オジサンと2人っきりでデート ?ルワンダの遊園地を貸切りで遊んだった。

こんにちは、根本(@dujtcr77)です。

皆さんご存知だったでしょうか?ルワンダに遊園地があるということを。

「ルワンダの遊園地」と聞いてどんなものを想像するでしょうか?

今回はルワンダの遊園地をオジサンと2人で貸切りデートしてきたので、その様子をレポートしたいと思います。

ルワンダの遊園地『BAMBINO SUPERCITY(バンビーノスーパーシティ)』へ

昨日は首都キガリに上がって来ていて、日中時間があったのでルワンダの遊園地に1人で遊びに行ってきました。

レメラのバスターミナルからタクシーで約15分ほど東へ進むと『BAMBINO SUPERCITY(バンビーノスーパーシティ)』というテーマパークに着きました。

ワクワクする気持ちをおさえてタクシーを降り、中に入ります。

誰もいない。

客も、従業員も、とにかく人がいない。広大な敷地にはシュッとした鳥が数羽と日本人ボランティアがひとり。

めげずに5分ほど歩くと第一村人発見。

名前が可愛い過ぎるオジサン「パピ」

Jpeg

写真は従業員のパピさん。

これまで出会ったおじさんの中で1番名前がカワイイおじさんです。

やっぱり「ぱ行」ってかわいいですよね。「ピカチュウ」とか「きゃりーぱみゅぱみゅ」とか、「ぷっかぷか」とか。

パピさんの名前「ぱ行」だけで構成されてますから、そりゃ可愛いくなりますよね。

私以外にお客さんがおらず、パピさんが付きっ切りで遊園地を案内してくれたので、結果的に私は遊園地を貸し切りでルワンダ人のオジサンとデートした形になりました。

パピさんから色々聞いて情報をまとめました。私とパピの愛の結晶をご覧ください。

ラインナップ

スウィングアラウンド

Jpeg

イスに乗って宙をグルグルと回るやつです。

1人500RWF(ルワンダフラン)、80円くらいで5分間回り続けます。(長い)

あと「スウィングアラウンド」って名前カッコイイですね。少し中二病っぽい感じが好きです。

クリシェント

Jpeg

半円状のレールの上を乗りものが行ったり来たりします。5分間(長い)。

乗り物の足元にはボタンのようなものがあって「これを押したらどうなるの?」ってパピさんに聞いたら何も言わずにニヤニヤしてました。

1人1,500RWF(約200円)です。

UFO

Jpeg

勘の良い読者の方は予想出来ちゃってるんじゃないでしょうか?

はい。そうですね。5分間回り続けます。

これも1人1,500RWF(約200円)。

バンピングカー

Jpeg

1台2,000RWF(約300円)払えば、この狭いフィールドをミニカーで5分間自由に走り続けることができます。

1台に2人乗ることができますが、料金は1台あたりなの(約300円)で1人で乗っても2人で乗っても変わりません。

レーシングカー

Jpeg Jpeg

今度はレーシングカーです。これも1台あたり2,000RWF(約300円)。

…え?

どうせ5分なんでしょって?いや、これだけ何故か3周したら終了です。

スモールトレイン

Jpeg

これも500RFW(約80円)で5分間遊べるんですが、そんなことどうでもよくなるくらい気になることありますよね?

なんかミッ〇ーマウスみたいなやつと、顔が真っ白なくまの〇ーさん、機関車トー〇スみたいなのに挟まって、変なキリンがいます。

ミッ〇ーと〇ーさんは乗り物に乗っていて、トー〇スは機関車だからよいとして、コイツ何者でしょう?車体から直接クビが伸びています。

根本「…ねえパピさん、もしかしてこの遊園地って中国人が作った?」

パピ「イェゴ(そうだ)」

次に行きましょう。

ヘリコプター

Jpeg

…どうやらこれは普通のヘリコプターのようですね。

なんでトレインだけゴリゴリにパクった攻めたんでしょうね。

500RFW(約80円)で5分間です。

トランポリン

Jpeg

急にトランポリン!渋いですね。これは無料です。

せっかくなんで遊んでみました。

「飛んでるところを撮って!」とお願いしたらこうなりました。

Jpeg

「伝わるだろう」と思っていた当たり、わたしもまだまだですね。パピは間違ってません。お願い通り飛んでいるところ撮ってくれました。

今度からは「飛んでるところを全身とトランポリンが納まるように撮って」と言わなければいけません。

他の場所でもパピに写真をお願いたらこうなりました。

Jpeg

もし写真がとても大事なものだと思うのでしたら、「あ、自分の指は入らないようにね」とも付け加えなくてはなりません。

ウォーターゲーム

Jpeg

これも1,000RFW(約80円)で5分間。

車でグルグル回りながら、中央にそびえたつ岩に張り付いてる丸い的を水鉄砲で狙います。

ディズニーのバズライトイヤーみたいなイメージです。

「的に当てると何がどうなるの?」って聞いたらパピは3秒ほど考えて「当てた人が喜ぶ」って言ってました。

バンピングボート

Jpeg

水の上をモーターの付いたこの丸っこい乗り物で5分間ブーンってできます。2,000RWF(約300円)で5分です。

ちなみに週末は、これらの乗り物すべてに乗れる5,000RWF(約800円)のワンデイパスポート的なものがあるようです。

なお、金額については料金表のようなものはなく全て口頭での説明であるため、皆さんが行った際は条件が変わっている可能性があります。事前にご確認下さい!

バンビーノから目が離せない

「え、遊園地に行ってトランポリンしかやってないの?乗り物実況してよ!」と不満に思っている方がいたら申し訳ございません。

停電中でほとんどの乗り物は動きませんでした。

色んな意味でアフリカらしさを垣間見せてくれた『バンビーノ スーパーシティ』。

私が行ったのは平日だったため貸切りでしたが、週末は家族連れでにぎわうそうです。たしかに子供はけっこう楽しめそうですよね。パピさん曰く「1,000人近く押し寄せる」そうです。

そしてなんとこの12月から新アトラクションが6つも追加されるとか。本物の馬に乗ったりすることも出来るようです。実際に馬小屋の建築が行われていました。

これからもルワンダの遊園地『バンビーノ スーパーシティ』から目が離せません!

この記事をシェアすると幸せになるとか、ならないとか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA