『ドキュメンタル』シーズン2第3話の感想・ネタバレ~ハプニングの連続!脱落者続出!~

こんにちは、アフリカ在住ブロガーのぴかりん(@dujtcr77)です。

今回は『ドキュメンタル』シーズン2、第3話の感想を書いていきます。

ドキュメンタルとは?
番組の内容や詳しいルール・参加者についてはこちらの記事をどうぞ。

【第1話】『ドキュメンタル シーズン2』第1話の感想~待ちに待った新シーズン!あらたなる闘いが幕を開けた~

感想(ネタバレ要素あり)

まず児嶋と大島が脱落!今回は脱落の仕方が地味

前回、シーズン2初の脱落者がでました。

宮川大輔さんが普通にジミーちゃんと会話して笑っちゃったんでしたね。

そして迎えた今回。
まず脱落したのは児嶋さんでしたが、笑った理由は小峠さんが微妙に噛んだというもの。

また、つぎに脱落した大島さんも自分が仕掛けたイタズラに自分で笑い自滅

誰かになにか仕掛けられてドーン、じゃなく、みんなフワッと消えていきます。笑

終わり方が非常に地味ですが、こういうまったく予測できない(芸人自身も意図していない)笑いもこの番組の醍醐味。
結局笑えば負け、笑かしたら勝ち。

面白けりゃなんでもいいんです。

斉藤の自分本位な笑い

ジャングルポケットの斎藤さん、前回からかなりやらかしている印象。

他の芸人さんは、『ドキュメンタル』という決戦の舞台にいて勝ちを目指していても、参加者の前にまず芸人なんです。

番組が面白くなることを考えている。
純粋に面白いものを追求しようとしている。

しかし斉藤さんからはそれが感じられませんでした。

自分本位な笑いという印象を受けたので笑えなかった。
そしてそれが極度の下ネタや下品なネタだったりすると余計。

下ネタは人を選びますね。

アイスバケツチャレンジ

今回意表をつかれたのが藤本さんのアイスバケツチャレンジ。

急に「あ、そや!」といってバケツを持ってソファに座る藤本さん。
無言でそのバケツに入っている氷水を頭からかけていきます。

このボケ、おそらく一番最初にやったら誰も笑ってなかったはず。

しかし下ネタや、凝った笑い、ハプニングなどを一通り終えた後で、逆にシンプルなネタ。

タイミングが絶妙でしたね。

まとめ

第2話終了時


画像出典:HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル シーズン2

第3話終了後の結果


画像出典:HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル シーズン2

第3話では一気に4名の芸人(児嶋さん、大島さん、ジミーちゃん、津田さん)が脱落しました。

残っているのは以下の5名。

  • 吉村崇(平成ノブシコブシ)
  • 日村勇紀(バナナマン)
  • 藤本敏史(FUJIWARA)
  • 斉藤慎二(ジャングルポケット)
  • 小峠英二(バイキング)

やはり前回で全員イエローカード以上になっていたのでドドっときましたね。

とは言ってもあとは最終回1回を残して5名の芸人が生き残っています。

時間内で勝者が決まらず、ポイントでの決着になるのでしょうか。
できれば番組の締まり的にも、最後1人まで笑いで決めて欲しいですね。

しかし4回だとあっという間。

あれだけ楽しみにしてたのにもう最終回か…

Amazonプライムの登録はこちらから

Amazonプライム会員公式ページへ

 

その他のエピソードの感想・ネタバレはこちら

シーズン1

【第1話】松本人志プレゼンツ『ドキュメンタル』シーズン1の番組情報・感想・ネタバレまとめ

【第2話】『ドキュメンタル』第2話の感想・ネタバレ。「笑いをこらえる顔」で絶対に笑っちゃうんですがw

【第3話】『ドキュメンタル』第3話の感想・ネタバレ。男子校のノリで確実にファンが減った模様

【第4話】『ドキュメンタル』第4話(シーズン1最終話)の感想・ネタバレ。シーズン2への課題は?

シーズン2

【第1話】『ドキュメンタル シーズン2』第1話の感想~待ちに待った新シーズン!あらたなる闘いが幕を開けた~

【第2話】『ドキュメンタル』シーズン2第2話の感想・ネタバレ~今回は最初から飛ばしすぎ!地上波じゃ無理なやつ~

・【第3話】当記事

【第4話】『ドキュメンタル』シーズン2第4話の感想・ネタバレ~追い込まれた芸人たちが、笑いで殴り合い~

【第5話】『ドキュメンタル』シーズン2第5話(最終話)の感想・ネタバレ~まさに死闘!そしてついに優勝者決定!~

 

 

 

 

 

この記事をシェアすると幸せになるとか、ならないとか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA