落語『初天神』あらすじ・解説

こんにちは、アフリカ在住ブロガーのぴかりん(@dujtcr77)です。

今回は落語『初天神』の紹介をします。

あらすじ

金坊
嬉しいなあ。

今日はお父っつあんと初天神にお出かけだ。

せっかくの休みに初天神詣でに行こうとしたところ、子どもが帰って来て「連れてって」。

我が子ながらに手に負えない駄々っ子で、すぐにモノをねだる。
きょうばかりは絶対に、あれ買ってこれ買ってというな。約束だぞ。
そういって天神様の参道へ。

感心にも今日はモノをねだらない。

金坊
お父っつあん、今日は何か買ってって言わないだろ。

イイ子だろ!

熊五郎
ああ、いい子だな
金坊
イイ子だからさ、提案があるんです
熊五郎
ん、何だい?
金坊
イイ子な金ちゃんにご褒美に何か買ってあげたらどうでしょう?
熊五郎
やっぱり出やがった!ダメだ。
金坊
そんなこと言わずにさあ、見て、あそこの飴買って。ねえ、買ってー!!!

大声を出す金坊に注目する周りの人たち。
これだから連れてくるのはイヤだったんだ。

しょうがなく飴玉をひとつ買ってやった。

子どもは飴に夢中になって歩く。
水たまりに足を入れそうになったので避けさせようと父親は金坊の体を強く押した。

金坊
ああ、お父っつあんがぶったから飴玉落としちゃった!
熊五郎
なに?どこへ?
金坊
お腹ン中

バカなことを言いやがって。
かと思ったら次は団子だ。

金坊
ねえ、団子買って
熊五郎
買わねえって言っただろ!ったく、これだから連れてくるのはイヤだったんだ。
金坊
別に1,000本や10,000本買ってって言ってるわけじゃないんだ。1本だよ?

団子1本買ったら家の屋台骨は揺らぐんですか?

熊五郎
うるせえな、買わねえって言ってんだろ、馬鹿野郎
金坊
あーあ、竹ちゃんの家に産まれれば良かった。

竹ちゃんのお父っつあんだったらきっと団子買ってくれるのになあ

熊五郎
オレも子供が竹ちゃんなら買ってやるんだよ。
金坊
買わないでいいんだね…

みなさーん、この人は人さらいでーす!人殺しー!!

熊五郎
馬鹿なコト言うんじゃねえ!

わかったよ、買ってやるよ!

次は凧が欲しい。
断ればまた大騒ぎだろう。

大きな凧を買って、参詣そっちのけで凧揚げがはじまった。

子どものころ凧揚げが得意だった熊五郎は見事に凧を天にあげた。

金坊
お父っつあんすごい!

ねえ、ボクにも持たせて!ねえ、貸して!

熊五郎
向ういってろ!ここが難しいところなんだ!
金坊
なんだよ…

こんなことならお父っつあん連れてくるんじゃなかった。

解説

結局は親子似たもの同士。
噺が展開されていくうちに子供のあるがままの童心と大人の中に眠っていた童心が次第に区別がつかなくなる様が面白いです。

春風亭一之輔の得意とする演目

春風亭一之輔さんの得意とする噺で、憎たらしい子供と父親のテンポの良いやり取りがたまりません。

ずっとケタケタ笑いながら聞いてられます。

こちらのページから実際に一之輔さんの高座を観ることができるので是非チェックしてみてください。

オリジナル動画 – 超入門!落語 THE MOVIE – NHK

つぎにおススメ!

落語『死神』あらすじ・解説~初心者でも楽しめる落語~

年末に聞きたい古典落語『芝浜』あらすじ・解説

落語『元犬(もと犬)』あらすじ・解説

落語を題材にしたおススメ作品まとめ。江戸時代以来の「平成落語ブーム」に乗り遅れるな!

寄席で落語を聞こう!東京都内にある4つの定席寄席をすべてレポート!

 

 

 

記事をはてブ、Facebook、twitterなどで拡散してもらえると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA