今すぐ始めるべき?遂にスタートした『kindle unlimited』の賢い利用法。

待ちに待ったサービス、『kindle unlimited』がついに本日8月3日にスタートしました。

さっそく30日間の無料体験からはじめ…ちょっと待って下さい。

始める前によく考えてみてください。

「本当に今始めるべきなのか?」

私はこのサービス、ある条件を満たした時点ではじめるべきだと思っています。

『kindle unlimited』とは?

本題に入る前に。そもそも『kindle unlimited』ってなんでしょう?

『kindle unlimited』とは、月額¥980で、12万冊以上の本、コミック、雑誌および120万冊以上の洋書を読み放題のサービス。

なんかすごいお得な感じですが、本当にサービス開始とともに飛びついちゃって良いのでしょうか?

このサービス開始に当たっては、気を付けるべきワナがいくつか隠されています。

ワナ①無料体験期間につられてはいけない。

無料体験期間があると「とりあえずはじめてみっか!」ってなりそうですがここで考慮すべきことが2つ。

  1. 30日間の無料体験期間がある。
  2. 一度にダウンロードできる本の数は10冊まで。

30日の無料体験期間終了後は、当然毎月980円を払い続けなければなりません。(年間11,760円!)

またダウンロードできる本の数にも10冊と制約があるので、無料期間中に大量にダウンロードしておくことはもちろん出来ない。

つまり、とりあえず無料体験期間でオイシイ思いだけしまくって退会…というのはあまり賢い選択とはいえません。

しかもこの無料期間終了後は自動継続となり、解約手続きをしないと自動で課金されてしまいます。

「そんなの忘れるほど馬鹿じゃないよって?」

私もそう思っていました。

知らない間にAmazonプライムの有料会員になっていたことに気が付くまでは。

ワナ②「読み放題」が自分の首を絞めることに。

「せっかく読み放題サービスに入ってるんだから、元を取らなくちゃ!」

こう考えるのはごくごく自然な人間の心理です。

でもこのサービスで読む本は、本当に読みたい本・読むべき本ですか?

無料だからと手を伸ばしてしまった本を読んでいる間にも、本当に読みたい本・読むべき本に費やせた時間を失ってしまいます。

無理に元を取ろうとすることは、アナタの読書ライフを狂わせてしまうかもしれません。(少し大袈裟)

結局いつ始めればいいんだよ!

結論としては

お金を払ってでも読みたいと思う本が10冊以上あればGo。

だと思っています。

一度Kindle Unlimitedの事は忘れましょう。

Kindleユーザーはいつもと同じペースで本を探してみて、買おうと思った本が10冊以上Kindle Unlimitedの対象だったらスタートです。

対象商品の確認方法は簡単です。

写真のように、Kindle Unlimitedのマークが商品についています。

201608031240

最悪やっぱり自分には合わないな、と思って無料期間でやめてしまったとしても、

お金を払って詠もうと思っていた本を10冊タダで読めたので万々歳。

また読みたい本がたまってきたら再開すれば良いだけですから。

私も時期を見て始めたい

若干ネガティブ寄りなな意見を述べてきましたが、

実はこのサービス開始で鼻血が出るほどテンション上がってます。

だから逆に冷静になって考えてみました。

お金を払ってでも読みたい本がたまってきたら、すぐにでもスタートするつもりです。

それでもすぐ始めたいんだ!って方は私のブロガー仲間が早速レビューしてくれているので参考にしてみてください!

読み放題Kindle Unlimitedのおすすめ本21選と注意事項まとめ

Kindle Unlimited 月980円の読み放題サービス!30日無料お試ししてみた

このブログを購読する

記事をはてブ、Facebook、twitterなどで拡散してもらえると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA