12月31日は私の29歳、ブログ1歳の誕生日でした。ルワンダの現地語とともに振り返る1年

あけましておめでとうございます。
アフリカ在住ブロガーのぴかりん(@dujtcr77)です。

実はこのブログと私は誕生日がいっしょで、12月31日なんですよ!

キリが悪いので2015年12月31日に書いた記事は1月1日に入れちゃってますが、
実際にブログの記事をはじめてあげたのは12月31日。

というわけで私は昨日で29歳、ブログは1歳になりました。

具体的なルワンダでの出来事については以下の記事で振り返っているので、
もう少し抽象的というか、心の部分の振り返りをしたいと思います。

記事と共に振り返る2016年、はじめてのルワンダ生活

2016.12.10

ルワンダ在住ということで、この1年間を現地語であるキニアルワンダで振り返ります。
無理やりルワンダ要素ねじ込む。笑

Ndashaka(欲しい)

今年はなんといっても「ンダシャカ」な一年でした。
Ndashakaは英語で言うと”I want~ “です。

人間歳を重ねると欲ってのは少しずつ減っていくものかと思っていました。

しかしことし一年は「欲しい」とか「やってみたい」とか、
なんとも欲望にまみれた年でしたね。

  • ルワンダでこんなビジネスしてみたい
  • もっと本読んだり映画観たい
  • 新しい趣味の落語のことをもっと知りたい
  • PVを伸ばしたい
  • 文章がもっとうまくなりたい
  • 美味しいもん食べたい

…だめだキリがないのでやめますね。

初めてのアフリカ暮らし。
そして思いのほか本気になってしまったブログとそれに伴いはじめたtwitter。

リアルでもネットでも今までとは環境が大きく変わり、
新しく触れるたくさんのヒトやモノに刺激を受けたのでしょう。

とにかく色んなものが欲しかった1年でした。

Buhoro buhoro(ゆっくりゆっくり)

2つめはBuhoro Buhoro(ブホロ ブホロ)。

欲しいものは増えても「ローマは1日にして成らず」です。

〇〇が欲しい、△△をしてみたい、
ときたら次はそのためのアクションを起こさなければなりません。

でも何でもすぐに手に入るほど人生は甘くありません。
ましてやここは未開の大陸アフリカですからね。

焦ってもよいのでBuhoro Buhoro(ゆっくりゆっくり)の精神で、
目標は見据えながらも焦らずじっくりです。

どちらかと言うとせっかちな性格の私でしたが、
1年間ルワンダに住んでいたおかげでだいぶ待てる性格になりました。

人って変わるもんですね。

Nta kibazo(ノープロブレム)

ルワンダに住んでいると、
日常生活に多くの問題があります。

電気は不安定だし水道も通っていない、脆弱なネット環境。

自分が料理をしないせいもありますが健康的な食事をとるのも難しいです。

本当に問題だらけ。
でも、Nta kibazo(ンナチバーゾ)なんです。

意外とね、人間て生きていけるもんです。慣れちゃう。

「おいマジかよ、これキツイだろ!!」
とか思っていたことも意外となんとかなる。

こうして1年間元気に生きてこれたわけですからね。

そうだとわかっていると、新しく問題に直面したときでも
まあ大丈夫っしょ。ンナチバゾ。って感じで落ち着いて対応できるんですよね。

あんまり気にしない「ナチバーゾ力」のついた1年でもありました。

Ndababara(痛い)

良いコトばかりではありません。
けっこう「痛い」年でした。

まずはお腹。

このブログでも何回か書いていますが、
食中毒に何回かかかってトイレとお友達になったことも何度もありました。

便座と夜通し語り合ったあの夜が懐かしいです。

そうするとつぎに痛くなるのがお尻の穴です。

途上国に住む予定のあるお尻の弱い方、
携帯用ウォシュレットは必須ですよ!

あとは「痛い」ではないですが蚊やダニに刺されまくって「痒い」1年でもありました。

Murakoze cyane(本当にありがとう!)

最期はやっぱりこれ。

まだまだアフリカというと「危険」とか「病気」というイメージも強いのか、
家族や友人はとても心配して気にかけてくれました。

「元気?」とか「ブログ読んでるよ!」とか連絡やコメントくれる人達からは本当に元気をもらっています。

皆さんが想像している100倍くらいウキウキしたりニヤニヤしてます。

昨年は本当にありがとうございました。

2017年は協力隊としてのルワンダ生活後半戦。
引き続きルワンダのことや全然関係ないことを気ままに書いていきたいな。

今年もよろしくお願い致します!

 

つぎにおススメ!

まず最初に読んで欲しい10記事を紹介!~ぴかりんとは何者?~