今日から筋トレがしたくなる?『筋トレが最強のソリューションである』が兄貴すぎる

こんにちは、アフリカ在住ブロガーのぴかりん(@dujtcr77)です。

その本を買うかどうかは内容だったりレビューを確認してから決めることが多いのですが、
久しぶりに表紙を見て即買いした本が面白かったので紹介します。

『筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法』

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレとプロテインでこの世の99%の問題は解決します。

まえがきに記されたこの1文が示しているように、
本書ではメンタル、仕事、恋愛など様々な悩みは筋トレで解決することを解説。

具体的な筋トレの方法を紹介するという類の本ではなく、
筋トレや正しい食事を通じてどう人生を豊かなものにしていくか、ということが書かれた本です。

自己啓発書の一面も持っており、筋トレ関係なく普通に良いコト言っている項目などもありますが、
ひとつひとつの項目が短いので好きなように読み進めることが出来ます。

著者はTestosterone

著者はtwitterから人気に火のついたTestosterone氏。

本名は明かしておらず顔出しもしていません。
本の最後にあるプロフィール写真には顔が隠れてムキムキの肉体だけが写されています。笑

そんな謎めいたTestosterone氏による『筋トレが最強のソリューションである』の助言が頼れる兄貴のようにカッコよすぎるので、一部を紹介したいと思います。

クスッと笑える

自信がない人は筋トレ

自信がない人は筋トレをしてください。

  1. 身体がカッコ良くなる
  2. 異性にモテる
  3. テストストロンというホルモンがあふれて気分上々
  4. 上司も取引先もいざとなれば力尽くで葬れると思うと得られる謎の全能感
  5. 恋人に裏切られてもバーベルがいるという安心感

序盤のここでグッと心をつかまれてしまいましたね。
確かに…筋トレをすれば最強なんじゃないか…!?って。

他の項目でも同じようなことが言えますが、どこかふざけているようだけど、
これだけ自信満々にいわれると説得力すら感じてしまう不思議。

有酸素運動で時間間隔を取り戻す

「年齢を重ねる毎に時の流れが早く感じるな…」と感じている人には有酸素運動マシーン30分をお勧めしたい。

変わらぬ景色!ひたすらに足を動かす繰り返し!上がらぬ消費カロリー!削られる精神と体力!

30分がまるで永遠のように感じられて時間間隔が戻ります。

いざ、有酸素運動!

もう何言ってるのかわかんないっす、って感じですよね。笑

でも読み物としても面白い。

背中を押してくれる言葉

自分のことは自分で決めて辻褄合わせろ

人生の大切な選択を他人に委ねるなよ。たとえ親でもだ。

参考にするのはいいが絶対に最後は自分で納得して生きたいように生きろ。
自分で決めたらどう転んだって言い訳できないだろ?

退路を断つってのは荒々しいが成長するには最高の方法だ。
大口叩いて自分の事は自分で決めて退路を断て。

で、辻褄合わせろ。

例え自分のことを想って言ってくれていることでも自分の人生ですからね。

最後に決めるのは自分です。

不平を言うヒマがあったら勝ち方を考えよう

世の中が平等じゃないなんてわかりきったことだ。
社会や生まれた環境のせいにして文句垂れるか不平等な事を飲み込んだ上でどう勝ち上がるか考えるかは君次第だ。

悲しいかなこの世に生を享けた時点で強制的に全額betさせられてる状態だ。

配られたカードに文句言っても仕方ないんだから勝ち方考えろ。

「この世に生を享けた時点で強制的にbet」って発想は今までなかった。

もっと筋トレがしたくなる

筋トレは生活に規律を創造する

筋トレをライフワークとする意義は

  1. 毎3時間の栄養補給
  2. 週4回のトレーニング時間の確保
  3. 超回復に必要な睡眠時間の確保等、

タイムマネジメント能力が不可欠なため、生活や仕事に組み込む事によりメリハリがつくこと。

成功者が筋トレをする理由はテストストロンだけではない。
筋トレは生活の中に規律を創造する。

たしかに、私も格闘術のジムに通っていたときはなんとしてもジムに行きたくて仕事が早くなりました。

「ぜったい定時に帰ってジムに行くんだ」って考えると集中力が格段に違いましたね。

腹筋を最速で割りたければスクワットの理由

  1. 腹筋は鍛えなくても元々割れている
  2. カロリー消費が最も激しい全身運動である
  3. 脚の筋肉は大きいので鍛えれば実質代謝が格段に上がる
  4. 成長ホルモンが分泌される=脂肪燃焼
  5. 辛過ぎて「せっかくスクワットしたし…」と食事制限にも精が出る

5はあるある。

スクワット辛すぎて、せっかくやった努力を無駄にしたくなくなります。

仕事終わりのビールより

酒なんて飲まなくてもヘッドホン装着して音楽大音量で流して筋トレしたら酔える。

ジムは会費なのでどれだけ筋トレして酔っても定額で経済的。

二日酔いの代わりに筋肉痛がくるけど、この筋肉痛がまた最高に心地よくて、仕事終わりのビールより筋トレ終わりのプロテインのが美味い。

非の打ちどころがねえ。

1人晩酌やめます

クスッと笑えてグサッと刺さる言葉の多い『筋トレが最強のソリューションである』。
読んで「ああ、面白かった」では終わらせたくない。

と言うワケで、仕事終わりの楽しみに毎日家で飲んでいたビールをやめます!

その代わりに、今までも週に3回程度かるーくやっていた筋トレをもっとガチでやりたいと思います。

だって、筋トレをすれば99%の問題は解決できちゃうんですから。
絶対にその方が良いよね。

 

つぎにおススメ!

『聖の青春』29年の人生を「生き抜いた」男の物語~燃えるように生きる~

金子みすゞのおススメ作品紹介!「みんなちがって、みんないい」

 

 

このブログを購読する

記事をはてブ、Facebook、twitterなどで拡散してもらえると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA