BITPoint(ビットポイント)の評判やメリット・デメリットは?初心者~上級者まで使い分けできる仮想通貨取引所

こんにちは、会計士ブロガーの根本(@dujtcr77)です。

今回はいま日本でもっとも勢いのある仮想通貨取引所『BITPoint(ビットポイント)』を紹介します。

BITPoint(ビットポイント)の概要

運営会社概要

・会社名:株式会社ビットポイントジャパン
・住所:〒106-6236 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー36階
・設立:2016年3月3日
・代表取締役:小田 玄紀
・資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)

BITPointは2016年設立と比較的新しい会社ですが、最近利用者を大きく伸ばしている取引所です。

サッカーの本田選手がイメージキャラクターに就任したことでも話題になりました。

BITPOINT

話題性だけでなく「仮想通貨交換業者」にも登録しており安心して利用できる仮想通貨取引所の1つです。

▼BITPoint公式ページからはじめてみる▼

BITPoint(ビットポイント)のメリット

初心者にもトレード上級者にも嬉しい使いやすさと充実ツール(MT4)

BITPointを使ってみてすぐに感じるのは、とにかく使いやすいということ

「どこに何の情報があって」「どこで何ができるのか」が一目でわかります。

BITPointのホームに表示される情報は必要最低限のもので、これなら初心者も迷わず操作ができます。

では上級者には物足りないのかというとそんなことはありません。

取引に必要なあらゆる情報を一覧でチェックできる「BITPoint ADVANCE」というWEBツールや↓

FX専用の取引ツールとして人気の「Meta Trader 4」を使った本格取引も可能↓

多機能ながらも、初心者~上級者まで自分のニーズに合わせてトレードできるのが最大の魅力です。

スマートフォンアプリで外出先でもトレード可能

BITPointは使いやすいスマホアプリ「BITPoint Lite」もリリースしています。

急な相場の変動時などに、外出先でも対応できるのは安心で便利ですよね。

取引手数料や入出金手数料が無料

これだけ多機能なのに、各種手数料が無料なのも嬉しいところ。

取引手数料が完全に無料なだけでなく、仮想通貨取引所にしては珍しく出金も無料です。

手数料も積み重なると意外と大きな金額になってしまうので馬鹿にできません。

外貨との通貨ペアやFXで取引の幅が広がる

BITPointは日本円だけでなく、USD・EUR・HKDもビットコインと通貨ペアになっています。

また、2倍・5倍・10倍・25倍のレバレッジ取引も可能。

状況の変化が激しい仮想通貨相場において選択肢が多いことは有利に働きます。

▼BITPOINT公式ページからはじめてみる▼

BITPOINT(ビットポイント)のデメリット

取り扱い通貨の種類が少ない

仮想通貨の取り扱いは以下の5種類。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコイン・キャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

特別多い訳ではないので、幅広い通貨をトレードしたい人には少し物足りないかもしれません。

出来高が多くない

最近注目を浴びて伸びてきてはいるものの、まだ取引高はそこまで多くないですね。

そのため取引が成立しにくかったり、スプレッドが大きい傾向もあります。

この点についてはこのまま成長を続けることである程度の改善を期待できる部分ではあります。

BITPOINT(ビットポイント)の評判・口コミ

まだまだ「難しい」「怖い」というイメージを払拭しきれない仮想通貨取引。

そんな中でBITPointはその安全性や使いやすさを評価する声が多く見られますね。

まとめ

ここまでの情報を踏まえて、さいごにBITPoint取引所がおすすめな人をまとめます。

こんな人におすすめ

✔ わかりやすいながらも多機能⇒初心者~上級者までレベルに関係なくおススメ!

✔ 各種手数料が無料⇒少しでもお得に取引したい人におススメ!

✔ 外貨ペアやFXもアリ外貨FXなどもやっている人におススメ!

安心して使うことのできるBITPoint。

サブの取引所としての利用はもちろん、これから仮想通貨をはじめる人にもおすすめできる取引所です。

▼BITPOINT公式ページからはじめてみる▼