【協力隊の生活費】3月の生活費を大公開!

皆さん、協力隊が毎月どれくらいのお金で生活しているかご存知でしょうか?

今回は私の2016年3月の生活費を大公開!

月にいくらなのか、予想してみてから以下の結果をどうぞ!

1JPY=6.5RWF(ルワンダフラン)で計算。

食費:88,850RWF(13,669円)

Jpeg
(写真は私の街で唯一ちゃんとしたごはんが食べられるレストランのランチ。約80円)

内訳

【朝食】9,850RWF(1,515円)
朝は買い置きしてあるパンを食べています。週に2,3回ロングライフ牛乳も飲んでだいたいこのくらい。

【昼食】40,000RWF(6,154円)
基本外食。平日は現地レストラン(1回80円~150円程度)。休日はたまにタウンのレストランで気分転換しながらちゃんとしたもの食べます。

【夕食】39,000RWF(6,000円)
夜はお手伝いさんに料理をお願いしているのでそんなにかからないはずですが、最近は現地の人と会話するため積極的に外食しているため思ったよりもかかりました。

ミネラルウォーター:12,300RWF(1,892円)

お腹が敏感な方なので、口に入れる水(飲む、歯磨き)はミネラルウォーターを使用しています。

交際費:24,900RWF(3,831円)

Jpeg

先輩隊員の送別会、ホームパーティー、大家さん達との飲みなど。

カフェ代:26,500RWF(4,077円)

Jpeg

私の家はネット環境が極めて悪く、頼みのセクター事務所Wi-Fiも原因不明の接続不可。

週末はタウンに出てカフェでこもって作業していることが多いです。

なのでカフェ代金というより作業スペース代といったイメージでしょうか。

馬鹿になりませんね…事務所のWi-Fi復旧はよ!

ニワトリ:12,100RWF(1,862円)

Jpeg

内訳

【ニワトリ2匹(ティナちゃんとフェオ君)】10,000RWF(1,538円)
ニワトリ2匹で8,500RWF。お手伝いさんに買いに行ってもらったので渡した交通費1,500RWF。

【エサ代】2,100RWF(323円)
卵を産むペースが落ちているので赤字な気がしますが可愛いので問題ないです。ストレス溜まったらニワトリ見てます。

固定費:34,999RWF(5,384円)

内訳

【Wi-Fiルーター】24,999RWF(3,846円)
これが高いんですよね(^_^;)
家ではあまり活躍しないので解約もよぎりましたが、いざという時の連絡手段を考えると残しておいた方が良さそう。

【お手伝いさん】10,000RWF(1,538円)
掃除、洗濯、夕飯の準備の合計です。やはり人件費が安すぎる。

その他:14,900RFW(2,292円)

プリペイド式の電気代(5,000RWF)・電話代(2,000RFW)やバス代(1,400RWF)、その他雑費。

合計:214,549RWF(33,007円)

という訳で合計33,007円でした!

皆さんの予想はいかがだったでしょうか?

そんなに無理して節約をしていたつもりはないのですが、田舎であることも手伝いかなり安く抑えることが出来ました。

JICAに実費を支給してもらっている家賃やガーディアン代は含めていませんが、これらを含めても合計で8万円くらいです。

こう考えると、ルワンダに住むには年間100万円が一つの目安になりそうですね。

 

このブログを購読する

この記事をシェアすると幸せになるとか、ならないとか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA