「六本木焼肉 kintan」の肉が異次元のウマさ。今一番おススメの焼き肉屋はここだ!

こんにちは、アフリカ在住ブロガーのぴかりん(@dujtcr77)です。

ちょっとヤバいお店を見つけてしまいました。

フラッと入った焼き肉屋なんですけどね、
これが激ウマで感動。

もし私がブログをやってなくても、
この焼き肉屋を紹介するためにブログ始めちゃいそうなくらい旨かったです。

六本木焼肉 kintan(キンタン)

六本木の交差点から徒歩1本ほど。

アパホテルの向かいにあるkintan。

行こうと思っていたレストランが正月休みだったので、
たまたま見つけて入ったお店だったのですがこれが大当たり。

熟成 KINTAN&黒タン 食べ比べ

まずはタンから。

タンだけでも何種類かあるのですが、
色んな種類を食べることのできる食べ比べを選びました。

いつも同じものが出てくるわけではないようです。
今回は熟成したタン熟成していないタン希少部位の3種類でした。

KINTANシーザーサラダ

シーザーサラダも頼んだのですが写真をとり忘れました。
いや、撮るチャンスがなかった。
なぜならお店の人が取り分けてくれたから。

kintanは味も一級品なのですが、
サービスも最高です。

実は予約をせずに行ったので、
予約がいっぱいで次のお客さんが来るまでの約1時間しかいられませんでした。

それに対する申し訳ないという気持ちもとても伝わってきたし、
どの店員さんも笑顔で気持ちよく対応してくれて、
時間は短かったけど満足感は十分にありました。

特上カルビ

もうこれ見ただけでわかりますよね。

絶対ウマいやつやん。

他の料理が美味しかったのでハードルかなり上がってたんですけど、
あっさり超えていきやがる。

どこまでウマいんだお前は…
カカロットを側で見ているベジータのような気持ちになりました。

和牛の握り寿司

肉の寿司ってメニューで見つけるとつい頼んでしまいます。

ネタとシャリのバランスも最高でした。

「生」か「炙り」を選ぶことができます。
写真の左と真ん中が炙り、右が生です。

日本一のサーロインユッケ

メニューのおすすめ欄にあったので頼んでみたのがこちら。
日本一のサーロインユッケ。

個人的に今回ナンバーワンヒットの肉です。

運ばれてきた瞬間に「あれ、こんなの頼んだっけ?」ってなりました。

ユッケってなんか脳みそみたいに絡まり合った感じのイメージじゃないですか?(表現下手か)

そしたらこんな感じのが出てきて戸惑いつつも口に入れてみました。

どれどれ

ふぁ、ふぁえ…?

いま天使見えなかった?
気のせいかな。

もうひとくち。

やっぱり天使さんですよね?

オレ死んだの?

Σ(・ω・)ハッ

違う違う、死んでない。
ユッケ食ってたんだった。

なんでしょうこの感覚。
食べた瞬間に天使にやさしく包まれたかのような。

確かに口にユッケを包んだのは私のほうなんですよ。
そのはずが口の中で旨みとともにふわっと広がって、
気が付いたらユッケの天使に優しく包まれてるんです。

ウマすぎてもう1皿頼んじゃいました。

ちなみに写真ではわかりづらいですが、
半分がタレ、半分がネギ塩の味付けになってます。

タレの方が美味しかったので2皿目はオールタレでお願いしました。

ローストビーフとボルチーニ茸のリゾット

これ説明いりますか?笑

もう名前と写真だけでわかりますよね。

ウマいんですよ!
ここまで旨いもんばっかだともう腹立ってきますよね。

一品くらい普通の味でもいいじゃないかって。

さいごに

あまりに感動して、夕飯で食べた次の日にまたすぐにランチで訪問しちゃいました。

本当にウマかった。

ちょっと値は張りますが、
1回是非試してもらいたい味です。

はあ…自分でブログ書いてて飯テロくらってます。笑

日本への一時帰国が終わってしまったのでどんなに早くてもつぎにこの店に行けるのは2018年1月。

絶対に生きて日本に帰ってくるんだ。

※予約して行きましょう

夕飯で行った時は7時から満席、
ランチの開店30分(12時ごろ)であっという間に席が埋まってしまいました。

行くときは予約した方が良いと思います。

六本木焼肉kintanのホームページから電話もしくはWeb予約できます。

 

 

つぎにおススメ!

箱根「NARAYA CAFE(ナラヤカフェ)」足湯につかってコーヒーとかビール飲める夢のようなカフェ

箱根湯本「はつ花」レビュー。自然薯を使った蕎麦とサックサクの天ぷらがウマい

 

 

 

この記事をシェアすると幸せになるとか、ならないとか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA