Crypto And Dragons(クリドラ)のプレセールが開始!ファミコン世代の心をつかむブロックチェーンゲームが登場

こんにちは、会計士ブロガーの根本(@dujtcr77)です。

今回は本日プレセールがはじまった『Crypto And Dragons』(クリプトアンドドラゴンズ、略してクリドラ)というブロックチェーンゲームを紹介します。

『Crypto And Dragons』は色んな意味でこれまでとは違った期待のブロックチェーンゲームになりそうです。

Crypto And Dragons(クリプト アンド ドラゴンズ)とは

ゲーム概要

『Crypto And Dragons』はイーサリアム上で動くモンスター育成バトルゲームです。

クリドラの遊び方

  • モンスターを収集、育成する
  • 軍団を作って他のプレイヤーとダンジョンを奪い合う
  • 支配したダンジョンはモンスターの収集や育成に使える
  • モンスターを売買する など

プレイヤー同士でモンスターを戦わせるのがメインですが、ダンジョンを奪い合うというバトル以外の戦略的な要素もあるようです。

ゲームの結果によって独自トークン「DTT(Dragon Treasure Token)」が貰えるため、うまくやればトークンを稼ぐこともできます。

また「Toshi」「Trust」「Cipher」などにも対応しておりスマホでもプレイ可能なのが大きな魅力の1つです。

日本語にも完全対応

『Crypto And Dragons』は日本語にも完全対応しています。

というのも当然で、開発は日本人チームで行われています。(直接確認しました)

日本国内だと法的な位置づけが不透明ということで海外法人での運営をしているようです。

バトルシステム

バトルは、開始前に行動(スキル)を指示するシステムです。

自分のチームの中からモンスターと使うスキルをあらかじめ「アタックスロット」というスロットに設定↓

バトルを開始するとオートでバトルが繰り広げられます↓

ゲームはしっかりBGMもついていて雰囲気が出てます。

▼Crypto And Dragonsを見てみる▼

Crypto And Dragons(クリプト アンド ドラゴンズ)の注目ポイント

「後発」優位性

よくブロックチェーンゲームは「先行者優位」と言われます。

これはプレイヤー側にもゲーム開発者側にもある程度当てはまることです。

しかし必ずしも早い者勝ちかというともちろんそうではありません

『Crypto And Dragons』開発チームはこれまでのブロックチェーンゲームが抱えてきた問題をしっかり把握しています

この問題を解決する形でゲームをリリースし、我々プレイヤーの不満を解消させる。

「後出しじゃんけん」をすることで人気を獲得できる可能性があると思っています。

ファミコン世代の心をつかむ

このキャラクターのデザイン、いいですよね~。

ドット絵な感じとかもろにファミコン世代の心をグッとつかみます。

バトルシーンやBGMもそれっぽくて好きです。

実際にTwitterでも「ドット絵がいい」「ファミコン世代直撃」とかなり評判が良いですね。

▼Crypto And Dragonsのプレセールに参加する▼

 

Crypto And Dragons(クリプト アンド ドラゴンズ)プレセール

プレセールは2種類あります。

  1. 限定モンスターのオークション
  2. 特別なモンスターの卵

①「火竜ゴスモッド」のオークション

ゲーム内で1体しか存在しないモンスターがオークション形式で販売されます。

  • 日本時間2018年5月7日0時スタート
  • 値段は0.2ETH~

落札価格が大きければ大きいほど「遺伝値」というモンスターのポテンシャルが高くなるようです。
(遺伝値は25.5ETHで最大)

②卵のプレセール

オークションとは別にモンスターの卵も1つ0.1ETHで販売されています。

プレセールの卵から産まれるモンスターも遺伝値が高い(=強いモンスターに成長しやすい)ようです。

「ゴールドライトニングエッグ」と「プラチナシャイニングエッグ」と2種類あります。

出現するモンスターのラインナップが異なるだけで優劣がある訳ではないようです。

また、エアドロップ(無料配布)やアフィリエイトで得られた独自トークンDTTを使って「ブルースターエッグ」の購入も可能

こちらも遺伝値が高くなりやすいようでうね。

他のゲームを見ていてもプレセールで購入したキャラやアイテムはリリース後に有利になることが多いです。

▼Crypto And Dragonsのプレセールに参加する▼

Crypto And Dragons(クリプト アンド ドラゴンズ)プレセール参加方法

①登録には「仮想通貨ETH」と「MetaMask」が必要

Crypto And Dragonsはイーサリアム上で動くゲームで、プレイするには仮想通貨ETHが必要です。

まだETHを持っていないという方は国内の仮想通貨取引所「Zaif」で購入するのが手数料も安くておすすめ。

ZaifでETHを購入したら、「MetaMask」というイーサリアムウォレットにETHを移せば準備完了です。

「MetaMask」の導入・使い方は簡単です。
やり方は別の記事にまとめているので参考にしてみてください。

>>>MetaMask(メタマスク)の使い方と導入方法~イーサリアムのおすすめウォレット~

②「Crypto And Dragons」の公式サイトへ

公式サイトのページ下部で卵を購入することができます。

>>>クリドラ公式サイトはこちら

購入したい卵を選択すると数量を決めるウィンドウが出てきます↓

数を決めて「購入」を押し、MetaMaskなどで購入を決定すれば終了です。

トランザクションが完了するとマイページに購入したモンスターたちが並びます↓

まとめ

私はとりあえず「ゴールドライトニングエッグ」と「プラチナシャイニングエッグ」を5つずつ、計1ETH分購入

あとは事前にエアドロップでもらったDTTで2体モンスターを引いて計12体です。

この2体はデザイン的に好きなので特に大事に育てたいと思います!

日本人が開発しているということもあり、日本のツボをうまくついてきてくれるのではと期待ですね。

卵はそれぞれ500個売れるごとに0.05ETHずつ価格が上がっていくので、購入はおはやめに。

▼Crypto And Dragonsのプレセールに参加する▼