私たちはアメリカ人になりたいんじゃない。”英語を使える日本人”になりたいんだ。

映画『シン・ゴジラ』で石原さとみさんの英語の発音がヒドイ、下手だとネットで話題になっていますね。

実際に石原さんの英語がどうかは全く興味ありません。

問題はこのような感覚を持ってしまうこと。

ここに日本の言語に対する考え方の最も大きな落とし穴があります。

そこで今日はちょっと日本人の皆様にに提案があります。

もう日本人みんなで開き直っちゃいません?

アメリカ人になりたいのではない。伝えるために英語を学んでいる。

英語。

私たちは何のために学ぶのでしょうか?

細かく分ければ目的は多岐に渡るかもしれませんが、究極的には「伝えるため」です。

しかし日本の英語学習の雰囲気はこの目的からそれて大きく遠回りしてしまっているのが現状。

これはいわゆる「上手い英語」を追い求めてしまっているからだと思います。

「上手い英語」とはアメリカ人やイギリス人などネイティブが使うような英語。

でもちょっと待って。

最初の目的に戻りましょう。

私たちはネイティブスピーカーになりたい訳ではありません。伝えたいんです。

上手い英語なんて必要ないんじゃないでしょうか?

“Sorry?” って言われて心が折れたあの頃

201608081700

かく言う私も前は「上手い英語」に固執していました。

“r”と”l”の発音の違いに苦しみ、練習を重ねてネイティブと話すも”Sorry?”って言われて心ポッキーン折れる。

外国人こえぇ…ってなってました。

そうすると自ら英語を使おうとしなくなって悪循環なんですよね。

このままでは駄目だと思い、そっから考え方変えて完全に開き直りました。

私はネイティブと話すときにこんな風に考えてます。

日本語を堪能に使いこなす自分に言語の才能がない訳がない。

理解しようと少しは努力をしろー!これがジャパニーズの英語だ!

もちろん態度には出しませんが(笑)、常にこれくらい開き直って英語を使うようになってからは怯むことも少なくなりました。

それができたら苦労してない?だったら…

「そんな事ができるならはじめから苦労してないよ。」

なんて声が聞こえてきそうです。

確かにみんながみんなこんな風に開き直れるわけではありません。

また偉そうなこと言ってもシチュエーションによっては私も英語が通じなくて普通にオロオロすることがあります。

だったら皆でで開き直っちゃおう!

極端な話、「日本人英語」という概念を作って定着させてしまう。

日本人が苦手な”r”とか”th”を含む表現も日本人の舌になじみやすいような発音に少しアレンジしてそれを「日本人の英語」としてしまう。

そうですね、基本的にはカタカナ発音で良いんじゃないですかね?(ざっくり)

この英語を使う日本人が増えれば外国の人たちも「これが日本人の発音なんだ」って段々と慣れてきてくれて、カフェで思いっきりカタカナ英語で「ウォーター プリーズ」って言ってもちゃんと水持ってきてくれますよ。

もちろんコミュニケーションである以上、こちらもネイティブの方たちが聞きやすいような発音を出来れば理想ですし、ある意味礼儀でもあるかと思います。

しかしそこを気にしすぎてまともにコミュニケーションを取れなかったら本末転倒ですからね、

伝わりゃいいじゃない!

まあ結局はこれだと思います。

伝われば良い!

もちろんネイティブと同じような発音ができれば苦労はないし憧れる。

でもそこにこだわり過ぎてコミュニケーションすらまともに取れなくなったら本末転倒ですからね。

だったら思いっきり開き直っちゃいましょう。

このブログを購読する

記事をはてブ、Facebook、twitterなどで拡散してもらえると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA