思い通りに物事が進まないアフリカで活動するために必要なこと

アフリカで必要な姿勢とは

噂にも聞いていたし、先週の任地での経験で少し実感しました。

ここルワンダでは物事がゆっくり進むし、思った通りの結果にならない!

では自分もそのペースに合わせて動けば良いかというと、その全く逆だと思っています。

ルワンダに限らずアフリカで自分の思い描いたビジョンを実現させるには、先進国にいるときの何倍も努力をしなければならないし先回りして考えなければならない。

やれることを全てやったうえで、それでも上手くいかなかった時には

「やっぱアフリカ。手ごわいなぁ。ハハハ」

と笑い飛ばすくらいの器は必要だけど、

「アフリカであること」

を初めから言い訳にしてはいけないと思っています。

かといって自分だけが頑張っても何も変えられないので、

全力で走る自分の背中を見て一緒に走りたいと思ってくれるルワンダ人がどれだけいるか。

自分がいなくなった時のことまで考えるとやはり最低でもここまで考えなければいけません。

第1段階として、長期計画を作成

私の属するコミュニティ開発という職種ではよくあることらしいですが、

はじめはボランティアも何をしていいかわからないし、受け入れ側も私たちが何をしに来たのかわかっていない。

そんな状況でかまってくれ、協力してくれなんて言ってもなんのとっかかりもないので土台無理な話ですよね(^_^;)

彼らは何も悪くありません。

なので少しでもとっかかりを作るために、簡単な長期計画を作成しました。

Jpeg

これを週明けに事務所のエグゼクティブに提出しようと思います。

この時期にはこんなことをしたいんです、ってことがざっくりでもわかればセクター側からの協力なり提案が得られるかもしれない。

大きな期待はできないですがこれが今自分に精一杯できることの一つです。

あとはあんまりやる気を押し付けて逆にみんなのやる気をそがないように注意ですね!

 

 

このブログを購読する

記事をはてブ、Facebook、twitterなどで拡散してもらえると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA