【イミテーション・ゲーム】変な奴が「普通」を作る。悲しき天才アラン・チューリングの生涯

映画『イミテーション・ゲーム』を観ました。

なんとなくテーマやあらすじを見て難しい話なのかと思いきやそんなことはなく、普通に楽しむことが出来ました。

というよりもかなり面白かったです。

それと同時に、こんな天才の名があまり知られていないなんて信じられませんでした。

以下ネタバレがありますのでご注意下さい。

『イミテーション・ゲーム』のあらすじ

1939年、イギリスがヒトラー率いるドイツに宣戦布告し、第二次世界大戦が開幕
天才数学者アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)は、英国政府の機密作戦に参加し、ドイツ軍の誇る暗号エニグマ解読に挑むことになる。

エニグマが“世界最強”と言われる理由は、その組み合わせの数にあった。暗号のパターン数は、10人の人間が1日24時間働き続けても、全組合せを調べ終わるまでに2000万年かかるというのだ――!

暗号解読のために集められたのは、チェスの英国チャンピオンや言語学者など6人の天才たち。MI6のもと、チームは暗号文を分析するが、チューリングは一人勝手に奇妙なマシンを作り始める。子供の頃からずっと周囲から孤立してきたチューリングは、共同作業など、はなからするつもりもない。

両者の溝が深まっていく中、チューリングを救ったのは、クロスワードパズルの天才ジョーン(キーラ・ナイトレイ)だった。彼女はチューリングの純粋さを守りながら、固く閉ざされた心の扉を開いていく。そして初めて仲間と心が通い合ったチューリングは、遂にエニグマを解読する。

引用:『イミテーション・ゲーム』公式

悲しき天才、アラン・チューリング

ドイツの誇る暗号エニグマを解読することに成功したアラン・チューリング。

彼がエニグマを解読したことにより戦争終結が2年早められ、歴史家たちの見解によると1,400万人以上の人の命が救われたと言います。

そして彼の成果はチューリング・マシン、後に私たちが「コンピュータ」と呼ぶ機械の発明につながります。

普通であれば「天才」、「英雄」として現代までその名を語り継がれ、私たちも当然のように知っている存在であるはずです。

しかしアラン・チューリングは英国から「有罪」という仕打ちを受けます。

彼が同性愛者だったからです。

政府の秘密裡に行われていたエニグマの解読。そのためチューリングの経歴には不自然な空白が。それを怪しく思い捜査を進める警察はその過程で彼が同性愛者であることを突き止めるのです。

当時同性愛は犯罪であり、1885年~1967年までに英国法により約4万9000人の同性愛の男性が「わいせつ罪」で有罪となりました。

彼が犯罪者となってしまったことと、エニグマ解読のミッション自体が長い間政府の機密扱いであったことにより彼の功績は数十年の間、日の目を見る事がありませんでした。

有罪判決を受け服役か科学的去勢(薬物投与)の選択を迫られたアラン・チューリングは仕事を続けるために後者を選びますが、1年間の薬物投与の後、41歳の若さで自殺してしまいます。

私はマシンか?人間か?

映画のタイトル『イミテーション・ゲーム』

これはアラン・チューリングの業績の一つである「チューリングテスト」のことで、人工知能が真に「知能」を持っているかをテストするものです。

チューリングテストとは

人間と会話ができる人工知能を、壁を隔てたところに置く。

機械と人間に対して、人間の審査員が質問を発して、その回答から人間と機械を区別できなければ、機械は人間並みの知能をもっていると判断する。

引用:人口知能は「違った風に考える」

映画の中でもチューリングが刑事から尋問を受ける際にこのイミテーション・ゲームを用いて、彼が戦時中に行ってきたことを語り始めます。

そして話し終えた後に言います。

では刑事さん。判定を頼もう。

教えてくれ。

私はなんだ?

私はマシンか? 人間か?

戦争の英雄か? 犯罪者か?

この問いに、彼の人生における苦悩や葛藤が詰まっているように感じました。

変な奴が「普通」を作る

事実だけを見るととても悲しい人生を送ったチューリングですが、薬物投与に苦しむ彼にかつての婚約者ジョーンが言った言葉が、唯一の救いであり非常に心を打たれました。

チューリングに「君はすべて手に入れたね。仕事も、夫も、普通の暮らしも」と言われたジョーンは答えます。

普通の人にはできないわ。

今朝私は 消滅したかもしれない街の電車に乗った。

あなたが救った街よ。

死んでいたかもしれない男から切符を買った。

あなたが救った人よ。

仕事に必要な、科学研究の資料を読んだわ。

あなたがその基礎を築いたのよ。

あなたが普通を望んでも、私は絶対にお断り。

あなたが普通じゃないから世界はこんなにすばらしい。

おそらくこのシーンは映画上の演出でしょう。

チューリングの人生をそのまま描いてしまうと後味の悪い映画になってしまいます。

それでも彼の人生にこんな意味づけをしたことが、自身を「チューリングおたく」と評する脚本家グレアム・ムーアの敬意の表れであり優しさであったように感じます。

そしてこの映画を通じて1人でも多くの人が「こんなに素晴らしい才能を持った人がいたんだ」と知ることで彼が天国で少しでも報われることを願います。

このブログを購読する

この記事をシェアすると幸せになるとか、ならないとか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA