1人旅のメリット・デメリット・おすすめの場所~旅をするなら1人旅~

こんにちは、アフリカ在住ブロガーのぴかりん(@dujtcr77)です。

みなさん、1人旅は好きですか?

わたしは皆と行く旅行も好きなんですが、どちらかと言うと1人旅の方が好きです。
国内の温泉に読書の旅に出かけたり、東南アジアを片道(日本⇒タイ)だけ買ってあとは気ままに国を移動したり。

1人旅はまた他の人と行く旅とは別の味わいがあります。

今回は1人旅のメリット・デメリット、そして1人旅におすすめの場所を紹介していきます。

1人旅のメリット

自分の好きな所に好きなだけ行ける

なんといっても1人旅の良いところは自由に行動できるということ。

計画の段階でも自分の行きたい場所だけを決めることができます。

また、行こうと思っていた場所にやっぱり行きたくなくなったり、反対に旅行中急に行きたい場所が出てくることがありませんか?

そんな時も自分の都合で柔軟に計画を変更することができる。

わたしの場合、あんまり有名な観光地をガツガツ制覇しようと思わないタイプなので、
「疲れてちょっと休みたいな」と思ったらいったんホテルで仮眠したりできるのがラクです。

好きな時に休んで、好きな場所に好きなタイミングで行く。
こんな「わがまま旅」をできるのは1人旅ならでは。

自分のペースで写真を撮れる

皆さんの中にも、旅行中に観光地や食事の写真を色んな角度からじっくり撮りたいという方もいるのではないでしょうか。

ブログやSNSで発信するのが好きな人にとって、旅行というのは恰好のネタです。

「できれば満足行くまで写真を撮りたい。でも相手に気を遣ってしまう」

こんな経験を持っている方も多いはずです。

特に料理を撮る時とか気まずいですよね。
写真を撮ってるときに無言だったりすると「ウザいと思ってるのかな?」「早く食べたいですよね…」と気になって満足いかなくても1枚で終了。

1人旅なら料理が冷めるまで写真を撮り続けたって問題ありません。笑

人の都合やスケジュールに合わせる必要がない

誰かと旅行に行くとなると、まずはスケジュールを合わせる必要があります。

学生時代ならまだしも、社会人になるとなかなか予定が合わないんですよね。

結果的に、なんとか予定を合わせたけど弾丸ツアーになってしまったり、本当は行きたかった場所に行けなかったり。

1人の場合は自分の休みを気にすれば良いので行きたい場所に行きたいだけ行くことのできる可能性がグッと高まります

イヤな空気にならない

旅行って結構人間の本性が出やすい場所だと思います。

トラブルがあったり、めいっぱい遊ぶので疲れがたまりやすい。
そんな中で溜め込んだストレスが表に出てしまった場合は、せっかくの楽しい雰囲気が壊れてしまうことも。

無理にスケジュールを合わせて予定を詰めたり、お互い本当は行きたい場所に行けてなかったりすると余計です。

以前ベトナム旅行中、街中でイヤな目にあって腹立ったことがあったんです。
その時は「こんな国に絶対お金落とさねえ!」
って怒ってゲストハウスのベッドで半日Youtube観て過ごしてやったことがあります。笑
(ひたすら過去の『IPPONグランプリ』観てました。面白かったです)

1人だと腹立ってもこうやって人に迷惑をかけずに発散できますからね。

旅先での出会いがある

1人旅の一番の醍醐味はこれ。出会いがあるということ。

友達と旅行にきている場合と異なり、1人旅では出会いの機会もたくさんあります。

例えば1人の場合、宿泊先はゲストハウスのような場所を選ぶ人も多いでしょう。
ゲストハウスでは気軽に話しかけてくれる人も多く友達を作りやすいです。

また外にいるときも、1人だと暇なのでバスで隣の人と話したり自然と会話が生まれます。

こうやって日本中、世界中に友達が出来る感覚がすごく好きなんですよね。

1人旅のデメリット

メリットをひっくり返すほどではありませんが、1人旅もいいことばかりだけではないのです。

1人では宿に泊まれない/料金が高くなってしまう

ゲストハウスなんかが充実している国・地域であれば問題ないのですが、1人だと宿探しに苦労する場合があります。

ホテルだと1人では宿泊できない場所も多く、また予約できても割高な場合がほとんど。
以前国内で1人旅をしたときは宿を探すのに苦労し、結局割高になってしまいました。

1人で泊まることができる宿については、宿泊予約サイト『じゃらんnet』の一人旅歓迎ページなどで探すことができます。

⇒じゃらんで一人旅歓迎の宿を探す

思い出を人と共有しづらい

旅行中は色んな感動があったり、ハプニングがあったりします。

こういった時に感じたことをその場で共有できるかどうかって大事ですよね。

以前カンボジアのシャワーがものすごい鉄の臭いしたことがあって、血を浴びてるみたいな感覚だったとき。
友達といれば「くさ!血くっさ!!」みたいに騒いで一笑いあったんでしょうけど、1人だったので普通に不気味な思いして終わりました。

あと美味しいものを食べたときは一緒に「おいしいね」って言える人が欲しかったりします。

たまに寂しくなる

「1人旅が好き」というと「1人が好き」と思われてしまいそうなんですが、必ずしもそういう訳ではありません。

確かに1人の時間も好きだし、「1人〇〇(映画とか、飲みとか)」も抵抗ない派です。

でも普通皆でワイワイするのも好きだったりするので、1人旅をしているとふと寂しくなったりもします。

特に夜バーかなんかに出かけたのに誰とも友達になれずにホテル帰るときとかものすごい寂しいですね。

まったりし過ぎて見どころを逃す

メリットのところでも書きましたが、1人旅は本当に自由。

自由過ぎるんです。
誰も引っ張ってくれない。

ベトナムで半日Youtube観ていたと言いましたが、その後も結局メコン川に行くでもなく、ベトナムの旅はカフェ巡りで終わりました。

まあそれはそれで楽しかったんですけどね。

トラブルはすべて自分で対処する必要がある

何か問題が起きてしまったときは、基本的に自分で対処することになってしまいます。

海外で問題が起きても言語堪能な友達に頼ることもできませんし、わからないことがあっても添乗員さんがいるわけでもありません。

自由の反対にその責任まで負う必要があるのが1人旅です。

これは1人旅でなくても言えることですが、体調がおかしいと思ったら無理せず休む、危険な場所には行かない、など健康・安全管理はしっかり行うようにしましょう。

初心者が1人旅するのにおすすめの場所(海外)

1人旅をするなら、個人的には海外の方が刺激があって楽しいと思います。

まだあまり1人旅や海外旅行自体に免疫がないかたにおすすめの場所があります。
それはずばり…

東南アジア

です。

1人旅には東南アジアがおすすめの理由。

  • 比較的治安の良い国が多く1人でも安心
  • 日本人に人気なので、日本語を話せる人や日本人など、いざという時に頼れる人を見つけやすい
  • ゲストハウスが豊富で宿探しに困らない
  • 1つ1つの国が大きすぎず近いので、色んな国をまわりやすい(自由のメリットを最大限に活かせる)
  • 移動や現地での物価が安く、好きに動いてもそこまでお金がかからない
  • 世界じゅうからバックパッカーが集まっているので、友達ができやすい

特にタイなんかはかなり初心者にも優しい国ですね。

女性必見!プライベート海外ツアーでひとり旅に行く

さいごに

自分にとって旅というのは「帰る場所を増やす」ためのもの。

みなさんも本当に楽しかった旅行から帰って来ると「またあの場所に行きたい」というよりは「あの場所に帰りたい」と感じることありませんか?

こうやって1人で旅に出て、現地にどっぷり浸かって、仲の良い友達・居心地の良い宿を見つけて、「ああ、またあそこに帰りたい」と思う場所が増える。

世界中どこにいてもどこかしらに帰りたい場所があるって本当に幸せなことだと思うんです。

もちろん1人旅ではなくてもそういう旅をできるかもしれません。

でも例えば友達と旅行に行くと「友達との間での良い思い出」として残る面が強く、
「またどこか行こうね」とはなっても「また一緒に同じ場所に帰ろうね」とはなりにくい。

そういう意味で旅行の醍醐味を満喫できるのは1人旅なんですよね。

いますぐ旅にでよう!

この記事を見て、ひとり旅に出たくなりましたか?

「じゃあまた今度日程を考えてから…」

と日常に戻ろうとした方はおそらくひとり旅に出る機会を逃してしまいます。

なぜなら自分がそうだったから。笑
1回ひとり旅にあこがれてから自分が実際に行くまでに、何年もかかりました。

行ってみた感想は「もっとはやくひとり旅の魅力を知っていたかった!」というもの。

旅は勢いが大事です!
せっかくの機会に、自分に合う旅のプランを探してみませんか?

JTBで海外に行く

不安なひとり旅なので、やはり旅行会社は何かとサポートの手厚い大手が安心です。

H.I.S.で国内・海外を探してみる

昔は海外旅行のイメージが強かったH.I.S.ですが、最近は国内にも力を入れていて、プラン充実。

自分で旅をつくる(国内)

ひとり旅のメリットは自由。

だったらプランに縛られず気ままに旅をしたいですよね。

自分で旅をつくる(海外)

わたしが東南アジアひとり旅などでよく利用するのがagoda.com。

予約は簡単だし、サイトも使いやすく本当におすすめです!

女子専用

人付き合いや仕事で疲れた女性を癒してくれるプライベート女子旅ならこちら。

参加者の92%が女子一人旅! 完全プライベートの癒し女子旅