【おすすめビジネス書】400冊以上から選んだお薦めのビジネス本ランキング25+個人的おすすめ7冊

※2017年4月26日最終更新(随時更新)

こんにちは、アフリカ在住ブロガーのぴかりん(@dujtcr77)です。

先日書いて好評だった、人気サイトから集計してランキング付けをするシリーズ。

【おすすめ映画189作品】人気のある面白い名作だけをランキング形式で紹介!

2016.11.28

集計作業は大変なんですが自分の好きなジャンルだと発見もあって面白いんですよね。
今回は「ビジネス書」ランキングです。

ちなみに紹介するすべての本は自分でも読んでいて、おすすめポイントなどを添えて紹介しています。

Contents

ランキングのルール

「ビジネス書(本) おすすめ」
「ビジネス書(本) ランキング」

などのワードで検索して上位に出てきた30サイト、全405作品から以下のルールで順位を決めます。

  1. 紹介されていた回数が多い順にランキング。
  2. 得票数が同じ場合はAmazonの評価(2016年12月07日時点)が高い方を上位とします。
  3. Amazonの評価も同じ場合はレビュー総数の多い方が上位。

25位 伝え方が9割

得票数:3票
Amazonレビュー:3.9
レビュー総数:403

伝えるためのテクニックが学べる

コピーライター・佐々木 圭一さんのベストセラー。

筆者の経験をもとに、大きく以下の2つの内容に分かれています。

  • 「ノー」を「イエス」に変える技術
  • 「強いコトバ」をつくる技術

人に何かを伝えたら、必ず聞き返されてしまう。もしくは自分が意図した内容とは異なる意味に捉えられることが多い…。

本書はそんな経験をしたことのある、全ての方に読んでほしい書籍です。

引用:【保存版】ビジネス本おすすめ24選

テクニック重視に違和感を覚える人も

ビジネスシーン物書きなど伝える事を生業にしている人にとっては知っておいて損はないテクニックです。

しかし「人の心をテクニックで動かす」という発想に
「騙している」イメージを抱く人には少しノド越しの悪い本かもしれません。

メンタリストDaigoさんの『人を操る禁断の文章術』なども書くことに特化した同じ類の本です。

テクニックも被る部分があるので、
こちらの本を読んだことがあれば購入の際の参考になるでしょう。

24位 スタンフォードの自分を変える教室

得票数:3票
Amazonレビュー:4.1
レビュー総数:283

「意志力」を鍛える

スタンフォード大学の超人気講義・ケリー・マクゴニガル著。

意志力を「やる力」「やらない力」「望む力」の3つの要素とし、
各章にわたってどのように読者に当てはまるのかを考える「マイクロスコープ」と自己コントロールの強化法を提示する「意志力の実験」の課題があり、
「意志力」を鍛えるための方法が紹介されています。

引用:1200冊読んでわかったおすすめビジネス書47選

やりたいことや夢があるのになかなか行動にうつすことができない。

そんな人におススメの1冊。

23位 シンプルに考える

得票数:3票
Amazonレビュー:4.2
レビュー総数:101

タイトルの通り「シンプルに」

元LINEの社長の森川さんがいかに徹底して無駄なものをそぎ落とし
最短で目標を達成するための考え方や行動を取っていたかということをひしひしと感じました。

この本を読めばいかに自分の周りには結果を出すうえで障害となるものが多いかということや、
仕事をする上で何を一番大切にすべきかを今一度思い出すことと思います。

引用:ぼくが読んだ600冊から選ぶ超おすすめのビジネス書25選

まさかのランクイン

個人的には『シンプルに考える』のランクインは今回1番意外でした。

当たり前のことを普通に言っているかと思えば、
少し奇をてらったことを充分な根拠なく書いていたりと終始違和感を感じてしまった本。

『シンプルに考える』に投資したお金と時間以上のリターンを得ることができませんでした。

22位 エッセンシャル思考

得票数:3票
Amazonレビュー:4.2
レビュー総数:166

「あれもこれも」頑張ってるのに成果が出ない?

「あれもこれも頑張っているのにどうして報われないんだろう…?」

もしかしたらあれもこれもやっているから成果が出ないのかもしれません。

レビューでも「一見よくある能率的な仕事術の本のようだが、『あなたにとって本当に大切な事は何?』と本質的な問いを突きつけてくる、結構危険な本である。」とあるように、
本質的なところまで掘り下げて考えることができる本。

社会人になったら絶対読みたい。

引用:【ビジネス書】社会人におすすめの本を17冊挙げてみる

すべてやろうとしない

すべてのことをやろうとすると、結局どれも中途半端になってしまう可能性があります。

この本を読みながら「自分にとって本当に大切なことは何か?」と考える事で、
自分の人生における本質的な目標を発見できるかもしれません。

21位 ワーク・ルールズ

得票数:3票
Amazonレビュー:4.3
レビュー総数:42

Google人事トップが語る

誰しも気になるGoogleの採用、育成、評価の仕組みを開示している。

これはGoogleだけに留まらず、どんな業界、会社でもチームビルディングが鍵を握る昨今のビジネスの世界で新しい価値観を提示してくれている一冊になっている。

売り手市場の中、未来の働き方を求める大学生にとっても憧れと現実の厳しさを同時にインプットできる本になっている。

引用:ビジネス書大賞

外から見るか?本気で読むか?

Googleは有名な「20%ルール」の他にも、
「社員の死後、給与の50%を10年にわたって遺族に支給」「自分よりも優秀な人を採用する」
など独特なルールを数多く生み出してきました。

これらの話を「Googleだからできるんだ」と外側から読むのか、
本気でのめり込んで読むかによってこの本から吸収できるものは大きく異なるでしょう。

20位 ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

得票数:3票
Amazonレビュー:4.3
レビュー総数:83

父から息子へ書かれた手紙

自分と同じ道を志している息子へ、ビジネスの世界のルールと人情の機微を、
父親が手紙を通して語る本書。

誰もが遭遇するであろう人生のさまざまな局面において、どう判断し、どう対応すべきかを教えてくれる。

引用:今、読んでおきたい本当に役立つビジネス書15選

偶然出会った思い出深い1冊

普段は前評判や中身をよく吟味してから本を買うことが多いのですが、この本は違いました。

空港で飛行機の待ち時間にフラッと本屋に寄った時に気になって買った本。

「著者⇒読者」ではなく「父親⇒息子」という変わったタイプの本なので、
違和感を覚える人もいるかもしれません。

わりと好き嫌いがわかれる印象。

19位 ゼロ

得票数:3票
Amazonレビュー:4.3
レビュー総数:482

「ホリエモン」のイメージが変わる

「ホリエモン」こと堀江貴文さんの服役中のことや、
刑務所での経験から考えたことを中心に書かれた本。

「働く」ということについて考えさせられます。

正直、堀江さんの考え方が苦手というか、
発想自体は天才的で素晴らしい事だと思うのですが、
その伝え方が苦手でした。

しかしこの本はそんな堀江さんのイメージとは異なり、
心からスッと入ってくる内容でした。

名言もたくさん

読みやすく、すぐに読み終わってしまう割には名言も多かった印象です。

レビュー記事も書きましたので併せて参考にしていただければ幸いです。

堀江貴文『ゼロ』を読んで。~甘え上手になろう!~

18位 人工知能は人間を超えるか

得票数:3票
Amazonレビュー:4.4
レビュー総数:183

人工知能 VS 人間

やっぱ人工知能はすごいよね、でも軍事問題は危なそう。

でも僕たち人間はどんなことなら勝てるのだろうか?
暗記競争なんて人工知能にやらせればいいし、IQだって人工知能に比べたら人間なんて低すぎて人間の間では大差ない。

じゃあ人間はどうすればいいの?って僕は思ってこの本を読んだ。
これからの社会を生きていく上で必須の知識になっていくと思う。

引用:2016年に読んだおすすめのビジネス本11冊をランキングにしてみた

人工知能が人間を超える事はないが…

この本では人工知能に対して研究者たちが行ってきた様々なアプローチが紹介されています。

著者は現時点では「人工知能が人間を超える事はない」という立場に立っているようです。

その理由簡単言うと、人間知能+生命あるからだ

知能つくることできたとしても生命つくること非常難しい

引用:『人工知能は人間を超えるか』

著者の言う通り、人工知能が人間を超える事はないとしても、
人工知能によりいくつかの職業が人間に取って代わるであろうことは明らかですね。

ブロガーもそんなに遠くない未来に消えてしまうかも?

17位 ビジョナリー・カンパニー2

得票数:3票
Amazonレビュー:4.5
レビュー総数:122

もはや説明不要のバイブル

良い企業が偉大な企業になる成功法則について書かれた本で、何人もの経営者が愛読書やバイブルとしています。

リーダーシップ、組織づくり、戦略、技術導入など企業運営において既存の概念を覆す内容が多く、
熟読し実行に移せばあなたの会社も偉大な実績を継続できるようになるでしょう。

引用:1200冊読んでわかったおすすめビジネス書47選

前作『ビジョナリー・カンパニー』よき好き

前作の『ビジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の原則』では、
偉大な企業の「基本理念」について書かれていました。

17位にランクインした『ビジョナリー・カンパニー2』は、
良い(goodな)企業がいかに偉大な(greatな)企業へと飛躍させるかについて書かれています。

読んではっきりと「役に立つ」と感じるのは、
2の方かもしれません。

ちなみに、著者のジム・コリンズは『ビジョナリー・カンパニー2』は前作の続編ではなく、
『ビジョナリー・カンパニー』の前編であると言っており、
2から読むことをすすめています。

16位 金持ち父さん 貧乏父さん

得票数:3票
Amazonレビュー:4.5
レビュー総数:145

根強い人気

なぜ、あのお父さんはお金もちなんだろう。
なぜ、あのお父さんは貧乏なんだろう。
2人の差は一体どこにあるのでしょう?

お金を稼ぐってどういうことなんでしょう。

お金のことを勉強するならまず初めに読むべき本です。

引用:100冊以上読んだ私がおすすめするビジネス本9選

あまり好きになれなかった本

この本はよく目にしていたけど数年前まで読んだことのなかった本です。

なんの気まぐれか、移動の際の時間つぶしに本屋で購入。
残念ながら移動中の暇つぶし以上のものにはなりませんでした。

正直よく内容を覚えておらず。語れることもないので要約記事を紹介のリンクを貼っておきます。

【ネタバレ注意】金持ち父さん貧乏父さんの内容を要約し本気で解説

15位 イノベーションのジレンマ

得票数:3票
Amazonレビュー:4.6
レビュー総数:166

優良企業が失敗する理由

  優れた経営とされてきたものが、「破壊的イノベーション」の前ではすべて無効になり、
逆にマイナスの価値さえもちうるという指摘にはただ驚かされる。

その点で本書は究極のイノベーション論であり、イノベーション・マネジメントの新境地を切り開いたものとして画期的な論考である。

引用:Amazon

経営学で興味を持った1冊

会計士試験で経営学を選択して勉強していたときに知った1冊。

同じく経営学を学んだことのある人であれば本のタイトルである「イノベーションのジレンマ」をはじめ、
著者の「クリステンセン」、「破壊的イノベーション」などの単語を聞いたことがあるかもしれません。

優良企業の優れた経営者が健全な意思決定をすることが企業を衰退に導きうるということが、
豊富な事例とともに解説されています。

14位 ブルー・オーシャン戦略

得票数:3票
Amazonレビュー:4.8
レビュー総数:12

未開拓の市場を生み出す

差別化、低コスト、ブランディングといった従来の競争戦略から離れ、
「ブルー・オーシャン(=競争自体を無意味なものにする未開拓の市場)」を切り開けと解く経営戦略本。

日本の事例なども取り上げられており、内容も分かりやすいので全てのビジネスマンにオススメ出来る本。

引用:ぼくが読んだ600冊から選ぶ超おすすめのビジネス書25選

「その先」が重要

『ブルーオーシャン戦略』はレッドオーシャン(競争の多い市場)ではなく、
競争のない青い海を切り開いていこうというものです。

しかしいくら革新的なアイデアで未開拓の市場をつくりだすことが出来たとしても、
参入障壁が低ければすぐに模倣されてたちまちレッドオーシャンとなってしまいます。

なのでブルーオーシャンを切り開くこと以上に、
その後どう戦っていくかも考えていかなければなりません。

13位 さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

得票数:4票
Amazonレビュー:3.9
レビュー総数:287

自分の強みは何か

ビジネスにおける自分の強みを再確認するのに適した一冊。

自分の得意なことに資源を集中して伸ばすことの大切さを教えてくれます。

1冊あたり1回限定の「ストレングスファインダー(じぶんの強みがなんなのかを知るテスト)」
を受けることが出来るので、新書での購入をおススメします。

テストに関しては、30年間かけて200万人の様々なジャンルで成功している著名人にインタビューをした結果作られているようなので信頼性が高いです。

引用:1200冊読んでわかったおすすめビジネス書47選

オンラインでもテストを受けられる

上記のレビューでは「1冊あたり1回限定の「ストレングスファインダー(じぶんの強みがなんなのかを知るテスト)」
を受けることが出来るので、新書での購入をおススメします。」と書いてあります。

GALLUP Strengths Centerのホームページでもストレングスファインダーを購入できるようです。

ただ、15ドル(2016年12月8日現在)するので、本を購入してもほとんど値段は変わりません。

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』は2016年12月現在Kindle化されていないので、
海外在住の方や、お金を払ってでももう一回テストを受けたい人向けでしょうか。

12位 ゼロ・トゥ・ワン

得票数:4票
Amazonレビュー:4.2
レビュー総数:123

自分で考え、作り出す

この著書は決定的な指南書ではありません。

最後に自分が何を学び取ったのかが問われる著書ですので、
考え方や方法をまるまる真似してしまおうという方には、
あまりおすすめできないかもしれません。

自分で考え、作り出すことの大切さを物語る著書の一つです。

引用:1200冊読んでわかったおすすめビジネス書47選

起業哲学の本

本書は新しい何かを創造する企業をどう立ち上げるかについて書いた本です。

この本の内容が直接ビジネスに劇的な影響を及ぼすといった類のものではなく、
一度自分の中でしっかりと咀嚼して、吸収して、そしてようやくビジネスに生きてくるものだと思います。

本書の「はじめに」でもこう述べられています。

成功者は方程式ではなく第一原理からビジネスを捉え、
思いがけない場所に価値を見出しているということだ。

引用:『ゼロ・トゥ・ワン』

成功の方程式が欲しいのではなく、
自分でなにか生み出すための哲学を知りたい人向けの1冊です。

11位 嫌われる勇気

得票数:4票
Amazonレビュー:4.3
レビュー総数:1523

アドラー心理学

「嫌われる勇気」こそが大切なのだ。

そんなアドラー心理学を一人の悩める青年とその悩みを聞く、アドラー心理学を知り尽くした哲人による会話形式で学ぶことができるのがこの本である。

”自分”や”人間”のことを正しく理解し、明るく楽しく生きるために必要なことが全て詰まった一冊となっている。

今までの常識が破壊される衝撃を味わえること間違いない。

引用:ビジネス本のおすすめランキング。絶対に読むべき”ためになる”ビジネス書の名著・ベストセラー

悩んでいる、行き詰っている人向け

少し前にかなりブームになった本。

前に進みたいけど悩みがある人や、
自己啓発本の好きな人は響く本かもしれません。

私の場合は青年と哲人の不自然な会話を苦痛に感じてしまい、
イマイチ好きになれなかったです。

10位 ザ・ゴール

得票数:4票
Amazonレビュー:4.4
レビュー総数:286

小説形式のビジネス書

ビジネス書には珍しい小説で、主人公が工場の業務を改善して行く過程を描いた本。

その内容は非常に実践的で、業務改善のノウハウが非常に分かりやすくまとめられている。
問題解決のプロセスを学ぶ事ができる、経営者やビジネスマン必読の書。

引用:全てのビジネスマンが読むべき厳選ビジネス本30冊

コミック版もおススメ

ザ・ゴールはコミック版にも2票入りました。
アマゾンの評価も高く気になって買ってみたらかなり良かったです。

登場人物が日本人になってたりとマイナーチェンジはありますが、
ストーリーの大筋は同じでエッセンスもよく詰まっていました。

効率だけで言うとストーリー部分を早く読み進めることができるコミック版の方がよいかもしれません。

時間があまりないけど内容をチェックしてみたい人、
小説で挫折してしまった人などはコミック版も選択肢に入れましょう。

9位 影響力の武器

得票数:4票
Amazonレビュー:4.6
レビュー総数:32

社会心理学の決定版

自分が決めたことの正しさを一貫して信じようとする心理の働きを意味する「コミットメントと一貫性」や、
みんなが並んでいるラーメン屋は美味しいだろうと思うような集団心理を上手く利用する「社会的証明」など、
日常的に溢れている心理学をわかりやすく解説し、実践ベースで理解させてくれます。

引用:マジでおすすめのビジネス書15選|今すぐ買って全部読め!

読み物としても面白い

最近ではよく聞くようになった「返報性の法則」などをはじめ、
日常にもビジネスにも使える心理学が豊富な事例付きで紹介されています。

この事例が実に興味深く、単純に読み物としても楽しめる名著。

8位 仕事は楽しいかね?

得票数:5票
Amazonレビュー:4.2
レビュー総数:285

明日は今日と違う自分になる

特に今している仕事に行き詰っていたりつまらないなぁと感じているビジネスパーソンに読んでもらいたい内容で、
既存の目標設定することを「今日の目標は明日のマンネリ」とし、「試してみることに失敗はない」と説き、少しずつ試していくことが大切と語りかけてきます。

この本を読んだ後には毎日少しずつ自分を良く変えていくことに喜びを感じるでしょう。

引用:1200冊読んでわかったおすすめビジネス書47選

心のマッサージ

毎日の仕事に追われてどうも楽しくないなという人が読むと心がスッと軽くなる本。

行き詰った主人公がすごい悟った人に出会って教えを受けるという、
自己啓発書の定番パターンですが、その内容は少し毛色が違います。

どうも自己啓発書はなあ…という人でも一読の価値はありです。

2016年12月8日現在、Kindle Unlimitedの対象です。

7位 HARD THINGS

得票数:5票
Amazonレビュー:4.3
レビュー総数:72

ビジネス書大賞2016

2016年のビジネス書大賞ベスト経営書第1位の2冠を達成した今年話題の本。

「ビジネス書」という涼しい響きよりは、
「執念の経営記録」といった方が正しい表現かもしれません。

レビュー記事にて一部引用付きで紹介しています。

【ビジネス書大賞2016大賞】『HARD THINGS』はリーダーシップを発揮する人、挑戦し続ける人におススメ!

6位 生き方

得票数:5票
Amazonレビュー:4.3
レビュー総数:416

タイトル通り「生き方」について

京セラ創業者の稲盛和夫さんが、「生き方」について書かれています。(中略)

生き方について考えたいときに読んでみたい一冊です。

ミリオンセラーということで、こちらも100万部を突破しています。考え方が参考になるので、読んでおきたい本ですね。

引用:読んでおきたい本10冊、ビジネス書の定番や古典などから

人生哲学の本

京セラ・KDDIの創業、JAL再建など数々の実績を残した日本を代表する実業家・稲森和夫さんが、
その人生哲学について語った本。

この本を読んだときは今よりもっと未熟だった私は、
偉いおじいさんに説教されている気持ちになりました。笑

こちらも2016年12月8日現在、Kindle Unlimitedの対象です。

5位 プロフェッショナルの条件

得票数:6票
Amazonレビュー:4.4
レビュー総数:146

ドラッカーのもうひとつの名著

一昔前に『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(もしドラ)が流行りました。

この本で取り上げられた『マネジメント』と並び数多くの著書を残したドラッカーの代表作です。

生産性、成果、成長など、ビジネスマン個人のパフォーマンスにフォーカスしたビジネス書が、「プロフェッショナルの条件」です。

いわゆる、”仕事ができる人”になるには、何をすべきかがまとめらています。

引用:マジでおすすめのビジネス書15選|今すぐ買って全部読め!

4位 ビジョナリー・カンパニー

得票数:6 票
Amazonレビュー:4.5
レビュー総数:128

堂々のシリーズでランクイン

17位の2に続き、1冊目も4位にランクインしました。

前述の通り、著者のおススメ通りの順番に読むのであれば2を先に読んでからです。

企業を見る際につい「現在の状態」に目がいってしまいがちですが、
この本は長期的なスパンで見た場合に本当に社会的に尊敬され、
業績も長期間に渡ってよい企業の特徴を分析しています。

よくあるベンチャー社長の自伝を読むよりも深い知見が得られるかもしれません。

引用:【ビジネス書】社会人におすすめの本を17冊挙げてみる

3位 道をひらく

得票数:6 票
Amazonレビュー:4.5
レビュー総数:236

「経営の神様」松下幸之助の本

本書では名言を数多く残されています。

ちなみにこの本、凄く小さくて軽いので一時期私は常にカバンに入れてました。

何か悩む度に開くと答えをくれる一冊です。

引用:マジでおすすめのビジネス書15選|今すぐ買って全部読め!

大好きな本

松下幸之助さんが綴った121篇の「思い」。

誰でも1つは座右の銘となる言葉が見つかるのではないかと思うほど刺さります。

最初に収録されている「道」だけでも読んでみて欲しいです。

この道が果たしてよいのか悪いのか、試案にあまる時もあろう。

なぐさめを求めたくなる時もあろう。

しかし、所詮はこの道しかないのではないか。

引用:『道をひらく』

2位 7つの習慣

得票数:10 票
Amazonレビュー:4.4
レビュー総数:463

何度も読み返したい

世の中に出ている本で最も崇高な本ではないだろうか?
まさに原理原則の本。
この本は一度読むだけでは不十分だ。毎年一度は読みたい本。

引用:必読!大学生にオススメのビジネス書

学生と社会人の橋渡しとなる1冊

学生が社会に出る前に読んでおくべきだと思うNo.1の本。

今まで良くも悪くも自由であった学生時代。
そんな学生のころから一転、社会人になると、特に企業に就職すると制約も多く厳しい環境に置かれます。

そんな時につぶれてしまったり、腐ってしまったり、
やるべきことに振り回されてむなしい時間を過ごさないためには、
この本に書かれていることをしっかりと「理解」しているかどうかはとても重要です。

1位 人を動かす

得票数:11票
Amazonレビュー:4.6
レビュー総数:496

追随を許さない原点の1冊

引用先のレビューにもある通り、他の追随を許さず獲得票数11票で1位に輝いたのは『人を動かす』でした。

社会人として持つべき心構えを興味深い実例をもって説得力豊かに説き明かし、
1937年の発行以降、追随を許さない、あらゆる自己啓発本の原点ともいうべき1冊

引用:今、読んでおきたい本当に役立つビジネス書15選

精神の基礎トレーニング本

本書は、ビジネスにおけるすぐに役立つテクニックを紹介しているわけではありません。

いわゆる「自己啓発書」に分類されるものでしょう。
しかし『人を動かす』には社会でビジネスをする上で必要な心構えが、
これでもかというくらい盛り込まれています。

言ってみればビジネスマンの精神の基礎トレーニング本。
そう考えてみると「ビジネス書」ランキングで1位に輝いたのも納得の結果です。

英語版にも挑戦してみよう

この本だけに言える事ではないのですが、英語のビジネス書は読みやすいものが多いですね。

論理構成がしっかりしているので小説なんかよりも英語力それ自体を必要としません。

『7つの習慣』や『人を動かす』など何度も読みたい海外発信の本は、
英語の勉強がてら2回目以降は洋書で読むようにしています。

翻訳を介さず著者から直接のメッセージを受け取ることが出来る、
リーディング力やボキャブラリーなど英語力向上に役立つ、
内容の復習にもなるなどメリットいっぱいなので是非洋書にもチャレンジしてみてください。

 

番外編:個人的な超おすすめビジネス本7冊

ここからはランキングからは漏れてしまったものの、
是非とも紹介しておきたい個人的なおススメ本を紹介します。

どれもランクインした25冊に劣らない名著です。

是非こちらもあわせてチェックしてみてください!

三枝三部作(戦略プロフェッショナル、経営パワーの危機、V字回復の経営)

正直この本が1票も入らなかったなんて信じられません。

個人的には紹介したトップ25にまったく劣らない内容の本だと思っています。

三枝匡さんの「企業再生」シリーズ

著者は株式会社ミスミグループ本社の取締役・取締役会議長である三枝匡さん。

20代でボストンコン・サルティング・グループの国内採用第1号コンサルタントになりました。

40代からは16年間「事業再生専門家」として活躍。

この「企業再生」三部作は、そんな三枝さんが経験した企業再生の実話をもとに小説形式で書かれた本です。

面白い小説+経営本

まずこのシリーズ、普通にストーリーが面白いんですよ。
ただの小説としても楽しめる。

その小説の節目節目で、経営学的な視点からの解説が入ります。

小説だけだとどこを学びとして自分の中に蓄積していいかわかりずらい、
経営学のテキストだとどう実務に活かしていいかわからない、
そんなジレンマを解消するハイブリッドなビジネス本です。

論語

ビジネスを含めた「人生の教科書」

『論語』はビジネス書ではないのですが、私の人生の1冊と言ってもよいくらい大切にしている本。

『論語』には人生に役立つ格言がこれでもかというくらい盛り込まれており、
当然ビジネスをするうえで身につけておくべきマインドも学ぶことが出来ます。

以下の記事で名言の紹介をしていますのでよろしければご覧ください。

【孔子の名言】論語はやっぱり人生最高の教科書。おススメ名言と共に紹介!

起業の技術

起業のガイドブック

経営者が、特に会社を興したばかりの人が心得ておくべき内容が丁寧に紹介された「起業の教科書」ともいえる1冊。

重要なんだけど見逃しがちなことも多いので、最低以下のタイミングで2回は読んで欲しいです。

  1. 起業前⇒準備、事業計画を立てる際の参考に
  2. 起業後1年以内⇒チェックリストとして、復習用に

定期的に読み返してしっかりと身につけたい内容になっています。

セガVS.任天堂 ゲームの未来を変えた覇権戦争

まさに戦争

タイトルに「ゲームの未来を変えた覇権戦争」とあるのは大袈裟でもなんでもありません。
まさに戦争。

ゲームの未来をかけたセガと任天堂の壮絶な戦いを臨場感たっぷりに見ることが出来ます。

映画化も予定されているらしいのですが、本を読んでいる時点ですでに目の前でストーリーが展開されているようで、夢中になって読み進めてしまいました。

レビュー記事も書いています。

『セガVS.任天堂 ゲームの未来を変えた覇権戦争(上)』感想・レビュー~タイトルに偽りなし!文句なしに面白いおすすめの1冊~

さいごに

皆さんのお気に入りのビジネス書は入っていましたか?

この記事が本を選ぶ際の参考になれば幸いです。

かなり長い記事となりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

つぎにおススメ!

勉強になるおすすめ漫画30選!マンガだって立派な教科書!

RPGから学ぶビジネススキルとマインド~ゲームを極めりゃ出世する?~

【おすすめ映画20選】30サイト711作品より選出!本当に観るべき作品はこれだ!

 

 

 

この記事をシェアすると幸せになるとか、ならないとか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA