話題の実写版『咲-Saki-』を原作知らない男がみたら大爆「苦笑」だった

アイキャッチ画像出典:咲-Saki-

こんにちは、アフリカ在住ブロガーのぴかりん(@dujtcr77)です。

最近話題になっている実写版『咲-Saki-』。

ぴかりん
実写版、咲-Saki-(ドヤッ)

って言ったけど一昨日まで名前すら知りませんでした。
あんまり話題なので気になりますね。

いろんなブロガーさんたちが記事にしているのでまずはちょっと覗いてみましょうか。

原作は漫画だが、アニメから入るべし?

どうやら皆さんの記事を見る限りだと、
アニメを知っていた方が楽しめるようです。

むしろ知らないと意味わからないなんて情報も。

実写版ドラマ「咲-saki-」の感想wwwww(1話まで) – 今日はヒトデ祭りだぞ!

っていうかデカいんだよね。単純に身長が

「これはひどい・・・・・・」

とか思ってたら声の再現度くっそたけえwwwwwww何だこれwwwww釘宮ボイスだ!!!!

目をつぶると全然違和感無い! これすげーぞ!! 演技力たけぇ!!

引用:今日はヒトデ祭りだぞ!

ふむふむ、どうやらアニメと比較して再現度をたしなむのが通なみかたのようですねえ。

これだけだとまだ良くわからないのでもう少し。

ドラマ「咲-saki-」の感想!事前情報なしに見たら腹筋壊れるかと思った

タコスが動けば、もうそれだけで咲っぽい感じになるんですよ。

もうこのドラマが成功するかどうかは、彼女にかかっているといっても過言ではないかも。

それぐらいの大活躍で。

「タコスが楽しそうで何より」って思っちゃいましたよ^^

引用:なんくるないさ.COM

タコスが動く?

 

タコスが楽しそう?

 

これは気になりますな。

タコスが楽しそうでこっちもハッピーになれるなら、
観ておいて損はないのではないでしょうか?

というわけで観てみました。

【感想】え、ごめん何これ(苦笑)

あのですね…えーとどこから話そうか。
ツッコミ要素が渋滞してどこからツッコんでいいかわからないんですが。

まず冒頭で主人公の咲が和(のどか)という女の子と出会います。

この和という女の子、かなりのおっちょこちょいなのか生徒手帳を落としていきます。
この子、歩くの遅いんですよね。

でも咲が和と別れてすぐに生徒手帳を見つけて、「渡さなきゃ」みたいな顔で道を見ると、


画像出典:咲-Saki-

もういないんですよ。

軽く50~100メートルほどの距離を、一瞬で?
しかも女の子が、歩いて?

麻雀できるん?

その後、咲は和を追いかけていきます。

行きついた先は麻雀部。
女子高(?)に麻雀部があって、全自動の麻雀卓まであります。

落とし物を返して咲が帰ろうとすると、
メガネをかけたマコが「待って、あんた、麻雀できるん?」と聞きます。

咲「麻雀…ルールはわかりますけど」


画像出典:咲-Saki-

いやわかるんかいっ!

ちょうど3人しかいないところにたまたま麻雀できる女の子が現れました。

タコス来たーw


画像出典:咲-Saki-

きましたタコス

この右の子がタコスと呼ばれているようです。
名前の通りタコス食べてますね。

ちなみに画像のシーンでタコスはこう言ってます。

「タコスだじょ。一個食べる?力出るじょ」

タコスだじょ

力でるじょ

 

…じょ?

こわいこわい、この子なんかずっと「だじょだじょ」言ってるんですけど。笑

ネテロ会長かな?

学校が終わって、咲が和と出会い麻雀部にくる。
そこで麻雀をはじめて半荘を3回行います。

あれだけぺちゃくちゃ喋りながら麻雀を打っていたら、
全自動卓とはいえ半荘1時間はかかるはず。

3回終わって帰ろうとする咲。

あれ?


画像出典:咲-Saki-

まだ外明るいw

ハンター×ハンターのネテロ思い出しますね。
「異変に気付く 3半荘打ち終えても 日が暮れていない」

無料だし多分2話も観る

これ以外にもたくさんツッコミどころがあるのですが、
全部ツッコんでたらおそらく1万文字超えるのであとは是非動画でご確認ください。

なんだかんだ言いながらけっこう楽しんじゃいました。

Amazonのプライム会員は無料で観れるので多分次も観ちゃいますね。

私のように原作を知らない人がこのアニメを楽しむためには、
次のうち最低でも2つ好きである必要があるでしょう。

  • 美少女
  • 麻雀
  • ツッコミ
  • 語尾に「だじょ」をつける子

Amazonのプライムビデオで

この作品はAmazonのプライムビデオで観ることが出来ます。

ぴかりん
ブログやってると世界が広がっていいね!

 

つぎにおススメ!

松本人志プレゼンツ『ドキュメンタル』が面白すぎる。参加費100万円、狂気のゲームが幕を開けた。

海外ドラマあるある「セラピー通いがち」「主人公の親が黒幕」など16選

 

 

 

 

このブログを購読する

この記事をシェアすると幸せになるとか、ならないとか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA