゲームとはいえ投資の側面を持ち、大きなお金を投資しているのにリターンがあまりにも少ない」

ということを1つの主な論点として様々なプレイヤーが意見を出すことになります。

日本コミュニティマネージャーのThaiさんが意見をまとめ開発に呼びかけてくれたこともあり、冒頭でも紹介した「2018年内のアップデート方針」が発表されました。

2018年9月:さあ、冒険だ!

アドベンチャーモード実装

待ちに待ったアドベンチャーモードの「冒険」機能が9月はじめにリリース。

伝説のイーサエモンなども登場して非常に盛り上がりましたね。

なおアドベンチャーモードは、

  • 冒険
  • チャレンジ

と2つの遊び方が予定されており、9月にリリースされたのは「冒険」のみ。

「チャレンジ」は土地所有者がジムを構築し、プレイヤー(挑戦者)がジムに配置されたモンスター達にバトルを挑み報酬を獲得するモードです。

実装は11月の予定ですね。

Kyber Networkと提携!コラボモンスター「カイバーラ」登場

イーサエモンがKyber Networkとの統合で、ETH以外でも直接モンスターを購入できるようになりました。

この提携を記念したモンスター「カイバーラ」が期間限定でイーサエモンに登場します。

まとめ

ほぼ趣味で、自分が楽しいのでこのイーサエモン歴史記事を書いてきました。

ただ新規プレイヤーの皆さんもイーサエモンの軌跡を知ることで、今後の成長に期待ができるかなという想いもあり、何かの参考になれば幸いです。

今後も、アップデートのスケジュールが盛りだくさんです。

①11月初〜中旬
・ランクモード刷新
・チャレンジモードリリース
→パーティーを作っての対戦をより楽しめるようにします。

②12月初旬〜中旬
・クエスト、アチーブメント報酬導入
→トップランカーやバッヂ付きモンスターへ報酬、メリット付与をします。

③12月下旬
・リーグ戦、トーナメント戦リリース
→プレイヤー同士の直接対決を楽しめるようにします。

引用:イーサエモン開発の方向性とスケジュールに関して

これから、イーサエモンがどんな歴史を作ってくれるのか楽しみですね!

▼『イーサエモン』をプレイする▼