ルワンダ人にウケるおススメ音楽ランキングBEST3

先日開催したホームパーティーで日本の音楽をルワンダ人の同僚に紹介しました。

そこで特に人気だった音楽をランキング形式で発表!

第3位:『R.Y.U.S.E.I』三代目 J Soul Brothers

参加者の声

・ダンスがカッコイイ!

・全員ヒカルと同じ顔だね!

・インドっぽい

日本で人気のR.Y.U.S.E.Iダンスはルワンダでも沸きました!

ただ彼らにはメンバーが全員同じ顔に見えたようです。

第2位:『きよしのズンドコ節』氷川きよし

参加者の声

・振付が面白い

・ティ、キョ、シィ!!(き、よ、し!)

・インドっぽい

マネのしやすさ、テンポの良さから、なんとズンドコ節がランクイン!

一回も「き、よ、し!」って言えてなかったけどね。

第1位:『睡蓮花』湘南乃風

参加者の声

・女の子達がセクシーで嬉しい

・インドっぽい

日本のカラオケでの鉄板『睡蓮花』がルワンダでも意地を見せました。

これは感想云々というより、とにかくみんなタオルを回す仕草をしながら立ち上がって踊ってました!

その他にも反応の良かった曲

  • 『Wonder-Woman』安室奈美恵-feat.AI、土屋アンナ
  • 『シャナナ☆』MINMI

事前に何人かの同僚に聴いてもらったときは『涙そうそう』などのしっとり系の評判も良かったのですが、やはり「パーティー」においてはPVがカッコイイものや、ハイテンポな曲はハズレなしでした。

ほぼすべての曲が「インドっぽい」らしいけど全く意味がわかりませんでした。

「どんなところが?」って聞いても「なんかインドっぽい」って…

1つ1つの曲に対する理解をすべし!

1つ反省。

ルワンダ人は日本語がわからないため、歌についてよく質問をしてきました。

特に困ったのが『スキヤキ(上を向いて歩こう)』を聞いた時の同僚の質問。

「どうしてこの人は涙がこぼれそうなほど悲しいの?」

答えられませんでした。

後で調べると『上を向いて歩こう』は作詞の永六輔さんが60年安保闘争に敗北して帰途に就いた時の心情を書いた歌らしいです。

これを知らなかったとしても、少なくとも自分なりの解釈を述べれば良かったかなと少し反省。

という訳で、外国の人に日本音楽を紹介するときは数で勝負ではなく

歌の意味と背景、自分なりの解釈をしっかり持ったものを厳選する方が良さそうです!

このブログを購読する

この記事をシェアすると幸せになるとか、ならないとか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA