ルワンダ第2の都市「フイエ」に行ってきた!

こんにちわ、アフリカ在住ブロガーのぴかりん(@dujtcr77)です。

「ルワンダ第2の都市」と言われるフイエ(Huye)に遊びに行ってきました。

ルワンダ第2の都市?フイエ

キガリのニャブゴゴバスターミナルからバスで約2時間30分。
ルワンダ南部には[フイエ(Huye)」というルワンダ第2の都市といわれる街があります。

何を指して「第2」って言ってるかわからないですが、
少なくとも私の住んでいるブゲセラ郡という所よりははるかに栄えてました。

北部のムサンゼと良い勝負かな。
人口ははムサンゼの方が多いけど、街はフイエの方がデカかった気がする。

フイエ マウンテンコーヒーのコーヒーツアー

Jpeg

フイエはコーヒーで有名な街。

フイエマウンテンコーヒー(Huye Mountain Coffee)では、
コーヒー農園からコーヒーを選別&加工するウォッシングステーション、そしてカッピング(試飲)までできるコーヒーツアーに参加することが出来ます。
料金は30ドルで所要時間3時間程度。

今回は時間があまりなかったので、先輩隊員のヒロに2時間くらいで案内してもらいました。

コーヒーの歴史から種類、美味しいコーヒー豆を作る条件などを学ぶことができて超おすすめです。
ここで知ったコーヒーの発祥について知りたい方は以下の記事をどうぞ。

【豆知識】コーヒー最初に飲んだ人って誰?きっかけは「クレイジーな山羊」だった!

2016.11.04

さいごにお土産のコーヒー豆までついてきて30ドルはかなり安いと思います。
トリップアドバイザーでの評判も高い。
もっと知られるべき観光スポットです。

ニラココロック

コーヒー農園から山頂へ行く途中にある「ニラココロック」

ここは見晴らしが良いため、かつて軍略会議に使われていた場所なんだそうです。

Jpeg

王様が座っていたというイス。
「こっち側から攻めようぜ」的な指示を出してます。

Jpeg

このあと本格的に足をくじきました。

ご飯もウマい!

中華レストラン

Jpeg

地方で中華料理食べれるとかちょっとレベル高すぎます。
しかも鍋の素を持っていけば鍋を作って出してくれる。

中国人オーナー愛想が良くてイイ人そうでした。

右は「すき焼き」と「カレー」を別々で作って欲しかったのに混ぜられてしまった「すき焼きカレー鍋」

牛タン

Jpeg

フイエといえば牛タン!

柔らかいけど厚みがあるから噛みごたえもあって最高でした。

ソフトクリーム

Jpeg

ソフトクリームも食べれます。
さすがフイエ。都会である。

フイエの聾学校にお邪魔

同じくフイエ隊員のアヤカーユの配属されている聾学校にもお邪魔してきました。
平日の授業に加えて、自主的に毎週日曜日に映画上映会をやっているということで、子供たちと一緒に『千と千尋の神隠し』を鑑賞。

けっこう大きい子がいたり、大人数だったり、ムサンゼの聾学校とはまた少し雰囲気が違いましたね~。

あんまりじっくり子供たちと遊べなかったので、また遊びに行きたい。

さいごに

実は、フイエからもう少し行ったところにあるニャマガベの虐殺記念館にも行く予定でした。

しかし中華レストランで謎の中国焼酎を飲んで二日酔いで死んでいけず。

そして案内してくれたみんなと写真1枚も撮ってない!

絶対リベンジします。

つぎに読みたい⇒

やはり桁違いに栄えているのがルワンダの首都キガリ。ルワンダの映画館が想像以上に映画館だった話

 

このブログを購読する

この記事をシェアすると幸せになるとか、ならないとか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA