いざ、任地へ出発。

こんにちは、アフリカ在住ブロガーのぴかりん(@dujtcr77)です。

ルワンダに来て間もなく始まった約1か月にわたるホームステイ・現地語訓練を終え、
明日はいよいよ任地に出発します。

今回は出発直前の出来事をハイライトで書いていきます!

ホームステイ最終日

家に帰ると嬉しい光景

いつも夜ごはんの前後くらいしかまともにコミュニケーションを取れていなかったので、
「せめて最終日の夜はみんなと過ごそう」
といつもより早めの帰宅。

するとうれしい光景が。

いつも食事の準備は基本的にウムコジと呼ばれるお手伝いさんが行っているのですが、
この日はお母さん自ら腕を振るって料理してくれてました。

Jpeg

きっと違う、きっと違う

うわ、嬉しいな。自分の為にこんなご馳走。
なんて考えながら意気揚々とリビングに行くと、

その家族が普段お世話になっている偉いっぽい人がいるではありませんか。

「あれ、もしかして今日ご馳走なのは偉いひとの…」

沸きかけた邪念を全力で振り払って、いつもよりお腹いっぱいにご飯を頂きました。

語学訓練最終日

先週末に最終テストは終わっていたので、
この日はクラスごとに作成した演劇(コント)を先生やJICAスタッフの前で披露。

前日の日曜日まで集まって練習した甲斐もあり、
どちらのクラスも本番で最高の出来になったように思います。

最後はお世話になった語学講師のジャック・マリア・アンと修了証書を手に記念写真。

先生たちもみんな個性的で、楽しんで学ぶことができました。
ありがとうございました。

1455534592245

いざ任地ブゲセラ郡ムウォゴセクターへ

ホームステイも語学訓練も楽しかったし特別嫌だった訳ではないですが、
任地へ行く楽しみが大きすぎて「早く終えて任地に行きたい」と考え続けてました。

でも終わるとなると結構寂しいもんで
「もう少し一日一日噛みしめても良かったかな」
なんて勝手ながら思ってます…。

この反省を活かして、任地に行ってからはどんな時間も大切に味わえたらいいなと思います。

という訳でいよいよ活動が本格的に始まります。

全力で挑むつもりですがあまり力まず、ハプニングやうまく行かないことがあっても

「ブログのネタが増えたぜ」

くらいの気持ちで構えてようかと思います。

つぎにおススメ!

「ルワンダ人」になってしまう前に、ルワンダの不便なトコ洗い出し!

オジサンと2人っきりでデート ?ルワンダの遊園地を貸切りで遊んだった。

【アフリカ恋愛事情】調査期間3か月!ルワンダ人100人に聞きました。