【良い子はマネしないでね】超自己流ストレス対処法

リラックス中にたくさんの子供たちに家を除かれる事。

2016年3月~4月上旬、これがなかなかのストレスとなっていました。

しかし昨日、家を除く子供たちに笑顔で「Mwiriwe(こんにちは)」と言っている自分がいました。

何が起こったのでしょう?

良い子はマネしないでね!自己流ストレス対処法

このブログでもたまに言っていますが、「ムズング(外国人)」「ニーハオ!」としつこく声をかけられたり、子供たちが家の中をずっと覗いていることがストレスになっていました。

経験上、「そういうもんだからしょうがない」と割り切ろうとしても逆にストレスが溜まるとわかっていたのである芸能人に力を借りることにしました。

竹中直人です。

皆さんは竹中直人さんの「笑いながら怒る人」というネタをご存知でしょうか?


このアイデアを真似て、私も「笑いながら日本語で怒る人」になりました。

家を覗いてくる子供たちに笑顔で日本語で「ふざけんじゃねぇコノヤロー!」と言います。

ポイントは<日本語で>という部分です。

すると子供たちは「外人がなんか笑いながら言ってるぞ!コイツおもしれーw」

となる一方、私も言いたい事を言えてスッキリ。

誰も傷つきません。

良い子はマネしないでネ♪もしマネするとしても一応周りに他の日本人がいないか確認してネ♪

この前、楽しくなっちゃって笑顔で怒りながら子供たちを追いかけてたら足挫きました
(くるぶしが地面にソフトタッチするくらいの本格的なやつ)

だんだんアホらしくなってくる

これを続けていると、言いたい事を言っているのでストレスも溜まりにくく、またあるとき突然「何やってんだろ俺」感が襲い掛かってきます。

ここまで来たらあと一歩!

だんだんアホらしくなってきて気が付くと心の底から許せるようになったという訳です。

最後に、わかりやすいように私の心の推移を緻密に分析した資料を載せておきます。

201604221700