イーサタウン(ETH.TOWN)ベータ版をプレイしたよ!ゲームの雰囲気を速報でお届け!

こんにちは、会計士ブロガーの根本(@dujtcr77)です。

私が一番注目しているブロックチェーンゲームの1つ「イーサタウン(ETH.TOWN)」のベータ版がプレイできるようになりました!

クローズドのベータ版で、抽選で当たった人かメディア枠として招待された人しかプレイできません。

ありがたいことにメディア枠としてプレイさせて頂けることになりました。

  • ベータ版で感じた課題…
  • イーサタウンが今後盛り上がるためには…

という細かい話は置いといて。

抽選で外れて様子が気になっている方も多いかと思います。

そこで今回はプレイ速報としてベータ版の様子を紹介してきたいと思います。

イーサタウンβ版のフロア

イーサタウンにはゲーム内にたくさんのフロアが並んでいて、フロアごとに異なるゲームが開催されています

自分の遊びたいフロアを選んでプレイするのが主な遊び方になりそう。

ベータ版ではどんなフロアがあるかざっと紹介していきますね。

(※フロア名の翻訳はオリジナルです)

タイタンズ アリーナ(Titans Arena)

プレイヤー同士のバトルゲームです。

こちらは今回のベータ版でプレイできるようになったコンテンツの1つ。

「タイタンズアリーナでのバトル」の章で少し詳しく紹介しますね。

地獄の大窯フロア(Infernal Cauldrons)

ブレセール中に開催したギャンブルゲームもベータ版でプレイできます。

ベータ版でプレイできるのはこれと「タイタンズアリーナ」の2つです。

メタマスクオフィス(MetaMask Office)

ベータ版では2つのフロアセールも行われています

こちらの「メタマスクオフィス」です。

ホワイトハウス(White House)

もう1つ、セールを行っているのが「ホワイトハウス」。

よくわかりませんが両方とも購入しておきました。笑

また、ここまで紹介した以外にも順次以下のフロアが解放されていくようです。

アドベンチャーフロア(Adventures Floor)

ベータ版で来週からプレイできるようになる予定。

サトシナカモトエリア?(フロア名不明)

こちらももうすぐ。

5月22日にリリースしそうな雰囲気です。(今日?w)

ザ・ダオ ハッカーフロア(The DAO Hacker’s floor)

プレセールで販売されたハッカーフロア。

こちらは完成版のゲームリリース時に実装されるようです。

バックトゥザフューチャー(Back to the Future)

ハッカーフロアがあまりに人気ですぐに完売してしまい、追加プレセールが行われた「バックトゥザフューチャー」フロア。

こちらも正式リリース後ですね。

イーサストックフロア(EtherStocks floor)

先日、仮想の株式をトレードする「EtherStocks」と提携が発表されました。

そのコラボフロアもあるようですが、リリース時期は未定。

その他のフロア

その他、名前やリリース時期などは不明ですがいくつかのフロアが設置されています。

Googleオフィス↓

あの方がまったり↓

ショップのようなフロアも↓

タイタンズアリーナでのバトル

概要

現在ベータ版でのメインコンテンツである「タイタンズアリーナ」。

バトルは事前にコマンドを選択する方式です。

「攻撃」「防御」「トリック」と3つのコマンドをラウンド1~3のそれぞれで選びます。

3つのコマンドはじゃんけんのように「攻撃>トリック>防御(>攻撃)」という相性関係があります。

とりあえずベータ版をプレイできる嬉しさのままにラウンド1~3まで全部「攻撃」で出撃してみました。

勝てましたw

勝つとトロフィーとスターが貯まっていくようですが、これが何に関係してくるかはまだわかりませんでした。

装備

ステータスを上げる装備品も販売されています。

明らかに1つ、私を誘っている武器があるような・・・・w

もちろん武器は馬買いました。

「鬼に金棒」ならぬ「馬に馬棒」ですね。

その他の機能

トークン保有状況・配当状況

イーサタウンの大きな魅力の1つ、配当。

インベスタートークン(ETIT)というゲーム内の独自トークンを保有していると収益の一部が配当されます

私は7,000ETITほど持っています。(全部言っちゃうスタンス)

わずか数十人が数日プレイしただけで0.146ETHも配当が貯まってました

夢がありますね。

保有しているトークンの数によって10段階の称号が与えられるようです。

私は「Mayor」でした。

市長です。

なんか微妙だね!

※この記事を見てくれている全市長に申し上げたいのは、「市長が微妙」という少し韻を踏んだディスをしたい訳でなく、レジェンドの次が市長というのが納得感がないということです。

アチーブメント

イーサタウンでは「5人を招待する」「フロアを1つ所有する」のようにいくつかのミッションが設定されています。

ミッションをクリアすることでゲーム内トークンのETITがもらえるようです。(現在未実装)

ソシャゲなどでもこういったミッションはありますが、やり込み要素にも繋がるので嬉しいですね。

他のプレイヤーの報告ツイートもチェックしよう

イーサタウンのベータ版プレイの様子はTwitterでもチェックすることができます。

「#イーサタウンβ版」

というタグを使ってみなさんが発信してくれてるので、チェックするとそれぞれの視点での発信が見れて面白いかもしれません。

まとめ

少しでも雰囲気は伝わったでしょうか?

今回は速報版としてお伝えしてきました。

来週リリース予定の「アドベンチャーフロア」など追加コンテンツも含めてもう少しじっくりプレイしてからベータ版まとめ記事も書こうかと思います。

プレイできない方はもどかしい気持ちもあるかと思いますが、Twitterやこのブログで発信していくので楽しみにしていてください!

▼OpenSeaでイーサタウンのヒーローが購入できます▼