カラフルで見ているだけでも楽しい!ラオスの首都ビエンチャンのお土産(雑貨)屋さん9選

こんにちは、ルワンダ会計士ブロガーのぴかりん(@dujtcr77)です。

今回はラオスの首都・ビエンチャンでおすすめのお土産屋さんを紹介します。

アクセスについて
各ショップの場所は、記事の最後の地図にまとめてますのでそちらをご参照ください。

Saoban Craft

竹で作られた小物や、ラオシルクやラオコットンのショール、藍染のカバン・クッションカバーが豊富にあります。

また不発弾の銀からつくられたアクセサリーも取り扱っています。

【営業時間】
9:00−20:00(日曜定休)

公式ホームページはこちら

True Colours

ホアイホン職業訓練所で作られた製品を販売しているお店。

【営業時間】
11:00−19:00(日曜定休)

公式ホームページはこちら

Kheua Mai Handicraft

ラオスの洋服やTシャツから小物雑貨まで幅広い品揃え。

ビーズを使ったカトゥ族の布製品も販売しています。

【営業時間】
10:00-20:00(日曜定休)

公式ホームページはこちら

Indigo Lao

ラオス各地の布を取り扱っています。

地球の歩き方』にも掲載されている人気店。

【営業時間】
10:00-20:00(日曜定休)

 Cama Handicraft Store

地球の歩き方』では”Mulberries” として紹介されています。
モン族の刺繍工芸品やマルベリーを使ったシャンプーや石鹸など取り扱っているフェアトレードのお店。

色ごとに並べられた商品がおしゃれな店内は眺めるだけでも満足できちゃいます。

【営業時間】
10:00−18:00(日曜定休)

公式ホームページはこちら

Mixay Boutic Art of Mekong

シルクのネクタイやショール、キッチンで使える布製品、洋服まで布製品が豊富。

ルアンパバーンにもお店があり、またネットショッピングもやっています。

ネットショッピングのサイトを見てみる⇒Mixay Boutic

【営業時間】
9:00-20:00(日曜定休)

公式ホームページはこちら

Birds Follow Spring

おしゃれな店内ではアクセサリーや木でできた家具を扱っています。

【営業時間】
月13:00−17:30
火〜金10:30−18:00
土14:00−18:00
(日曜定休)

公式ホームページはこちら

Her Works

ラオスの生地でつくられた服を扱うアパレルショップ。

セタティラート沿いにも店舗があります↓

【営業時間】
9:00−21:00

公式ホームページはこちら

Le Trio

オシャレなカフェの店内にある雑貨屋さん。

ルアンパバーンで作られた雑貨が多い。

【営業時間】
8:00−16:00

公式ホームページはこちら

地図・アクセス

さいごに

いかがでしたか?

ラオスのお土産はどれも色鮮やかで、見ているだけでも楽しくなってしまいます。

お土産を買うのはもちろん、雰囲気を楽しむためにもいくつかのショップをまわって見ても観光としておもしろいのでおススメです!

 

その他のラオス情報はこちらからどうぞ⇒ラオス旅行情報まとめ (おすすめゲストハウス、カフェ、持ち物、ラオス語、旅行記)