Profile

Jpeg

はじめまして、アフリカ在住ブロガーのぴかりん(@dujtcr77)です。

私の生い立ちから今まで、詳しいプロフィールを書いてみました!

生い立ち

1987年12月31日。

母親の胎内にて「1987年の大晦日」と「1988年の元日」どちらに産まれるか迷った挙句、
「お年玉と誕生日プレゼントを一緒にされると困る」という打算で大晦日に産まれる事を決意。

このときは、将来クリスマスプレゼント誕生日プレゼントお年玉を一緒にされる日が来るとはまだ知らず、
この世に生を受けた喜びを噛みしめる。

学生時代

柔道

「我が子に根性をつけなければ」

という理由で小学1年生で柔道を始めることに。
しかしまったくハマらない。

結果、根性がつくどころか小学校低学年にして「ちょっと気持ち悪いんで休みやす」と仮病を習得
親の企みは裏目にでる。

ある日、柔道の大会で幼稚園時代の友達と試合であたる。
試合がはじまり、友達だからとニヤニヤしながら相手に近づいたら一本背負いで瞬殺される。引退を決意。

ソフトテニス

中学に入りソフトテニス部に入部。
夢中になる。

自分より上手い人がいるのはもちろん、
自分より先に誰かがコートに来ていることも嫌だった。

誰よりも早くコートに行ってひたすら練習。
顧問の先生も厳しかったので練習はキツかった。

途中で嫌になることもあったけど、頑張って良かったと思えたテニス部時代。
この柔道とソフトテニスの対比から
「その瞬間は辛くても本当に頑張った経験は自分の中で良い思い出自信になる」
「反対にその瞬間だけラクしたり楽しい事は後に残らない」

という事を学ぶ。
そう考えると柔道をやったのも良かったかもしれない。

監査法人勤務

在学中に公認会計士試験に合格し、卒業後は監査法人トーマツで会計監査業務。

繁忙期はほんとうに忙しいけど、閑散期はまとまった休みがとれる。
思いっきり働き、思いっきり遊びたい自分にはピッタリの職場だった。

社内・社外でたくさんの人に出会い、話すうちに
「将来は起業したい」という漠然とした夢が
「世の中をよくするために生きたい」とさらに漠然とする。

考え抜いた結果、「良い世界」とは
「1人でも多くの人が自分の夢を持って、それをキラキラした目で追いかけることのできる世界だ」
という結論に至る。

その第一ステップとして、夢を持つポテンシャルを持っている人はたくさんいるはずなのに、
貧困・インフラ・教育制度などの制約により夢を持つことが出来ない人の多い地域・アフリカに興味を持つ。

最後まで会社のことは好きだった。
でも3年前後で辞めようと思っていたので結果2年半勤めて退職。

その後は約1年トーマツの外部協力者として繁忙期に手伝わせてもらいつつ、
自分でもいくつか仕事を掛け持ち、フリーランス的な働き方をする。

ルワンダに恋に落ちる

アフリカの経済状況、歴史、ビジネスチャンスなどを調べているとき、ルワンダという国と出会う。

「あ、俺ここだ」
半ば直感でルワンダに行くことを決める。

青年海外協力隊に応募をして結果通知を受け取る。
結果は合格。派遣国はルワンダ。

「あ、やっぱり俺ここなんだ」
ここで確信に変わった。

協力隊としての活動

こういう訳で2016年1月よりルワンダで青年海外協力隊として活動しています。

「ルワンダ?どこ?どんな国?」
って感じでしょうか?

もしくはご存じでも、
「ジェノサイドがあった国だよね?危険なんじゃない?」
という印象をお持ちの方が多いのではないでしょうか。

・東アフリカに位置し、地図でルワンダを指さすとその指で隠れてしまうくらい小さな国ルワンダ(面積は四国の1.4倍ほど)。
・今アフリカで最も急速に発展している国の一つであるルワンダ
・確かに悲しい歴史を持ちながらも温厚な人が多く平和な国ルワンダ

そんなルワンダの魅力を自身の協力隊活動と絡めながらアツアツでお届けしていきたいと思っています!

こんなこと考えて活動してます。

「ビジネスを通じてアフリカから世界を変える」という夢を抱えて2016年1月からアフリカのルワンダという国で活動中です。

もともとは会社を辞めてすぐにルワンダに行って自分でビジネスを始めようと思っていました。

しかし一つの懸念がありました。

「自分の利益を優先し、ルワンダの人が喜ばないビジネスをしてしまうのではないか」

会社を存続させるためには利益を出すことが前提条件となります。
さらに自分の生活もかかっている。

現地をよく知らないまま、現地の人が喜ぶようなビジネスをすることなんて出来ないんじゃないか。
そう思い、まずはビジネスではなく現地をよりフラットな目線で見ることが出来るように「ボランティア」という形を選択しました。

2年間の活動で見えてきたものを形にするために、帰国後は再びルワンダに帰ってきて自分でビジネスを始めるつもりです。

なので長期的な目標は十何年、何十年先にありますが、まずはこの2年間じっくりルワンダという国で活動をして、
「ヒカルが来てくれて本当に良かった。また是非ルワンダに戻ってきて欲しい」
と言ってもらえる存在になっていたいと思います!

趣味

  • 読書
  • 海外ドラマ、映画鑑賞
  • 勉強
  • 筋トレ
  • 動物の世話
  • ブログ
  • 落語

ブログについて

はじめは、日本人にはあまり知られていない「ルワンダ」のことを発信してもっと知ってもらいたい。

そんな思いでこのブログをはじめました。

でも次第に自分の心が動いた事、自分が知っている事でもし少しでも人の役に立てるんだったらなんでも書いていこう!
そうやって見てくれる人を増やしていくことで、大好きなルワンダという国のことも多くの人に知ってもらえるんじゃないか。

そう思うようになっていきました。

なのでこのブログではルワンダの事をメインコンテンツとしつつも、それにとらわれずに書きたい事はバンバンと書いていくつもりです!

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーはこちら

SNS

twitter

ぴかりん@アフリカ在住ブロガー(@dujtcr77)

Facebookページ

冷静と情熱のアイダ