Amazonプライム『今田×東野のカリギュラ』感想~いろいろヤバいので絶対に観ないでください~

こんにちは、アフリカ在住ブロガーのぴかりん(@dujtcr77)です。

最近のAmazonは『ドキュメンタル』や『バチェラー・ジャパン』など話題になるオリジナル番組を数多く作っています。

そしてAmazonさんがまたすごい番組を出しました。
その名も『今田×東野のカリギュラ』

ジャンルで言うとバラエティなのですが、これまた賛否両論ありそうな番組です。

番組をはじめて観たときの衝撃は『ドキュメンタル』や『バチェラー・ジャパン』に匹敵するものでした。

『今田×東野のカリギュラとは』

カリギュラの意味

「カリギュラ」とは禁止されるほど試したくなる心理現象のことです。

「決して中を見てはいけないよ」

そう言われると逆に見てみたくなってしまう。
そういった現象。

この記事でもあえて「いろいろヤバいので絶対に観ないでください」とカリギュラ効果を狙ったタイトルをつけてみました。

地上波では「決して放送してはいけない」とされた企画書が多数存在します。
その理由は様々。

  • マニアックすぎて視聴率が見込めない
  • コンプライアンス的にNG
  • くだらな過ぎる。

『今田×東野のカリギュラ』はそんな、闇に葬られた企画書を掘り起こして放送するというかなり攻めた番組になっています。

感想・エピソード紹介(一部ネタバレ要素あり)

2017年6月9日に配信が開始された『今田×東野のカリギュラ』。

ここまで簡単に番組内容を紹介してきましたが、「どんな番組?」と聞かれて具体例を出す以外にはこれ以上説明ができません。

というのも、企画が非常にバラエティに富んでいるんです。

そこで当記事では、既に配信されているエピソード1と2の内容を簡単に紹介したいと思います。

結果などの核心には触れませんが紹介の都合上一部ネタバレ要素があります。

閲覧注意
動物の死体などショッキングな画像や表現が出てきますので、苦手な方はご遠慮ください。
これはカリギュラ効果でなくガチなやつです。笑

エピソード1「東野、鹿を狩る」

「地上波では禁止された企画書」

そう聞き、ワクワクして第1話の視聴をはじめたのですが、その内容は意外なものでした。

東野「鹿を狩りたい」

東野さんにとっては4年越しの夢だったそうですが「バラエティで遊び半分で狩猟をして面白い番組になるの?」と少し疑いながら観始めました。

番組の冒頭でも、

東野「最後は鹿パーティーみたいなんはしたいと思ってます」

とかなり軽い雰囲気。

しかしこの先に待っているのは、過酷で厳しい狩猟の世界でした。

東野さんの狩猟をリードするのはサバイバル登山家の服部文祥さん。
数々の実績を持ち、山に対してフェアでありたいという気持ちから極力装備を廃したスタイルで狩猟を行っています。

「明日生きるために食べる」
「食うか食われるか。今回は鹿が俺たちに食われる番」

服部さんの発する言葉と流れてくる映像はガチ中のガチ。

鹿が逃げてしまわないように大きな声で話すことも許されない。
途中東野さんや番組スタッフがバラエティ要素を出して少し怒られる場面もありました。

確かにこれは地上波でやっても視聴率が見込めませんよね。笑

服部さんのその狩猟スタイルや考え方は「生きる」「食う」ということを改めて考えさせられるモノでした。

これはバラエティ番組ではなく本格ドキュメンタリーだな…

と、思ったらですよ。

次は第2話です。

エピソード2「うちの親は大丈夫!母ちゃん、オレオレ詐欺選手権」

 バラエティ色が強い。

しかもすごい不謹慎。
いわゆるコンプライアンスの関係で地上波では絶対に放送できませんね。

「オレオレ詐欺」と「選手権」なんて言葉くっつけるものではありませんから。笑

内容はシンプル。
「うちの母親は絶対に大丈夫」そう自信を持つ芸人3人に対し、本気のオレオレ詐欺をしかけてその結果を見るというもの。

今回挑戦者となったのは、

  • ジャングルポケット 太田さん
  • とろサーモン 久保田さん
  • ダイノジ 大地さん

詐欺を仕掛けるのは専門家の特別訓練を受けた、番組結成の詐欺グループです。

毎回設定が違っていて、例えば太田さんのお母さんに仕掛けるのは「W不倫」。

写真左から本人役、不倫相手、不倫相手の夫、弁護士という役者揃い。

これ、番組として普通に面白いんです。
でも一番の感想はそこじゃありませんでした。

オレオレ詐欺、すごいわ。

太田さんのお母さんは最初からすんなりと状況を受け入れてしまったんですが、200万円を準備しろと言われて渋ったんです。

そこで登場したのが不倫相手の夫。

「お母さんねえ、これねえ、おれもめちゃくちゃにされたんでねえ!!」
「ネットに流すしかないんだよねえ!!そんなんなったら一発でオシマイだぞ!!!」

こう怒鳴る不倫相手の夫役。
そして電話の側では不倫相手役の女性が泣き叫びます。

不安をあおられた太田さんのお母さんは動揺してしまいました。
はたして、お金を払うことになってしまったのか…?

なぜ「オレオレ詐欺」が問題になってから何年も経つのに被害がなくならないのか?
「引っかかる人、バカだなあ」なんて思ってませんか?

その答えが番組の中にあります。
徹底した役の演出、巧妙なチームプレイ…

引っかかる人は引っかかっちゃいそうだなと思いました。

不謹慎な企画ですが「自分(の親)は大丈夫」と根拠なく思っている人ほど観てみた方がいいと思います。

画像は全て『今田×東野のカリギュラ』より

まとめ

これはまたとんでもない番組が誕生してしまいました。

最近はネット番組などで「地上波では放送できない」系の番組は増えてきています。

なのでコンセプト自体は正直そこまで新しいものではないんですよね。
この番組をおもしろくしているのは、企画をさらに突き詰めているということ。

一見悪ふざけで思い付きのような企画を、とことん突き詰めてやる。

そしてそれを料理するのが予算のあるAmazon、実力のある今田さん東野さんとあればもう面白くならないわけがないんです。

また、大きな楽しみが1つできました。

Amazonプライム・ビデオにて配信中(※プライム会員は全話無料で観れます)

今後は毎週金曜日に新エピソードが更新されていく予定です。

プライム会員であれば無料で視聴することができます。

こちらの公式ページから無料体験できるのでまだ会員でない方はこの機会にどうぞ。