ゴリラにビーチに生ビール!ルワンダ北部『ムサンゼ』の観光おススメスポット

青年海外協力隊としてルワンダで活動している根本(@dujtcr77)です。

首都キガリからバスで約2時間の場所に位置する「ムサンゼ」。ここはルワンダの中でも首都キガリと並ぶ観光の街となっています。

先日はじめてムサンゼにお邪魔してきましたが、帰りのバスでちょっと寂しくなるくらい素敵な街でした。

これから2回に分けてムサンゼの魅力をお伝えします。今回はムサンゼ「観光」編!

ムサンゼの見どころ・魅力

ビーチリゾート

内陸国にビーチリゾート!?

ルワンダは内陸国。「千の丘の国」と呼ばれるルワンダではどこへ行っても丘です。丘も丘で好きなのですが、正直なところたまにビーチも恋しくなります。
(SNSで知り合いが海に行った写真をアップすることを私は密かに「海テロ」と呼んでいる。)

ところがどっこい、ルワンダにもビーチリゾートありました。

ムサンゼの中心都市ルヘンゲリ(Ruhengeri)から舗装されていない山道をタクシーに乗って揺られること約1時間。

Ruhondo湖と呼ばれる湖の沿岸にあるのが『Ruhondo Beach Resort(ルホンド ビーチ リゾート)』です。

山道で突如現れるリゾート

201609171202

山道を走って、私が住んでいる村ムウォゴにも負けないくらい超ド田舎な集落をいくつも抜けた先に突然姿を現すのがこのビーチリゾート。

いくつかの建物が見えますが、ホテルやカフェ&レストランなど、それぞれの施設ごとに建物が分かれています。

そのうちの一つ、カフェ&レストランではルワンダでなかなか食べる事の出来ない魚から、定番料理の串焼きやポテトまでルホンド湖を一望できるテラス席で楽しむことができます。

Jpeg Jpeg

そしてこのホテル、普通の客室もありますがテントに泊まることも出来ます。

Jpeg

行きは陸路でしたが帰りはボートに乗って湖を渡るショートカットコース。ホテルの従業員に言えばボートの手配と、対岸にタクシーを呼んでくれます。

Jpeg

ボートを使った方が時間は短くて済みます。ボートで5分、タクシーで30分、総所要時間は約35分でした。

地図

おすすめレストラン・バー

デートに最適なお店『Volcana Lounge』

Jpeg

トリップアドバイザーの評価も高く、とにかく一番のおススメが写真の『Volcana Lounge

暖炉があって雰囲気バツグンの超オシャレな店内でルワンダの定番食ブロシェット(串焼き)やポテトに加えて、ピザやラザニアなどイタリアンも楽しむことができます。(ワインも飲める!)

ピザもとても美味しかったですが、特にラザニアがウマ過ぎて2回頼んじゃいました。味に感動して写真を撮るの忘れた。

201609171220 Jpeg

生ビールが飲めるお店『MUHABURA』

Jpeg

Volcana Loungeから歩いて3分のところにあるホテル『MUHABURA(ムハブラ)』。

ここに併設されたバーでは生ビールを飲むことができます!

Jpeg

久しぶりに飲む生はめちゃめちゃウマい!!

Jpeg

人生ではじめて「ビール飲んでるとこ撮って」ってお願いしちゃうくらい幸せでした。

コスパ最高のゲストハウス『Amahoro Guest House』

Jpeg Jpeg

今回のムサンゼ滞在でステイしたのが『Amahoro Guest House(アマホロ ゲストハウス)

1泊30ドルで朝食付き、お湯の出るシャワー、無料Wi-Fi、バスターミナルから徒歩5分とコスパ良し・立地良しのゲストハウスです。

朝ご飯はパンとバナナ、パッションフルーツ、アフリカンティー。従業員に頼めばオムレツを作ってくれます。

日本のホテルのようにアメニティは充実してないし、部屋も1人が泊まれる最低限の大きさですが、部屋は清潔・従業員さんも親切で大満足でした。

特別ホテルにこだわらないのであれば、ここは超おススメです。

絶滅危惧種のマウンテンゴリラ

201609171200

今回は行きませんでしたが、ルワンダ観光といえば忘れてはならないのがムサンゼのマウンテンゴリラトレッキングツアー!

ヴォルカン国立公園で、外国人観光客の場合は750ドル必要(2016年09月17日現在)ですが、絶滅危惧種のマウンテンゴリラを見る事のできる数少ない場所です。

近いうちさらに値上げされるという噂もあるので、行くならお早めに!

私は今年11月に行く予定なので、またブログでレポートしたいと思います。

気候

観光のコンテンツも豊富ですが、ここムサンゼはとてもすごしやすい気候であることも魅力の一つです。

ルワンダは赤道付近に位置しておりますが、全体的に標高が高いためそこまで極端に暑くはありません。とはいえ時期によっては夜まで暑く寝苦しい夜になることもあります。

一方でムサンゼはルワンダの中でも特に標高が高い地域で、中心都市のルヘンゲリは標高2,000mを超えます。

そのため日中は涼しく、朝晩は上着を1枚羽織ってちょうど良いくらい。とても過ごしやすいです。

雨も比較的多く、東部などと比較すると長い乾季にもあまり苦しめられることはないそうで、観光はもちろん住むのにもうってつけの地域です。

ルワンダに来るならムサンゼはマスト

かなり気に入りました、ムサンゼ。

他にもオシャレなカフェや充実したマーケットなどムサンゼは魅力いっぱいの街でした。さすが観光地ですね。

ルワンダに来たら絶対に訪れてほしい場所の1つです。(何もなくて良い。どっぷりアフリカの農村の暮らしに浸かりたい!という方は私の任地ムウォゴへどうぞ。笑)

次回はムサンゼで活動している同期・マキちゃんの配属先の聾学校での日本文化紹介の様子をレポートします!

このブログを購読する

記事をはてブ、Facebook、twitterなどで拡散してもらえると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA